韓国の世論操作、コメント部隊だけではない・・電話機部隊も

最近、いわゆる「コメント部隊(ネット世論操作)」が話題になっていますが、実はそれだけではなく、必要に応じて様々な形で「操作」が行われています。

国民日報の記事から事例をいくつか紹介します。

6・13地方選挙で、ある自治体長候補の支持率が1ヶ月半で12.2%から27.5%に急増しました。これはなぜかというと、あらかじめ30人余りの「味方」を動員し、電話449台を開設し、世論調査会社が実施した選挙世論調査の電話に1人250回も重複で答えるようにしたからです。電話機部隊、とでも言いましょうか。世論調査会社もグルですね、これは。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ある世論調査会社の場合は、某地域の知事・教育長選挙の世論調査をしながら、その自治体の中の市・郡(行政区域のこと)の中から「特定の候補の人気が低い」7つの市・郡を調査対象から除外しました。

カカオトーク、フェイスブックなどSNSに団体チャットルームを作成し。世論調査の際に性別・年齢・地域などを嘘で答えるように勧誘した事例も8件あったとのことです。韓国では年齢と地域によって支持がほぼ決まっているので、この場合は「意外な結果」となります。

http://v.media.daum.net/v/20180601050620894?d=y

本当に、韓国は「嘘」が多い社会です。嘘を有用な道具だと思っているからです。でも、嘘というのは、とても疲れます。嘘をついた本人もその相手も、疲れることになります。嘘の蔓延。韓国が疲れる社会になった大きな理由かもしれません。

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

108+

32 Replies to “韓国の世論操作、コメント部隊だけではない・・電話機部隊も”

  1. 韓国人の出す数字や、韓国に都合のいい話は疑ってかかる。これが基本ですね。

  2. 日本人にとっては嘘は大きな心理的なストレスになると思うけど、韓国人や中国人にとっては、日本人ほどではないと思う。嘘に慣れている民族だからね。昔、たけしのテレビで、韓国人や中国人に部屋を貸さないのは、差別だ!と散々がなりたててたけど、善意で貸した大家が出演して、どれだけ酷いことをされたかを暴露したら、騙される大家が悪いと、全員が言い出した。日本人の感覚では、唖然として、理解不能になったが、理解せず関わらないのが一番と思った。

  3. ちょっと違うかもしれないけど、整形にも同じ要素があると思います。

  4. 笑える。
    前スレの「コメント、ゼロ」もそうだけど、こう言うどうでも良い事の重箱の隅を突っつくのが好きだよね、韓国人は。
    動員して、皆で突っつく、世論誘導。
    でも、後頭部を一撃で殴られる弱さは、改善しないね。(笑)

    でもさ、コメント部隊と電話部隊と動員される側は、朴、明博、文の時代と同じ面々なんだろ。
    是って、産業だよね、立派な。(笑)
    ふと、職業欄なんて書くんだろと、疑問が湧いた。(爆)
    で、闇企業とか存在するんだろうね。(笑)
    保守とか革新とかに関係なく、渡り歩くんだろうね。
    韓国社会に於いては、最も安定した生き方だよね。(笑)
    「常に政権側と言う、超安定企業。」俺が韓国人だったら、迷わずやるな。(笑)
    シンシアリーさんのブログを読んできて、感じるよ。(笑)

  5. こう言う情報が漏れるのは、誰かの何らかの意図があるのでしょうね。
    ムンムンの支持率80%はウソだぞ、さっさとローソク持ってこんかい!
    って流れじゃん。

コメントは受け付けていません。