頭の中の日本

ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。

それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」というもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存在でなければなりません。それが「正しい」ことだと韓国では認識されています。

この考えは昔も変わりませんでした。しかし、極めて一部、韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差を警告する人たちはいます。

1475年、王に「日本と喧嘩してはいけません」と遺言を残した人がいます。今日は彼の遺言を紹介しましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この記事は2012年4月、東北大震災の1年1ヶ月後の朝鮮日報の「一事一言」というコーナーに載っているものです。

<・・(東北大震災のことで)韓国人たちはひそひそ話に盛り上がる。もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない、と。振り返ってみると、3・11以前にも韓国人は日本に対して同じことを述べていた。いまは米国と中国の世紀だから、日本を学ぶ必要はない。政治・経済的に没落して放射能まで汚染された日本を何しに研究するのかと、真顔で聞く人が少なくない。

私は(記者は)このように答える。そのような話は、日本の将来に関する韓国人の希望を反映したもので、現実とは乖離があると。たとえ日本が極東の小国に転落しても、私たちが生きている間、日本が東アジアで完全に存在感を喪失することは起こらないだろうと。国力の大小にかかわらず、日本は中国とともに韓半島の歴史に影響を与える「常數(常に考慮すべき要因)」であることに変わりはない。

「懲毖録」の最初の部分は、申叔舟(シン・シュクジュ)が成宗(当時の朝鮮王)に「日本との和親を失ってはなりません」と遺言を残す逸話が載っている。当時、日本の国力は中国と比較にならないほど弱く、朝鮮との関係は比較的安定であった。しかし、安心せず、常に日本を観察し、平和を維持しなければならないというのが申叔舟が伝えたかったことであろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20120427032907101

 

私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・この遺言、詳しくは「日本と失和してはなりません」です。王が「何か残したいことがあるのか」と聞くと、申さんが「日本と失和してはなりません」と答えました。すなわち「日本と喧嘩してはなりませんぞ」、と。

申叔舟は1475年に他界したとなっていますから、この遺言を残したのも1475年だとすると・・すでに日本の国力は朝鮮よりずっと強くなっていました。しかし、朝鮮は実際の国力の差を認識せず、日本を見下していました。そのことで、申叔舟は「日本と喧嘩するなよどうなってもしらないぞ」と言いたかったのでしょう。つか、名のある文官としての人生を送った彼が、わざわざ遺言でこんなことを言ったとは。いったい朝鮮の日本観ってどういうものだったのでしょうか。

申叔舟が死んでから約540年が過ぎた今でも、世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。韓国人の頭の中では、そうでなければならないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“頭の中の日本” への81件の返信

  1. シンシアリーさん、こんばんは。
    今日、「人を楽にしてくれる国・日本」を買いました。
    まだ三分の一ほどしか読んでないけど、そしてここにコメントしていい事か分からないけど、少し感想を書きます。
    お母様が「反日」の黒魔術から守ってくれた事。
    本当に、本当にとんでもない(すごい事)ですね。
    韓国に興味持ち始めてまだ数年の私でも、翻訳サイトで韓国人のコメントをたくさん見過ぎて真に受けそうになる事があります。
    (日帝があれをやったとかこれをやったとか)全員が口をそろえて自信満々に言うものですから、本当にあった事なのかも知れないと思えてきたり…w
    ネットの中だけでなく、周りの社会そのものがそんな感じだったシンシアリーさんが洗脳されずに済んだのはすごい事なんだなと。
    日本のアニメや文化への興味で一杯だったシンシアリー少年の脳内には、それらが入り込むスキがなかったのでしょうか…w

    少し抽象的な表現が多いかな、とも思いましたが、
    「レジに誰も並んでいない店を想像して…」とか、
    「皆が同じ大学の合格を願ったら神様はどうするのか」というのはとても例として分かりやすかったです。

    八百万の神のあたりを読んでいて、子供の頃、私の家に「トイレの神様」というのがいたのを思い出しました。
    一種のイマジナリーフレンドなのですが、一人でじっとしていないといけない狭い空間で、相談に乗ってくれたり、励ましてくれたり、どうでもいい話をしてくれたりしました。
    あと、「バスで運転手の真後ろの座席に座った時だけ話し掛けてくる幽霊」というやつもいました。

  2. 日本を下に見ないと、東方向では中華思想では最下位になるのが朝鮮です。
    早々に中華域を離脱した日本は、朝鮮にとって格好の侮蔑対象だったのは明らか。
    当然ながら、中華思想しか無い朝鮮は、日本を下に見る事で哀れな存在から離れる事ができるのです。(実質はどうであれ。)
    日本は中国から文化他を吸収すれば、中国は定期的に交流をすれば良い存在となり、独自の路線を歩みます。
    独自路線を歩めない(歩まさせてもらえない)朝鮮は、中華圏の最下位として近代まで歩みます。
    朝鮮半島には自分達に都合の良い思想(中華思想)だけが残り、現在まで継続しています。
    所詮その程度でしかありません。
    文化の発展等も当然ながら少なく、中国のお古を都合良く解釈して現在まで自分達を慰めています。

コメントは受け付けていません。