中国、「ロシア版THAAD」S-400実践配置・・韓国では「非核化できたしTHAADはもう片付けようぜ」

更新が遅くなりました。申し訳ありません。

中国がTHAADに反対する理由は、表面的には「そのようなものを配置すると、結局が朝鮮半島の冷戦状態が続くだけだ」という韓国向きのものと、「地域安保のバランスを崩すことになる」という米国向きのものでした。

韓国政府は朴槿恵政権から、ずっと「中国がなぜTHAADを拒否するのか」について公式の立場を出していません。まさに米中の間で挟まれ、「いっそのこと何も言わないでおこう」な立場を示してきました。

2015年には韓国の新任在中大使キム・ジャンス氏が記者たちの質問に対して「中国がTHAADに反対する理由はよくわからない。私の名前はキムサードではない。他にも文化とか経済とかいろいろ(聞くべきことが)あるじゃないか」と話したりしました。

http://v.media.daum.net/v/20150330175910921

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

それから文在寅政権になってからは、中国の立場を支持する意見が主流となりました。「北朝鮮が非核化したから(韓国ではこういう認識です)、THAADも意味がない。中国が撤収を要求するだろうしさっさと片付けようぜ」「文在寅政権はもうTHAAD撤収を準備しているだろう」という主張もあります。その主張には共通的に、「平和のためにTHAADのようなものは必要ない」というものでした。やはり、この件でも市民団体の活躍は凄まじいものでした。

http://v.media.daum.net/v/20180504000017680

 

ですが、中国が「ロシア版THAAD」とも言えるS-400レーダーを導入したとのことです。

「韓国のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配置に反対し、経済報復までしていた中国が、最近「ロシア版THAAD」を導入し実戦配備に入ったことが分かった。

台湾の中国時報とロシアのタス通信は13日、中国が最近、ロシアの最先端防空ミサイルシステムであるS-400トリウームフの最初引渡し分を完全に受け継ぎ、今月末から実戦配置作業を開始すると報じた。「ロシア版THAAD」と呼ばれるS-400は、レーダーの最大探知距離が700㎞で、朝鮮半島で100㎞離れた山東半島などに配置する場合、韓国軍と在韓米軍の動きを確実に検出することができるようになる・・>

画像キャプチャーとソース記事:朝鮮日報

http://v.media.daum.net/v/20180514030745661?d=y

 

韓国はTHAADの追加配置はしないと大統領が誓いました(いわゆる3NO)。THAAD撤退の話も盛んでいます。

中国大勝利です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!※上の画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

118+

“中国、「ロシア版THAAD」S-400実践配置・・韓国では「非核化できたしTHAADはもう片付けようぜ」” への26件の返信

  1. 中国共産党勝利
    韓国は、情報戦争負け続け、忖度だれにしているのか
    日米から情報制限受けているの……?
    戦略的同盟関係からの・・・・!
    北朝鮮との統一周辺国からの見方は違った
    さあ  大変だ!      どうしよう  自分で考えろ

  2. 中国が勝利したのではなくて、韓国が連敗街道を駆け抜けていっているだけでしょうよ...。

    さすが「最悪のタイミングで...」な人たちだよね。

  3. 潜在的敵国からハッキリ敵国になったわけで、分かりやすくていいんだけど日本の国防は厳しくなっていく。
    こういうこと、日本国民がちゃんと知っておかないといけないのにマスコミはアタマが湧いたような欺瞞的な話しかしない。

  4. まぁ北の非核化が済んだら米軍撤退で韓国は中国の影響下に置かれるんだろうし、遅いか早いかの違いでしか無いのかもね。

  5. 中国が韓国のTHAADを嫌うのは、日本に向けて弾道弾を撃てば、韓国からアメリカ軍に発射時から追跡され、早期観測されるからでしょう。

    韓国の配備数は少なくても、強力なレーダーサイトさえ生きていれば、アメリカ的にはそれほど問題はないものかと。

    1. 固定台からの発射自体は監視衛星で押さえられますが、THAADの場合は付属のレーダーが高性能で、中国国内の飛行機の移動などがリアルタイムでモニター出来るそうですよ。

      それでなくても中国が日米に対して敵対していると宣言しているということですから、それに追従する韓国は赤組確定ですねw

  6. 南北融和の声が大きくなるほど冷戦が深刻になってくるのは朝鮮マジックか。

  7. この「ロシア版THAAD」が、やがて「半島全域」に配備されるわけですね。
    そりゃあ「アメリカ版」は、いらないだろうさ。

コメントは受け付けていません。