太永浩氏「北朝鮮は決して非核化しません」

太永浩(テ・ヨンホ)という人をご存知でしょうか。韓国に渡ってきた北朝鮮の公職者の中でも、かなり高位級となる人です。北朝鮮のイギリス大使館の公使でした。

彼が14日に出版した初めての著書で(わざと南北首脳会談のあとに出版したそうです)、「北朝鮮は決して非核化しない」と主張しました。

「ニューシース」が紹介している該当部分を翻訳してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・金正恩は、父である金正日とは異なる方法で、神と同じ存在になろうとしており、その方法は、核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)、恐怖政治であった。そうやってカリスマを形成して神的な存在にならないと、体制はもちろん、金正恩自体が崩れる。金正恩が核ICBMに執着し、張成沢(チャン・ソンテク)の粛清で代表される恐怖政治を振り回す理由がここにある

・今回の板門店宣言で南北の首脳は北朝鮮の非核化ではなく、「朝鮮半島の非核化」を合意した。朝鮮半島の非核化は、これまで北朝鮮が粘り強く主張してきたことで、最終的に、在韓米軍を追い出そうとする戦略だ。金正日は『米国は朝鮮半島で核戦争演習を続けており、いつでも核兵器を持ち込むことができる。私たち(北朝鮮)の核で、米国の核を追い出してこそ、米国からの核不使用の担保を受け止める場合にのみ、非核化が可能である』と言った

・北朝鮮の第1次核実験直後、中国外交部長リージョソンと北朝鮮外務次官カン・ソクチュが交わした会話が、朝鮮半島の非核化が駐韓米軍撤収を意味する根拠である。北朝鮮の核実験に最も怒っ国は、米国ではなく中国のだった。1回目の核実験の後、中国の瀋陽でリーとカンが密かに会った

・リージョソンは「金日成同志は朝鮮半島の非核化という遺産を残したのに、今の朝鮮同志は彼の思想と遺産を壊している」、「金日成同志が朝鮮半島の非核化の思想を提示したのは、朝鮮のような小さな国が核競争に巻き込まれると過重な経済的負担に耐えられず崩壊してしまうだろうと予測したからだ」、「今からでも核開発をやめると、中国は経済、軍事的支援を増やす」、「核では朝鮮を守ることができない。経済から早急に再生させなければならない」と話した

・するとカン・ソクチュは「朝鮮半島の非核化とは、私たちだけの非核化ではなく、南朝鮮まで含めた全朝鮮半島の非核化を意味する」、「米国は朝鮮半島で核戦争訓練を続けていて、いつでも核兵器を持ち込むことができる」、「このような状況では、朝鮮半島は決して非核化されない。私たちの核で米国の核を追い出して、米国からの核不使用の担保を受け止める場合にのみ、可能である」、「金日成同志の朝鮮半島非核化の思想が実現されるように、中国は朝鮮とアメリカの関係を仲介してほしい」と金正日総書記の言及をそのまま伝えた

・「カン・ソクチュが使ったこの理屈は、以後、北朝鮮の一貫性のある核の理屈でもある。北朝鮮が、他のものはともかく、核問題だけ命がけでしがみついているという事実をより多くの人々にわかって欲しい

http://v.media.daum.net/v/20180514080106741?rcmd=rn

氏は他にもいろいろ今回の板門店宣言の問題点を指摘しており、特に韓国側が大喜びしている北朝鮮との鉄道連結についても、「北朝鮮の東海岸(朝鮮半島の日本海の方)防御部隊はほとんどが鉄道に沿って配置されており、鉄道を現代式に変えるには部隊の移転を含めて想像を超えた費用負担が発生するし、軍部の反発も大きく、ロシアと鉄道を繋げられずにいる理由もそこにある」と否定的な見解を書いています。

http://v.media.daum.net/v/20180514080207770?d=y

 

フムフム。

「朝鮮半島の非核化の意味」など、同じ趣旨の内容を本ブログにも「韓国人による罪韓論」にも書いたばかりですので、興味深い話だな・・と思いました。わかっていたこととはいえ、こういうエピソードを聞くのは新鮮ですね。この会話が本当にあったかどうか確認できる方法はありませんが。

 

 

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“太永浩氏「北朝鮮は決して非核化しません」” への66件の返信

  1. 金正恩体制は当初から危ういものです。
    あくまで体制を安定させるために、核保有宣言と米国との対決と交渉のセレモニーが必要だったのだと思います。
    金正恩の体制維持、もっと言えば金正恩個人の保身のためです。
    外交なんて二の次だったものが、外部の様々な思惑や反応が絡んで複雑化した印象を持っています。

  2. 米国は軍事攻撃準備だけはする.11月の中間選挙で負け,いよいよ2期目がなくなって来年に軍事攻撃の可能性はあるが,任期切れ前の2020年は東京五輪で無理.来年まで当分は戦争はしないし,そのまま攻撃しない可能性も大.
    今年になって急速な南北融和で戦争危機が遠のいたかれではなく,当初より”脅し”だった可能性が…
    第2次朝鮮戦争特需”で潤うのは中国とロシアで,日米韓は大損で日本はミサイル反撃すら受ける.経済的背景を考えればアメリカの北朝鮮への軍事攻撃の可能性は低い.
    なぜ「第二次朝鮮戦争」でアメリカは儲からないのか(記事)
    blogos.com/article/283016/

  3. 非核化する気0%の金正恩氏が23日から核実験場廃棄を始めるのね。

    つまり、新しい核実験場の候補地が決まったってことね。
    韓国も入ってるかもよ。

    ムンジェインーーー!
    いい加減に目を覚ませっちゅうの( `ー´)( `□´)

    1. さくら様、
      文在寅の脳みそは、「真っ赤の金ブタ:いのち」ですよ!
      実兄を殺した在日「めかけ腹の金ブタ」に機関砲で、
      最後は、肉片になる事が本望だから、時がたてば判る!

  4. 朝鮮半島の非核化への言及は、朝鮮半島が核の脅威に脅かされないとの意味が根本にあると思う。
    単純に朝鮮半島に核が存在するかどうかの主張では無い気がします。
    一次的には在韓米軍の撤退、二次的には在日米軍の撤退,三次的には米軍の戦略及び戦術核の放棄まで要求すると思われる。
    在韓米軍が撤退しても、日本に米軍が居る限り北朝鮮にとって核の脅威は無くならない、最終的に、米軍の核ミサイルがある限り、核の脅威は無くならないと主張するだろう。
    北の主張が全て通らない限り、北朝鮮の核放棄は実行されないと思う。
    北朝鮮と米国の意見の相違は、埋まる事が無い。
    米国の外交による解決は、結果的に足元を見られるだけで解決には繋がらないと思う。

    1. そういう議論は半世紀以上前からさんざんやられていて、暫定的な結論が核保有国による MAD と NPT 体制ということになっています。

      NPT への復帰、中国との同盟回復、アメリカとの国交樹立、これが北に与えられる国際標準の安全保障の枠組みであって、これ以上の主張はアメリカは一蹴でしょう。

  5. 別の方法じゃなくて、金日正は神格化が完成してから着手するはずだった核装備を正恩は最初に敷いて、実績をテコにして神格化する戦略なだけじゃないの?

    カリスマ性がないから恐怖政治に舵を切らざるを得ず、義兄も叔父も殺して核配備という照準がロックから外せなくなったんでしょ。

    北の論理は大国だけが核という外交カードを独占して、小国には許さないのは不合理だという論理なんだろうけど、核は大きすぎるジョーカーなので、5カ国の論理は核に変わる独裁者個人だけを排除出来るシステムなり兵器なりが開発されて核が無意味になるまでは暫定的に所持しているだけというスタンスだと思う。

    その為に核が開発されてから急に出来る限りフェアーに振る舞うようになったんでしょ。
    以前の欧米は全然フェアーじゃなかった。

    核を外交カードとして見るか、ノーベルのように悪魔の爆弾として見るかの違いだな。

    日本としては当然悪魔の兵器だが、朝鮮人は南北共に論理と感情が同居できて居ない。

  6. 神的な存在になるためとかいう内政の論理はもはや通用しません。
    勝手な非核化の論理も無意味です。核は全世界的な問題であり、特にアメリカがイランと明確に絡めてしまった以上、国際社会で共通する論理のみが意味を持ちます。

    朝鮮の国家が一人前に扱ってもらえるようになったわけで誇っていいです。
    でも実力が伴わなければ潰れます。北朝鮮が潰れても、中東の混乱に比べれば大したことはないですから、アメリカは気楽でしょう。

      1. 七誌さん、手も足も出ないのは外交カードとしての軍事力が憲法九条によって存在を許されていない為です。

        何のカードもない以上、日本は経済カードだけを使ってゲーマーにアドバイスを与えて日本有利になるように動く事だけしか出来ない。
        だから必然的に「アメポチ」「バラマキ外交」に見える。

        外交カードが使えないんです。

        今回は現在所持しているカードを使って日本は無茶苦茶日ゲームを動かしてますよ。
        トランプは最初は中国で米朝会談を行うつもりだったんですから。
        それをフィリピンに変更させたのは日本でしょ。
        手も足も出ないというのは印象操作です。

          1. フィリピンではなくシンガポールですよ。
            シンガポールを推薦したのは中国でしょう。表にも裏にもつてがありますから。
            アメリカも米軍基地があるので悪くない。

          2. >シンガポールを推薦したのは中国でしょう。

            それはないと思う。
            中国はトランプをノーベル賞という影縛りで動けないようにしたいのだと思う。
            ノーベル平和賞は演出であって、世界が平和になる事を願って狙って平和に寄与した人間なんて存在しないと思う。
            だから抽象的な出来事を作り出した人物に授与しているのであって、トランプが朝鮮半島の戦争状態を終わらせればノーベル平和賞を取る可能性はあった。
            中国だと、抽象的な演出を目一杯押し付けてくる。
            トランプがノーベル平和賞を取ればオバマみたいに軍事力を動かせなくなるから。
            シンガポールなら抽象的な意味合いはないはず。

          3. 朝鮮半島問題でのノーベル平和賞は、金大中という悪しき前例があります。
            北に金を渡して会談してもらい開城工業地区などをプレゼントして、ノーベル平和賞をゲット。北はノーベル平和賞の権威による偽の平和を利用して核開発の時間と資金を稼ぎました。
            論議されることの多いノーベル平和賞の中でも最悪のものです。

            この前例がある以上、完全な核放棄以外ではノーベル平和賞はありえません。同じ問題で2度騙され利用されたらノーベル平和賞の権威は地に落ちます。

            もっとも、トランプはノーベル平和賞で縛られるタマじゃないでしょう。カーターやオバマのような理想主義者は縛られますが。

    1. 今日の「日経ビジネス」で、鈴置さんがアメリカの撤退を論じていました(雑談部屋にみかげさんが投稿してくれたので、読んでみました)が、軍事的撤退は経済的撤退にも、つながるでしょう。すなわち、それはアメリカが朝鮮半島を丸ごと「見捨てる」こと、と読み取りました。

      mottonさんの指摘するように、中東に比べればたいしたことはない、というのがアメリカの本音なのかも知れません。北朝鮮壊滅どころか、半島丸ごと壊滅でも、アメリカにはかえって気楽なのかも。日本には厳しい状況になりますが。

      韓国には、もっとずっと厳しい。
      壊滅しないように、かつ中国に呑み込まれないように頑張るのは、韓国自身の責任でしょうが、その責任を自覚することも果たすこともないだろう、と思われます。国策を見るに、一人前の国家というものが分かっていないようですから。
      ロシアの脅威に対峙しているバルト三国やフィンランドのようにはなれないでしょう。

      アメリカが撤退するなら、歩調を合わせて、日本も撤退すべきだと思いました。もちろん、きちんと再武装・理論武装して。
      以上は「アメリカ撤退」が現実化したら、の話です。

      1. アメリカが朝鮮半島をゴミ箱にポイしてくれるなら、本当に良いことですよね。

        日本の愚かな大アジア主義者は必死になって、「韓国は日本の生命線!」「防衛線の後退は、日本の危機、日本は韓国を助けなくては!」って、また戦前と同じことを懲りずにやりはじめるんだろうけどさ。

        ただわたしは、こういう展開にならないと思うし、鈴置さんはいつも商売っけ出しすぎだと思うよ、よくわかっている人なので故意なんだろうけど。
        個人的には好きなんだけどね。

        1. 七誌さん
          「ただわたしは、こういう展開にならないと思う」理由は何ですか?
          朝鮮半島が軍事的な緩衝地帯だったのは事実でしょ。
          朝鮮半島が平穏に見えていたのは共産主義者が裏から搦め手で朝鮮を犯していたからであって。
          緩衝地帯だったアフガンが酷い事になってたのはご存知でしょ。

          1. いままでは「朝鮮半島が平穏に見えていた」
            これからは「朝鮮半島が平壌に見えてくる」

          2. >注射星人さん

            じゃあ聞くけどさ。アメリカが韓国をゴミ箱に突っ込んで、トランプに何かの利益があるのかな?
            退役軍人会からはあんな国でも非難されるでしょうし。

            単に中国が喜ぶだけでしょう、アメリカは日本みたいに事あるごとに嫌がらせを受けてる訳じゃないんだからさ。

          3. 七誌さん
            アメリカが韓国をゴミ箱に突っ込んで、トランプに何かの利益があるのか。
            そりゃGDPの30パーセントもつぎ込んでいる軍事費外交浮くというメリットでしょ。
            普通の国はGDPの20パーセント程度でバランスしているんですよ。
            GDPの30パーセントというのは明らかに重荷ですよ。

          4. >アメリカが韓国をゴミ箱に突っ込んで、どんなメリットがあるか
            あくまでも、「本当に捨て切れるならば」ですが「清々する」という、計り知れないメリットが。
            ゴミ箱から這い出してきてしがみつくから、アメリカにとってさえ、事は容易じゃないです。
            とても残念だけど、日本には、まあ無理だろうね。
            せめて「冷遇」までは実現させてほしい。

        2. 大アジア主義者は、欧米(米露)に対抗するためにアジアの大国である日中で組めと説く。
          戦前の大アジア主義者は、あくまでも中国をこちら側にすべく国民党と戦っただけで、中国を含まない「大アジア」など定義上無理がある。
          戦前の朝鮮は、中国へのアクセスとロシアへの備えのために重要だった満州へのアクセスのために重要だった。
          しかし、現在の大アジア主義者(日中協調主義者)にとっては、中国への侵攻は考えないし満州は中国が抑えているので、朝鮮は重要じゃない。

          一方、日米協調主義者は、大陸国家(中露)に対抗するために”国境線”を防衛している韓国を助けよと説く。(アメリカが韓国は要らないと考えれば日本も協調する。)
          戦後の日本は基本的にはこちら。今後も変わらない。ただし、大アジア主義もあえて放置している。アメリカへの牽制に必要なので。

          自分の頭で理解してから用語は使おうな。

          1. >mottonさん

            満州国ってなんですか?王兆銘って(漢字携帯ででないな)なんですか?あなたはまず最初に歴史を学んでくださいね?

            これは中国韓国と組もうという大陸派と、アメリカと海洋諸国と組もうという派閥の争いなんですよ。そして日本では大陸派が勝ったとき、法則によってかならず悲劇が起こってきたんです。

          2. 最近、オウム返しが増えましたねえ。
            ユーモアせめて皮肉を入れないオウム返しは負けた証拠ですよ。

            ちなみに、38度線で大陸から分断された韓国は海洋国家なんですよ。だから海洋勢力(日米)の防衛線が38度線にあるんですよ。

            自分の頭で理解してから用語は使おうな。

          3. あんな陸軍国が海洋国家なんだとさ、よほど知識がないと見える。
            まあいつものことだが。

          4. 必要なのは知識だけじゃなくて理解だよ。
            ネットの断片的な知識だけからは理解するのは難しいよ。

            例えば、この前「囚人のジレンマ」のおかしな解釈を書き込んでいたでしょ。
            理解できていないことを理解していないのかもしれないが、Wikipedia くらい読めばいいのに。

          5. 韓国はタンカー、コンテナ、バルク、プラント等各種大型造船技術を有してもいます。中国旧満州もそれに準ずる所です。(日本の技術移転?は殊の外スムーズに、やはり日本の教育の成果でしょうか?悪い所に悪知恵をつけたのでしょうか?)

            海を征する者が世界を征する。
            まだまだ其れは生きていると思いますよ。

          6. 韓国は自立した海洋国家ではないが海洋国家勢力に依存して繁栄している。
            海洋国家勢力の植民地といえばいいのか。
            (海外への投射能力のない日本も自立した海洋国家とは言えないんだけど。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。