北朝鮮「米国は蚊帳の外!」

首脳会談当日、北朝鮮がまた「私たちは核保有国だけど、世界の非核化のために頑張る。米国はそれを受け入れて誠意を見せろ誠意を」と主張しました。

二七日の聯合ニュースによると、北朝鮮の朝鮮中央通信は次のように報道しました。

「私たちの国が世界的な政治思想強国、軍事強国の地位に確固に立った現段階で、人類の共通の念願と志向に合致するよう核兵器のない世界の建設に貢献するために積極的に努力していくということを厳粛に明言した。・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・にもかかわらず、米国のいくつかの不純勢力が私たちの戦略的決断に対して被害妄想的に反応し、制裁だの圧迫だのと妄言を続けているのは、まだ時代錯誤的な対朝鮮敵視政策による寝言でしかない」「大勢がどのように流れるかもしれないで、腐った棒のような制裁を続けて振り回しているようでは、世界の笑いものにしかなかろう。今日のアメリカに何より必要なのは、強権と傲慢ではなく、礼儀をもって相手を尊重することだ」

 

http://v.media.daum.net/v/20180427172643815?rcmd=rn

 

もっと短く書くと・・思い切って一行でまとめると、「いいのか?制裁ばかり主張していると、米国は蚊帳の外になるぞ」となります。

昨日も書きましたが、日本に対して「蚊帳の外」と言うのも、結局は「制裁やめろ」という意味でしかありません。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“北朝鮮「米国は蚊帳の外!」” への77件の返信

  1. 外交初心者の若造に、色々と入知恵したのは習君でしょうね・・・

    金君「経済や安保が限界になってきました。私は習宗国のような国をめざしたいのですが・・・」
    習君「その為には、まず制裁を解除してもらう。そうすれば援助金が入るしインフラも整備できるし、外資も入ってきて豊かにできるよ…その為には国際信用を得なさい。核問題も含めてや南や米に、良い顔をしなければならない。(裏では何をやってもいいけど…)今までの北朝鮮のイメージを払拭するような演出をしなさい。」

    金君「なるほど・・・」(鉛筆なめなめ…)

  2. 朝鮮戦争はどうでもいいとまでは言いませんが、そこばかりに目を向けてしまうと北の思う壺だと思います。
    朝鮮戦争が終わった、半島は平和になった、その平和な半島にまさか米国は攻撃なんかしかけないよね?
    南北はこういう論で歩調を合わせております。
    間違えてはいけないのです。本質は非核化。朝鮮戦争終結は付随するものでしかありません。特に日本にとっては。
    「北朝鮮が非核化すれば、朝鮮戦争が終わる」が正しいのです。

    ところで、日本が蚊帳の外なんですって?
    自分には檻の中にいる文と金が看守(米)に向かって盛んに「ここから出せえ」と言っているように聞こえます。
    もう一人の看守(日本)には「食い物をよこせえ」と言ってます。
    ここで一句「網でなく 実は日本は 檻の外」
    問題ありませんな。

  3. 終戦~で騒いでいるけど、
    蚊帳の外になるのは韓国かも…
    朝鮮戦争については、知らないことが多いのですが、
    ↓のリンク先は参考になりました。

    ttps://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20180426-00084458/
    >韓国(大韓民国)は国連軍の中に組み込まれていたから、署名者の中には入っていない。

    >特に朝鮮戦争に参戦した兵力は、北朝鮮側としては
         北朝鮮:80万人
         中 国:135万人~200万人(諸説有り)
         (旧)ソ連:2.6万人
    であるのに対し、国連軍側は上位3カ国だけを書くなら
         アメリカ:48万人
         韓  国:59万人
         イギリス:6.3万人
    などであり、中国人民志願軍が圧倒的に多い。この中国を入れずに「少なくとも韓朝米の3カ国で」という認識を共有した日韓首脳は、この歴史的事実を無視したことになり、言葉には注意すべきだろう。

コメントは受け付けていません。