地方選挙、15:2で左派の勝利?(お知らせがあります)

具体的なデータが無いので何とも言えませんが、6月13日の地方選挙(自治体の長などを選ぶ選挙)で、与党の圧勝が予想されています。

ソウル、釜山、大邱、仁川、光州、大田、蔚山、世宗、京畿道、江原道、忠清北路・南道、全羅南道・北道、慶尚北道・南道、済州島。この17ヶ所となる「広域自治体」がもっとも大きな勝負となります。特に、ソウル特別市長の座は大事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いまは、自由韓国党:共に民主党が6:6です。唯一、済州島だけが無所属です(国務総理になって、または前の大統領選挙に入候補するために、などなどで道知事や市長をやめて空席または権限代行の地域が4ヶ所ありますが、そういう地域は除外します)。

さて、共に民主党が「少なくとも9ヶ所」で勝利するという目標を掲げていますが・・

伝統的に(?)保守右派支持が強い大邱地域と、現在は無所属で多分次も同じ人が当選すると思われる済州島を除く、15ヶ所で共に民主党が勝利するのではないか、という予測も出ている、とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20180513144958181?d=y

また、同じ日に行われる国会議員の再選挙・補欠選挙でも共に民主党が圧勝するのでは、と言われています。地方選挙に出馬するために国会議員をやめる人たちがいて、彼らの辞任が認められると12ヶ所で行われます(認められなかったら8ヶ所ですが、多分、認めない理由は無いと思います)。「その10ヶ所で与党勝利ではないか」という噂も・・・

予想していたこととはいえ、圧倒的ですね。ムンたん。

このまま2020年の国会議員選挙まで勢いを維持できるのか、見ものです。

 

 

明日は更新ができません。「韓国人による罪韓論」原稿の最終チェックのためです。ガンバリマス。

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

121+

“地方選挙、15:2で左派の勝利?(お知らせがあります)” への52件の返信

  1. 自国経済が悪くなっても日本に出稼ぎに行けばいい。素でそう思ってそうなのがねえ

  2. まあこちらとしては、あちらの人々が選んだ道ってことで、好きにすればいいと思いますが、シンシアリーさんとしてはそうもいかないわけで、心中お察しします。

  3. 前から思っていたのですが、韓国の人々って経済がダメでも特に気にしていませんよね。
    反日ができないか、国民の面子を潰したかにはびっくりするほど敏感ですけど。

  4. 良かったではないか、馬鹿チョン!
    おい、こら、在日馬鹿チョン、世界最高の南鮮に、帰れよ!
    お前達は、必要ない!

    1. 匿名だからと調子づいた物言いをする
      アナタの方が我が国には無用。

    2. あなたみたいな人が、韓国に対して否定的な考えを持っている人全体のイメージを
      悪くしているということに、いつになったら気付くのでしょうね。

コメントは受け付けていません。