「ミサイルエンジン試験場の閉鎖」について

トランプ大統領が会見で何度も話した「ミサイルエンジン試験場の閉鎖」ですが・・これ、先週韓国でも報道されました。あの時、韓国軍は「まだなんともいえない」「必要なくなっただけ」と話しました。

7日の記事を一つ、紹介します。

・北朝鮮は先月の第二週から、平安北道龜城(グソン)市、イハ里にあるミサイル試験場内の施設を破壊する作業を始め、19日ごろ完了した

・北朝鮮イハ里ミサイル施設は、2014年ごろミサイル総合試験場として拡張された。北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星-1」を、地上発射用に改造した「北極星2型」を開発した。去年年2月12日、射程2500〜3000㎞と推定される新型長距離弾道ミサイル(IRBM)である北極星2型を試験発射することに成功している。当時、移動式発射車両(TEL)によって打ち上げが行われた

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これに対し、韓国軍は「ミサイル発射中止のプロセスの一つだと見ることももちろんできる」としながらも、次のように話しています。

「廃棄された発射台の周辺の建物などはそのまま残っているので、北朝鮮の意図を断定して分析できる段階ではない」、

「北朝鮮は、TELを利用して北極星2型を発射することができると証明できたので、地上の試験発射装置は、もう必要が無くなったのだろう」

http://v.media.daum.net/v/20180607105928387

この記事を知っている私としては、トランプ大統領がここまでこの件をアピールしたのは、がっかりでした。

 

大事なお知らせですが、シンシアリーが昼ごはんを食べていません。

恨(ハン)のせいか、思いっきりいいものが食べたくなったので(笑)、ちょっと出かけてきます。

今日、大した内容も更新できなかったのに一日中付き合ってくださった読者の皆様に感謝いたします。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“「ミサイルエンジン試験場の閉鎖」について” への29件の返信

  1. トランプは自国の内政的にあせってるからね…
    朝令暮改は、会社の経営者なら問題ないんだろうけどね…
    それと、会社の経営でアメリカだから短期利益を負いすぎなんでしょうな…

    トランプ氏のアメ1stは間違いだとは思わないし、保護主義政策も間違いだと思っていませんが…
    (多分USAは鎖国でもやってける、やってけないアメへの輸出国が批判という悲鳴を上げてるだけ)

    ただ、自由貿易騒いで旗振ってた雨の方向転換はそう簡単じゃないから、長期視野じゃないといけないし、そう簡単に成果が出るわけもない。
    の割にトランプ氏の政策がちぐはぐだから余計…

    その結果の焦りからの失敗になると予想しています。
    実際、成果が有ったとは言えないしね…

  2. それに意味があるとはトランプ大統領だって
    本気で思ってないんじゃないですかね。

    半島に無関心な合衆国市民への功績アピールには
    丁度よかったってところでしょう。
    茶番にツッコミいれるだけのリテラシーが
    米マスメディアにあるかどうかが問題かと。

    本来は日本メディアや韓国メディアがアメリカに
    発信して警鐘を鳴らすべきとこなんだろうけどさ。

  3. 大山鳴動して鼠一匹ならまだマシと言えるでしょうけれども、現状は鼠どころか蟻一匹程度の成果ですね。

    これから核廃絶のロードマップ策定諸々、如何に巻き返しを図るかが重要となるんでしょうけど…、
    交渉が難航するのは必至でしょうね。

  4. お疲れ様でした。

    因みに、なにを召し上がったのかな?

    なにはともあれ、人を幸せにする要素の中に

    美味しいものは、確かにありますね。

コメントは受け付けていません。