箱根に行ってきました

※いつものことですがドール写真が2枚ありますので、苦手な方々はご注意ください。

箱根に行ってきました。これで4回目です。

すこし、心が曇りすぎたというか、精神的に(笑)リラックスが必要な気がして、久しぶりに1泊で行ってきました。日本に来てから1泊するのは初めてです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「休む」のが目的だったので、バスで宿に直行しました。

トイレが共用、部屋にはシャワー無し、2ヶ所の浴場は貸し切り前提(先に入った人が鍵をかけて使う。時間予約無し)と、施設としては高い評価は難しいところです。でも、小さくて古いけど、「良い」店でした。「良い」にはいろいろあるでしょうけど、キレイで、料理が美味しく、温泉はかけ流し、居心地がいい、そんな温泉宿です。一人旅もOKでした。

韓国では、このような「小さくて古いけど良い店」という存在はほとんどありません。少なくとも私はそんなものに出会ったことがありません。

お客様の中に、年長者の外国人(欧米?)がいましたが、とても満足したように見えました。繁華な街並みからはそこそこ離れたところだけど、外国でも「穴場」かなにかで紹介されているのでしょうか。

とりあえず、いただきます。

いただきます。

いただきます。

これは朝ごはんです。いただきます。

レナの写真です。さすがにこの子を温泉で洗ってやることはできませんが、気分だけ・・

次の日、「そういえば、箱根に来て天気が晴れたのは初めてかも」と思って、ロープウェイで大涌谷に行ってみました。

「仕事を選ばない」の元祖キャラ、キティちゃんです。

あっという間に帰る時間となりました。

良い料理、温泉、自然、楽しい思い出、いろんなものを「いただきました」。

それでは(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

174+

42 Replies to “箱根に行ってきました”

コメントは受け付けていません。