大統領府、いくつかの記事を指摘しながら「危ない内容だ」「これからは厳しく対処する」

この前、日本の朝日新聞を大統領府記者室に出入り禁止とした韓国大統領府ですが・・・今回は、保守系である朝鮮日報(及び同じ系列の朝鮮TV)のいくつかの記事を具体的に指摘しながら「とても危ない内容だ」と、事実上の警告を行いました。

キム・イギョム大統領府スポークスマンは「最近の南北・米関係において、一部の報道が危険を育てている」とし、「最近の南・北・米の状況と関連(した記事)で、これからは断固として対処するしかないことをお知らせする」としながら、次のように話しました。

<・・キム・スポークスマンは、最近、朝鮮日報が報道した「韓米首脳会談終了日、国家情報院のチームが平壌に駆け付けた(5月28日)」、TV朝鮮が報道した「プンギェリトンネル爆破せず・・煙幕弾を使った痕跡を発見(5月24日)」、「北、米メディアにプンギェリ爆破取材費1万ドルを要求(5月19日)」を取り上げた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

続いて「事実ではないだけでなく、刀のような危険性を抱いている記事」とし「いつものように私たちの内部だけの問題であれば、あえて言わないでおくこともあるだろう(大統領府が指摘することもないだろう)が、南・北・米それぞれが核心的利益をかけて交渉を行う時点だ」と強調した。

彼は、「言葉一つでもたらされた誤解と不信が大きくなることもある」とし「国家情報院第2次長がこっそり平壌を訪問したという記事をそのまま信じるならば、米国をはじめとする周辺国は、韓国政府の言葉を続けて信頼できるだろうか。ムン・ジェイン大統領は『正直な仲裁者』でいられるだろうか」と反問した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180529142253714?rcmd=rn

 

自分で「正直な仲裁者」と言ってる時点でアレですが・・・なら、「事実ではない」とすればいいだけのことではないでしょうか。

なんというか、焦っているというか、「文氏、思ったより耐性が弱い」というか、そんな感じです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“大統領府、いくつかの記事を指摘しながら「危ない内容だ」「これからは厳しく対処する」” への42件の返信

  1. 本来なら仲裁者ではなく、アメリカ側に立ってと言うよりも、アメリカよりも強固に核兵器の完全廃棄を求めなければならない当事者としての意識(自覚)が欠落しているとしか思えない。

    まるで他人事、若しくは北朝鮮側に立ち北朝鮮の代弁者としてアメリカにCVIDではなく段階的廃棄交渉する役割に徹しているのが問題なのに南朝鮮人民(人畜)共も揃って『ウリミンジョクの平和統一を邪魔する悪辣な日帝(米帝)が憎いニダ!』と筋違いな日米批判しているのが何とも腹立たしく思います。

  2. なんで周辺国から信用されていると思っているのか理解出来ない
    あと、ムンたんは北朝鮮のスポークスマンですよね?

  3. 微妙な時期なんだから、本当の事を言ったらあかんwww

  4. 誤った情報であれば公式に否定して、必要なら関係各国に対しても説明すれば良い。
    それをしても効果が無いなら韓国政府の信用がその程度って事だわ

コメントは受け付けていません。