放射砲(多連装ロケット砲)の向き

南北首脳会談のとき、板門店に向けられていた北朝鮮の多連装ロケット砲が、その向きを北朝鮮内部に変えていたことがわかりました。

チャンネルAはこの件を「万が一ありえるかもしれないクーデーター対策」とする見解を紹介しています。北朝鮮で金正恩氏に不満を抱いている誰かが、板門店(金正恩)にロケット砲を撃つ可能性もあるからです。

記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・情報当局関係者は、「金(正恩)委員長が、過去1次、2次首脳会談のために板門店を訪れたとき、板門店を射程圏内に置く北朝鮮軍のすべての放射砲(多連装ロケット砲)の砲門が、南から北に変わっていた」と明らかにしました。万が一、金総書記の安全を脅かすことができる要素を遮断したのです・・

・・(金正恩氏は)丈夫な警護員で「人間の盾」を作って警護陣を組み、防弾リムジン車を囲ませました。これも同じ理由だと解釈されます。米国ワシントンポストは最近、「北米首脳会談を控え、北朝鮮が最も懸念している部分は、シンガポール滞在期間、金委員長の不在を乗じて起こるかもしれない、北朝鮮内のクーデーターの可能性だ」と報じました・・>

http://v.media.daum.net/v/20180531193144638?d=y

 

ブログにも「罪韓論」にも書きましたが、私は北朝鮮(と文政権)が言う平和とか、非核化とか、そんな言葉を信じていません。ですが、もし万が一、金正恩氏が悪いものでも食って、本気で非核化に励むこととし、米国側と何か肯定的な合意をしたとしても、それはそれで安心できるのでしょうか。

北朝鮮が、いやひょっとすると中国が、クーデーターなど予想外の方法で金正恩氏を潰してしまうなら?米朝首脳会談などでどんな合意がなされ、どんなに有益な内容を文書に残しても、それは紙切れになってしまうことでしょう。

・・・・って、もし首脳会談の時に誰かが板門店にロケット砲を撃ったなら、文在寅氏は巻き添えを食ったはずですね(笑

 

 

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“放射砲(多連装ロケット砲)の向き” への20件の返信

  1. 韓国メディアは、金正恩の記事を報道する時は「委員長」をつけますが、安倍首相を報道する時は呼び捨てですね。
    自国民を殺した人には委員長を付け、これまでたくさんサポートしてきた日本のトップは呼び捨て。
    ここに本当に韓国の知的レベルの低さを感じてしまいます。

  2. 核兵器より強い文在寅氏が放射砲如きに負ける訳がない
    きっと余裕で将軍様を救出して生還したはずだ

    たぶん

  3. 北でクーデターが起きたら人民解放軍が入るでしょうね、治安維持と称して。しかしラブロフ外総との会談で、金正恩の表情が固かったですね。米国の悪口で意気投合したと思いきや。ロシアを利用してやるつもりがされると気づいたのか。

  4. アメリカの大統領はいずれも自国民に暗殺されていますね。
    どこの国でもまず自国民による暗殺を警戒するのは当然だと思います。

  5. 私が大好きなアイザック・アシモフの
    小説中の言葉。
    「銃口はどちらでも向く」

    1. 新作はハードカバーで揃えたぐらいアシモフのファンでしたが、後年の作品では第零法則やガイアなど思想面では迷っていたように思います。

      一貫した個人主義(ゆえにリベラルだが自由は勝ち取るものという保守主義)のハインラインとは対照的です。

  6. 一番リスクあるのが北からシンガポールへの往復道中だと思うんですけどねぇ。
    「あの見てくれの悪い飛行機で」by麻生副総理、ちゃんと飛べるのかが見物ですね。

  7. 北朝鮮で恐れるクーデター。
    方や韓国では第二のロウソク革命が恐怖。
    金も文もいないほうが朝鮮半島が良くなるように思えるんですが。
    ひょっとすると南北首脳斬首及び南北同時クーデター計画が密かに進行中か。

コメントは受け付けていません。