ロイター「金正恩氏、会談当日午後2時にはシンガポールから出国するらしいですよ」

どんな内容の記事が上がってきてもおかしくない雰囲気ですが・・ロイターが、「米朝首脳会談の当日、午後2時(日本・韓国では午後3時)に金正恩氏がシンガポールから出国する」という記事を載せました。

もちろん、これは「暫定的なもの」とのことではありますが・・午前9時(日本では午前10時)から会談が始まることを考えると、時間が短すぎるのではないか、と指摘されています。警護の問題もあるし、出国準備だけでもずいぶんかかるのでは。

韓国日報はこの件で、「米朝首脳会談でこれといった結果が残せないという意味ではないか」とする予想を報道しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長が、米朝首脳会談当日の12日午後2時(韓国時間午後3時)、シンガポールを離れる予定だとロイター通信が消息筋を引用して10日報道した。事案の敏感性を考慮して、匿名を要求したこの消息筋は、この計画が「暫定的」とし、このように明らかにした。

金委員長とドナルド・トランプ、米国大統領が12日午前9時(韓国時間午前10時)会談を開くことから、報道通りなら、金委員長はトランプ大統領と短い時間だけ会うことになる。これにより、首脳会談ができたにもかかわらず、北朝鮮が米国が望むレベルの「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)に最後まで同意しておらず、会談が大きな成果を出せない可能性があるとの予想が提起されている・・>

http://v.media.daum.net/v/20180610202331644?rcmd=rn

 

「十分では」とか「随分前から大して期待していません」とかのツッコミはともかくして・・金正恩氏の出国時間って、わざわざ報道しているからには、ロイターも相応の自信もあったのではないでしょうか。

「なにかいろいろ話し合って、いろいろ『結果』が残せるだろう」と期待している韓国側としては、嫌な報道でもあります。

両首脳が「はははー(棒読み)」「はははははー(棒読み)」とキラキラしながらいろいろ合意して、そこに文在寅大統領がサプライズ出演・・とかそんなことでも期待しているのでしょうけど、確かにそれだと時間が足りませんね。

とにかく、後2日。期待しないで待つとします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

127+

“ロイター「金正恩氏、会談当日午後2時にはシンガポールから出国するらしいですよ」” への42件の返信

  1. しかし、
    シンガポールでの会談に際しての、費用を出せないで
    偉そうに、高級ホテルを指定だの
    どこまで、朝鮮人はタカリ根性か!

  2. 流れ的に合意するんじゃないかと、思ってます。
    ただ、後日難癖つけて契約約束守らないパターンかな・・・
    その間に、中韓から支援物資とりこんで、再び持久戦。

  3. 楽観的な考えを一つ。
    米に屈服して完全非核化を呑むなら、彼は話が終わったら一刻も早く国へ帰りたいでしょうね。
    非核化呑まない→アメリカにやられる恐怖
    非核化を呑む→クーデターの恐怖
    にしても帰国する時間を前もって決めているのは奇妙ですね。ましてやわざわざそれを公表するメリットなどわかりませんが。
    個人的にはガセネタではないかと。

  4. 3つ考えられます。
    まず、総論で合意する。各論は次回に。だから短時間。でもこれは時間稼ぎだと思います。
    もう一つは、最初から決裂するつもり。だけど飛行機は中国の飛行機なので金正恩の身柄は担保される。
    もう一つは、トランプの言い分をすべて受け入れる。これならなんの問題もなく平壌に戻れる。

    これまでの北朝鮮の対応をみると、最初の時間稼ぎを選択しそうで。でもこれは命取りになるのですけどね。いくら地下深く潜っても多様なスーパー爆弾で生き埋めになるだけなのですが。

  5. 「十分な時間で会談ができなかったので、来月に会談おかわり」が狙いでしょうか。
    核と体制を確保しながら安全にグレーゾーンで時間を引き延ばそうとなるとそれしか手はないと思いますし。
    もう一度会談をするとなったらトランプ大統領の負けと見ていいかもしれません。

  6. 世界の注目を集める会談のためにスペシャルチューニングした
    影武者の体が持たないので急ぎ撤退するためでしょう

コメントは受け付けていません。