米朝首脳会談キャンセルの直接的理由は「核対核でやるか」という北朝鮮の声明か

聯合ニュースが、米朝首脳会談キャンセルの理由について記事を載せました。その理由は大小実に様々なものがあるでしょうし、考えてみれば「話が通じない」というとても単純なものでもありましょう。でも、一応記事はキャンセルの直接的な理由として、北朝鮮が「核対核でやるか」とした声明を取り上げています。また、先週シンガポールで予定されていた(首脳会談のための)実務会議に北朝鮮側が勝手に欠席したことも、大きな理由ではないかとしています。

<ドナルド・トランプ米国大統領が24日(現地時間)、6・12シンガポール北米(米朝)首脳会談をキャンセルした背景には、マイク・ペンス米副大統領への北朝鮮の露骨な非難が決定的な影響を及ぼしたことが分かった。また、北朝鮮が首脳会談の準備のためのシンガポールの実務会談に現れず、連絡も絶つなど、信頼を破ったのも、米国側を不快にしたと伝えられた。

“米朝首脳会談キャンセルの直接的理由は「核対核でやるか」という北朝鮮の声明か” の続きを読む

トランプ氏、米朝首脳会談をキャンセル

トランプ氏が米朝首脳会談をキャンセルしたというニュースが入りました。

韓国でもいろいろと速報が流れていますが、いまのところ、日本のほうが報道がもっと具体的のようです。

トランプ大統領は金正恩氏に「北朝鮮が示した直近の『怒りとあからさまな敵意』を理由に、米朝首脳会談の実施は適切ではない」とする書簡を送った、とのことです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000137-mai-int

以下、韓国側のソースの記事もいくつか紹介します。

“トランプ氏、米朝首脳会談をキャンセル” の続きを読む

「慰安婦を訴える」としたメディアウォッチの今は

韓国の保守系ネットメディア「メディアウォッチ」が、自称慰安婦の一人「イ・ヨンス」を訴えることにした・・と4月23日にエントリーしました

それからどうなったのだろう?と個人的に気になったので(多分、読者の皆さんも気にされたのでしょう)、ちょっと調べてみました。確か、あの時は「5月中に訴える」とか言っていました。

結果から書きますと、一言で、「それどころじゃない」現状のようです。韓国の検察が、そのメディアウォッチの代表顧問に対して、別の件で拘束令状(逮捕状)を請求しました。慰安婦を訴えるとした「代表」とは別の人ですが、これでメディアウォッチは行動にかなりの負担を感じることになるでしょう。

“「慰安婦を訴える」としたメディアウォッチの今は” の続きを読む

拙著「韓国人による罪韓論」の内容紹介

アマゾンに6月2日発売予定の「韓国人による罪韓論」の簡略な内容が載ったので、紹介いたします。このエントリーから、画像も正式の物に致します。

画像はアマゾンリンクになっております。いつものことですが本ブログの書籍リンクはアフィではなく普通のリンクですので、アフィ嫌いな方々も気にしないでください。

“拙著「韓国人による罪韓論」の内容紹介” の続きを読む

テ・ヨンホ氏、明らかにおかしなタイミングで辞任

「3階書記室の暗号」という北朝鮮批判本を出したばかりのテ・ヨンホ(太永浩)元北朝鮮イギリス大使館公使が、国家情報院(旧・安企部)傘下「国家安保戦略研究院」諮問委員職の辞任しました。

本人は「自分の意志によるものであると強調したい」としていますが、北朝鮮が韓国側に「合同軍事訓練、テヨンホ氏の体制批判」などの措置を要求している時点で、例の本を出したばかりということで、どうしてもタイミングが微妙です。

中央日報も「批判本を出した直後に辞任」としています。

http://v.media.daum.net/v/20180524050059063?d=y

“テ・ヨンホ氏、明らかにおかしなタイミングで辞任” の続きを読む

トランプ氏、文氏の言葉の通訳も聞かずに「前にも聞いた」と会見終了

中央日報が、トランプ氏と文在寅氏の記者会見(首脳会談の前)の様子を報道しました。首脳会談はさすがに「後で伝えられたこと」に頼るしかないのでどうしても憶測が入りますが、記者会見なら記者たちが直接見たわけですから、信憑性がありますね。記事の主張は、一言で「うわ、不信感半端ない」です。

記事によると、トランプ大統領は「習近平に会ってから金正恩の態度が変わった」など中国への強い不信を示し、その直後に「この点について文在寅大統領の考えを聞いてみよう」と文在寅大統領に意見を聞きました。しかし、文大統領が答える前に「でも彼を困らせたくはないな。中国の隣で暮らしているじゃありませんか」と話しました。

“トランプ氏、文氏の言葉の通訳も聞かずに「前にも聞いた」と会見終了” の続きを読む

「(北朝鮮の非核化で)検証を絶対視するなんて、検証原理主義にすぎない」

またもや「次の日に更新が鈍る可能性が高いので、こっそり夜に更新しておく」パターンです。夜間更新、行きます。

何度か本ブログに出演(?)した文在寅大統領の外交・安保特別補佐官「文正仁(ムン・ジョンイン)」氏と、極左政党「正義党」の国会議員が、北朝鮮の非核化において「検証を絶対視するな」と主張した、とのことです。検証原理主義者という表現を使ったとか。

中央日報の記事を部分引用します。

<・・最近、いわゆる「親文(文在寅大統領と親しい)」な人たちの言葉には、呆れるばかりだ。チョン・セヒョン前統一部長官は18日、北朝鮮がマックスサンダー訓練を非難したことで、「(訓練を縮小しなかった)国防部長官に警告をしなければならない」と述べた。

“「(北朝鮮の非核化で)検証を絶対視するなんて、検証原理主義にすぎない」” の続きを読む

日本「重要なのは会談ではなく、非核化だ」

トランプ氏の「米朝首脳会談やらなくても別にいいもんねー」発言に対し、日本が肯定的な評価を出しました。

韓国日報の記事から引用します。

<・・野上浩太郞・日本官房副長官はこの日の定例ブリーフィングで、「重要なのは、米朝首脳会談それ自体ではなく、会談が、北朝鮮の核及びミサイル、(北朝鮮による日本人)拉致問題で進展を見る機会になるかどうかにかかっている」と明らかにした。

“日本「重要なのは会談ではなく、非核化だ」” の続きを読む