会談4日前、まだ何も決まってない?

更新が遅くなりました。午後もいつもよりペースが落ちるかもしれません。申し訳ございません。

さて、本当に何度も何度もネタにしましたが、CVID(C朝鮮がVビビIりDだした)のことです。韓国MBCが、米朝首脳会談から4日前なのに、まだCVIDのことで合意できそうではなく、最近、トランプ大統領が北朝鮮側に緩い(と思われそうな)発言をしていることも、「北朝鮮と何も合意できていないからこその発言にすぎない」というニュアンスの報道をしました。

報道内容を再構成してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・トランプ大統領が終戦宣言や、北米(米朝)外交、ホワイトハウス招待まで言及をしたのは、(※一部ではトランプ大統領の態度が変わったとされているが)北朝鮮が米国が望むレベル非核化合意をしてくれたら相応の補償をするというもの

・ポンペオ国務長官も「完全で、検証可能で、不可逆的な非核化(CVID)だけが米国が望む唯一の結果です。キム・ジョンウン委員長が北朝鮮のためにこれを決断してくれるよう、願います」と話した

・言い換えれば、会談まで4日しか残ってないのに争点がそのまま残っているという意味になる

・北朝鮮はCVIDの中でも特に「I(不可逆的)」を明記することを躊躇っている。これは、「後からも核開発ができない」ことを意味するからだ。北朝鮮は「兵器以外の目的での使用でも文句を言われる恐れがある」としながら強く反対している

http://v.media.daum.net/v/20180608201624790?rcmd=rn

 

同じく、安倍総理が北朝鮮との外交関係などを話したのも、「日本が認められるレベルでの問題(非核化や拉致問題など)解決があってこその、ゲームで言う「クリアーボーナス」を示したものだ、と言えるでしょう。

しかし、「適当にそれっぽく見せて大して中身は無い」形で終わるのではないかと、米朝首脳会談が心配です。

それに、「不可逆的」という言葉で議論しているというだけでも、「なんということだ。某合意で見せた韓国側の対応よりはマシではないか」と思ってしまった私は、いったいどうすればいいのでしょうか(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“会談4日前、まだ何も決まってない?” への82件の返信

  1. アメさんは北に武力行使する大義名分作りに会談するのだという意見もありますな
    その説だと何も決まらず物別れで終わるのが上等となりますが
    それだと近い将来シンシアリーさんの母国から
    自称難民がうんかのごとく日本に押しかけてくるのが目に見えているのでも
    そうならないことを祈っています

  2. フリーズさせることで無力化するという平和的戦略もありますが、北朝鮮は「普通の”国”」じゃないので選択肢として最期まで残らないと思います。
    米国がどうこうじゃなく、構造的に北朝鮮の国内事情が許さない。
    残る選択肢を思うと、会談はどの道セレモニー的意味合い以上にはならないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。