今度は518で「人道に対する犯罪」

韓国は、慰安婦問題でよく「慰安婦問題は人道に対する罪だから時効もないし、合意で解決できる問題でもない」と主張します。

もちろん、こういうことを叫ぶ人たちは、人道とか人権とかにはあまり興味がありません。「敵」を攻めるための道具として人道とか人権とかの言葉を使っているだけです。

同じパターンを、韓国内でも、旧戒厳軍(518光州民主化運動当時の全斗煥政府の兵隊のこと)に対しても使うようになったみたいで、今日はそれを紹介します。

今日のハンギョレの記事ですが、「518の時、戒厳軍が女性たちを集団で性暴行した」ということでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

内容は、最初の見出しだけで十分だと思います。

「被害者○氏の5・18財団の口述録確認」、「女性だけ3〜4人を車に乗せて連れて行って集団性暴行」、「恐怖を作り出すための性暴力的虐殺の事例も」、「専門家は『国家による性暴力として処罰すべき』と見る」、「『人道に対する罪』で時効はないと見るべし」

<・・5・18当時の女性の軍人の性暴力を「人道に反する犯罪」という視点で扱わなければならないという声も出ている。パク・ギョンギュ慶北大研究教授は「軍隊が銃器を使い体系的に広く民間人を虐殺した行為とその中で発生した女性への性的暴行は人道に対する罪に該当する」とし「人間の尊厳のために、このような犯罪は、最初から時効自体が適用されないので、今でも起訴して処罰することができる」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180510050606831?rcmd=rn

 

 

最初からでっちあげにすぎない慰安婦問題に比べると、518の時の問題は「本当にあった」可能性が高く、その犯罪を調べることには意味があるかもしれません。でも、先も書きましたが、趣旨が基本的に「全斗煥嫌い」でしかありません。この記事も、「全斗煥氏をまた監獄に送りたい」と書けば一行でなんとかなると思いますが(笑

しかも、こういう件を叫びまくる人たちが、北朝鮮の人権問題、または朝鮮戦争の時の北朝鮮軍の行為に対しては何一つ聞こえてこないのが、またなんとも。

例えば米国人・・3KIMのことですが・・が解放され、トランプ大統領が空港まで迎えにいくらしいですが。韓国でも大きく報道されました。基本的には北朝鮮の対応を褒める内容でした。

しかし、北朝鮮に抑留されている「韓国人」が6人います。拉致被害者(拉北者)ではなく、抑留の場合です。確か、北朝鮮と中国の国境近くで宣教活動をしていた人たちで、中には脱北者出身もいたと記憶しています。かなりの重罪人として扱われているとも。

彼らのことは、ニュースになりませんね。こういうの、人道に対する罪になりませんかね。

 

 

 著書関連のお知らせ 

アマゾン予約開始です!

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

127+

“今度は518で「人道に対する犯罪」” への27件の返信

  1. 韓国の大衆って、このスタイルの「力のある集団が力の弱い女子供を性虐待する」ってパターンのストーリーをやたらに好む傾向があると思うんだよね。
    韓国の女性小説家李良枝氏の作品やら、映画化作品「トガニ」など見てもグロテスク趣味ばかりが気になるのだよね。
    なまじ最近は小説家など、プロフィール写真がオシャレになってますので、その容貌とのギャップがキツイです。

  2. ずばっと!本当ですね。

    >もちろん、こういうことを叫ぶ人たちは、人道とか人権とかにはあまり興味がありません。「敵」を攻めるための道具として人道とか人権とかの言葉を使っているだけです。

  3. シンさんお3KIMに吹いたw
    私もアメリカABCのニュースで3人の顔写真と名前見たとき「全員キムさんって…」と思いましたw
    しかし…解放されたのが米国籍とはいえ全員韓国系って、アメリカは本当に喜んでるのだろうかと考えてしまいます。

コメントは受け付けていません。