韓国政府、脱北者団体の対北ビラに「厳重に対処」

対北「傳單(ジョンタン)」をご存知でしょうか。ジョンダンはビラ、ちらしのことです。主に脱北者団体を中心にいくつかの団体が、風船に「金正恩に騙されるな」など北朝鮮の反体制的内容を書いたメモを付けて、北朝鮮側に飛ばしています。風の流れさえ合えば、かなり遠くまで飛ばせるそうです。本エントリーでは「対北ビラ」とします。

首脳会談で決めたとおり、韓国政府が5日からこの対北ビラを全民禁止にするとし、「即刻中断しなければ、厳重に対処する」と公言しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によりますと、<・・脱北者団体である「自由北韓(北朝鮮)運動連合」は5日、京畿道坡州(キョンギド、パジュ)市で対北ビラを散布すると予告した。彼らは4日、ホームページを通じて「5日昼12時」烏頭山(オドゥサン)統一展望台」の駐車場で事実と真実の手紙である「対北ビラ」を散布すると述べた。

この団体は、「(北朝鮮は)朝鮮半島の非核化という偽善に隠れて、6次にわたる核実験と計り知れないミサイル挑発に実戦可能な核ミサイルを完成し、もう実験が必要なくなったから演劇を企んでいるだけだ」と主張した・・>、と。

政府(統一部)は、対北ビラは板門店宣言に基づいて即刻中断すべきだとし、警察庁にも公文を送って積極的に取り締まるようにした、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180504163525965?d=y

板門店宣言したから、もう民間団体もそれに従うべきだ、ということですね。じゃ、このエントリーの本題は、以下の一行となります。

民間団体がやったことだから政府は知らない』はどこへ行ったのでしょうか。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

136+

“韓国政府、脱北者団体の対北ビラに「厳重に対処」” への49件の返信

  1. この件は、犬HKでも報じられていますね。
    英語&動画付です。
    韓国内では、エリンギって良いヤツ的なムードになっていて、
    ノーベル平和賞という声もあるそうですね。理解できませんワ。
    この運動に参加している人たちの主張の方が、真っ当に感じます。
    ttps://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20180505_21/

  2. 「民間がやった事だから」
    これは、対 日本にだけ当てはまる韓国の反日法であるという事ですよね?

  3. 記事の途中まで読んで、絶対コメントしようと思ってたことを、最後にシンシアリーさんに言われてしまったぜ。
    「民間がやったことだから・・・」

  4. 文大統領は金正恩体制を維持した南北連邦制の統一国家を目指すというが,北京政府は北による赤化統一を目論み,最重要課題の東アジア赤化のため南による自由主義統一は認めない.金正恩はいずれ文政権を切り捨て,独裁体制の恐怖の”大朝鮮人民共和国連邦”を建国させる腹.黒幕は中国で,第二段階は中国の再属国にして”東亜赤化中華思想”の東アジア編は完成.次は南シナ海諸国の赤化に向かう.

    金一族と後ろ盾の中華人民共和国がある限りドイツの様な統一は不可能.経済格差や朝鮮人のファシズム洗脳による低民度も当時の東西ドイツとは大きく違う.従ってベトナム型統一になり,米国が南ベトナムを見捨ててサイゴンが陥落して共産主義国家となった様に,米朝会談後には米中露北による朝鮮戦争の終結宣言で,米が撤退した南北朝鮮でも全く同じ事がこれから起こる.

    大統領より偉い!? 挺対協など北工作員市民団体による強烈な洗脳で,赤化統一するまで反日の国家国民が続いて馬鹿を見るのは韓国民.慰安婦や竹島で反日に励んだ馬韓国民は騙され手遅れで,北に飲み込まれて,毛沢東ポルポトなみの大粛清と政治家,知識人,財閥の根絶が始まり,企業は国有化されて韓国は消滅.

  5. 結局その時の権力者の意見が全てであるという訳ですね。法律や通例通りでないならそれはもう「察しろ」ということですか。
    日本政府にはこういう例を挙げながら日韓合意不履行の矛盾を責め立ててほしいです。

  6. 法律がない以上は、禁止はすべきではないけど、今の段階で、自制を促す政府からの要請はあっても良いと思う。
    あくまでも北朝鮮に対して融和策を政府は推し進めていて、この手の脱北者団体の活動は国境を跨ぐため、外交に関わる問題で、現状は政府の外交にとってとても邪魔なのだから。
    国内でどのように融和策を批難しようが言論の自由を守る立場なら構わないが、国境を越えて何かを働きかけるのは、政府の許可制にし、禁止しても構わないだろう。

    誰がどんな陣営に属してても良いから、自分達の国内で解決すべき問題を、国内で公平な議論もせずに、民間人の立場で盛んに外国に向けて騒ぐ、一種の外交的な民族活動をまずやめようや。

  7. 韓国人によくある、”よく考えてみるとあれ?”というやつですね。

  8.  北朝鮮の領内へ向けてビラを飛ばすとか、拡声器で放送したりするとかを止めるのは、政治的マターであり、韓国政府が判断すれば良い。
     しかし、韓国国内で、北朝鮮を批判することは、言論の自由であり、韓国政府が取り締まってはいけない。北朝鮮の人権問題への批判や、言論封殺への批判は、どんどんやるべき。
    (※ 最近、当たり前のことしかコメントしてないなぁ。)

  9. >ヤクザに迫力負け…韓国警察「へっぴり腰」動画で心配な統一の未来 2018年5月5日 7時12分 デイリーNKジャパン
    >タクシー乗車を巡り男性3人・女性2人の被害者たちと、男7人・女3人の加害者たちがもめたことから発生。

    >被害者のパクさんは当初、もめ事の仲裁をしようとして集中的に暴力を振るわれたという。

    >問題は、通報を受けて駆け付けた警察官5人が、屈強な加害者を相手に鎮圧に及び腰になり、被害者の救出が遅れた点にある。

    韓国人同士の争いに関わってはならない(家訓)。日本は蚊帳の外というNHKの持論は全く論外だ。
    七誌さんの断交の手段は兎も角も気持ちはわかる。

コメントは受け付けていません。