地球を叩き割る

最近、テ・ヨンホ氏の「3階書記室の暗号」を読んでいます。

その中の、1991年、表面的には朝鮮半島非核化(あのときも北朝鮮の非核化とは言いませんでした)を掲げていた金日成氏と金正日氏が交わした会話が・・面白かったというか印象的だったというか、そんな感じでしたので、紹介したいと思います。

 

<・・1991年12月25日、金日成は人民軍の幹部と抗日革命闘士たちを集めてこう尋ねた。「今はソ連まで崩壊して、中国も南朝鮮にくっついた(韓国と外交樹立)。こんな中、祖国統一をどのように実現していけばいいのだろうか。南朝鮮と米国が(北)朝鮮を攻撃してくると、私たちの力だけで戦って勝つことができだろうか。一度、正直に答えてみて欲しい」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

軍幹部と抗日革命闘士たちが「首領様、心配しないでください。数十年の間、祖国統一を準備してきた私たちが無条件で勝ちます」と答えると、金日成が再び質問した。

「祖国解放戦争(6・25戦争)をもう忘れたのか。戦争は考え通りになるものじゃない。もし我々が負けたら、どうすればいいのか、それを答えて欲しい」

誰もが回答を躊躇している間に、金正日が席立ち上がって大きく答えた。

「首領様、私たちが戦争で負けるなら、この地球を叩き割ってしまえばいいです」

金日成は手のひらで机を叩きながら「私は聞きたかった答えがまさにそれだ。私たちが負けたら、地球を叩き割ればいい。私たちがいない地球など、必要ない!」と満足した・・>

 

余談ですが、この本、「韓国人による罪韓論」と、結論にたどり着く過程は違えど、結論がほぼ同じです。

いつか、日本でも紹介されるといいですね(意味深)。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“地球を叩き割る” への52件の返信

  1. むしろその傾向は日本人の方が強い。
    「自分が死ぬなら相手も道連れ」という刺し違える覚悟。
    朝鮮人は同じようなことを言っていても、真っ先に逃げる印象が強い。

  2. それはけしからん話だ!地球と人類はネコ様の為に存続する必要がある(笑)

  3. 地球に何の貢献もしない、言うこともやることも
    著しくレベルの低い民族なのに、最も尊大な事に驚愕と滑稽さを感じます。

  4. 「地球を割る」ね。
    「大日本帝国陸海軍」か「秀吉の軍隊」なら、出来るかも。
    「朝鮮半島を『割った』のは、日帝」ということになってますからね。

    多分、北朝鮮軍の能力では「卵も割れない」だろう、と。
    あ、言い方を間違えました。
    割るべき「卵」が無いんだった。

    1. あ、また名前入力を間違えた。
      上記コメントは、私です。

コメントは受け付けていません。