米朝首脳会談に関して(共同声明、記者会見内容など、更新終了しました)

共同声明が公開され、トランプ氏の記者会見も近いので、正式に更新再開しました。

日韓両国のマスコミが「歴史的会談」というフレーズを連発する中、米朝首脳会談が行われ、14時42分、署名が行われました。

合意できる内容すら無いのではないか、という予測もあったので、これはこれで「思ったよりは成果といえる」かもしれません。しかし、共同声明の内容からして、あまり目新しいものはありません。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

共同声明は、「公式発表前に公開された共同声明の内容によると、トランプの大統領は、北朝鮮の安全保障を提供する公約し、金委員長は、完全な朝鮮半島の非核化について強固て揺るぎない公約を再確認した。北朝鮮は4・27南北首脳会談の合意である板門店宣言を再確認しながら、朝鮮半島の完全な非核化に向けて行動すると約束した」、となっています。

http://v.media.daum.net/v/20180612163439271?rcmd=rn

詳しくは、こうなっています。

1.米国と北朝鮮は、平和と繁栄のための両国国民の希望に応じて、新たな米朝関係を確立する。

2.米国と北朝鮮は朝鮮半島で持続的で安定的な平和体制を構築するための努力を共に行う。

3.北朝鮮は2018年4月27日の板門店宣言を再確認しながら、朝鮮半島の完全な非核化のために努力する。

4.米国と北朝鮮はすでに確認された人々の即時送還を含め、戦争捕虜と戦場失踪者の送還を約束する。

http://v.media.daum.net/v/20180612162333898

 

また、共同声明を出しておいて、共同記者会見無しに、金正恩氏は会談が終わった直後(午後2時頃)にさっさと会場から出ました。

大事なのは、両方の公約が「どのような条件で成立するのか」ですけど・・この声明文だけでは、「これといった内容は無かった」と言われても仕方ないと思います。

以下、記者会見から、気になる部分をピックアップします。

・シンガポール、ムン・ジェイン、安倍総理、習近平に感謝

・朝鮮戦争終結が見えてきた

・核を諦めて国際社会の一員になるなら、北朝鮮は繁栄するだろう

・朝鮮半島の非核化に合意した。金委員長は決意した。北朝鮮はミサイルテスト用の発射台も無くした

当分は制裁が続く

・北朝鮮は「すぐに」非核化のプロセスに入ることだろう

・韓国側の報道によると、トランプ氏は「今日はとてもむずかしい過程のはじまり」とも話した、とのことです

 

ここから記者の質問タイム

・もっと具体的なことが見えてくるまで在韓米軍の減縮は考えていない

・(なぜCVIDという表現が無いのかという質問に)「妥協などしていない。合意内容をもっとよく見てほしい」韓国側の報道では、「北朝鮮をCVID(で)検証する」となっています(下のURL)。でも、CVIDはどこにも書いていません。トランプ大統領は「他国の査察団も含めて北朝鮮の非核化を完全に検証する。これ以上完全な表現があるのか」と話していますが・・

http://v.media.daum.net/v/20180612172806984

・今回の成果は「信頼ができた」こと

・(前に北朝鮮に騙されたが今回の非核化は大丈夫なのかという質問に)「前は今のように深く入り込んだ話が無かったし、今のような信頼関係が無かった。彼は私にハッキリ言いました。私より彼が非核化に熱心かもしれません」

・(人権問題は論じたのか)「話し合いました」

・朝鮮戦争の遺骨回収の話

・金正恩をホワイトハウスに呼んだり、平壌に行ったりする。でも、それは「適切な時期が来たら」のことだ

日本人拉致問題についても提起した

・完全な非核化には時間がかかる。でも始めてしまえば難なくできるだろう

・韓米合同軍事訓練を中止する

http://v.media.daum.net/v/20180612173606300

・制裁(の解除)関連では、核問題がなんとかなったら考えてみる

(ノ∀`) 韓米軍事訓練中止は「韓国との軍事訓練にはお金がかかりすぎるよ」

・トランプ氏は、「北朝鮮がミサイルエンジンのテスト試験場を閉鎖すると言った」をかなり強調していますが・・・これについては、先週、韓国軍が「なんともいえない。発射台以外はそのままだ」とコメントしています。後で別にエントリーします。

・時間が無かった、とかいろいろ

いまのところ、北朝鮮の判定勝ち(時間稼ぎできた)、と見ていいじゃないでしょうか。ここらへんで本エントリーは終えますが、夕方過ぎでもう一つ更新します。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“米朝首脳会談に関して(共同声明、記者会見内容など、更新終了しました)” への121件の返信

  1. まあ、こんなもんでしょう。
    北朝鮮を本当に非核化するには、米軍を送り込んで常駐させるぐらいしないと無理。トランプとしてはそこまでできない。
    無理して一気に非核化するよりは、金正恩の言葉を信じて(信じたふりをして)通常の非核化プロセス(IAEA査察)をとり、時間はかかるだろうが、その間(少なくとも大統領任期中は)北朝鮮を黙らせることができる。
    「もし嘘をついたことがバレたら今度こそ攻撃するぞ」ぐらいは言ったかもしれない。金正恩は核をどこかに隠すことはできるだろうが、バレないようにしないといけないから核・ミサイル開発は凍結、米に届くICBMは未完成のまま。北朝鮮は当分の間、見かけ上核のない国となり、核を威嚇に使えなくなる。
    トランプはそれで良しと考えたのかもしれない。
    一方、金正恩は国内向けにも非核化すると言わざるをえない(実は隠してるよなんて大っぴらに言えない)から、苦しい立場に立たされるのではなかろうか?
    その代わりに日本などに多額の援助をしてもらいたいから、拉致問題は進展する可能性がある。

  2. 違反したら軍事オプションが近付くだけで北としては多少の時間稼ぎと引き換えに有利な交渉がしづらくなりますしね。
    その時間稼ぎの間に何が出来るのか?というと今の北ではたいしたことは出来ない気がします。
    アメリカはその時間稼ぎの間、中国やロシアを牽制する方に力を入れていくんじゃないでしょうか?

  3. ギリギリまで折衝してた挙げ句の共同声明のあまりのボンヤリさ加減に、実は何か裏合意でもあるんじゃないかと疑うレベル。
    でも、まるで信用できない相手と秘密の約束なんかしても意味がないだろうし。

  4. まあ、予想通りの内容でしたね。
    KEYは今後北朝鮮が実行するか。
    日本のマスコミも、そこは皆懐疑的に捉えていますね。

    拉致に関してはこれから交渉ですが、北朝鮮のことだから、何それトランプが言ったの?俺は知らん。
    と言いかねない。
    とは言え米朝の文書に日本のことを書くのもおかしい、と言えばそうだし、これからの日本の調整能力が試されますね。

    しかし、北朝鮮関係者の持っていたカメラがCANONってのが笑えた。

  5. 米朝の首脳が直接対談したことに意義がありました。
    合意内容などどうでもいいのです。黒電話は公約を守る気などさらさら無いからです。だから共同声明に出席せずに帰ったのでしょう。

    合意内容よりも、黒電話が約束を破ったらどうするか予め決めておくのが最も重要なところだと思います。

    今後は、トランプが黒電話に騙されたといつ気づくかという点。
    騙されたと知ったトランプが北朝鮮の非核化を目指すか、それとも核保有を認めてしまうかという点。
    だと思います。

  6. 国民を貧窮させ、貧困に苦しむ国民を置いて行った外国で取り巻きと行った観光は楽しかったのでしょうか。

    正直何も無さすぎて一報を読んだ時はがっかりしないでもなかったのですが、拉致問題を取り上げてくれたと言うことでトランプ大統領には感謝します。

  7. まあ、こんな会談でwktkしてた素人どもは、現実を直視しろってこったね。

  8. つまらない会談でした。型破りでないトランプ大統領は何の役にも立たないっぽい。さらに、軍事演習が挑発的でカネがかかるから止めるって何事?

    1. 相手方に対する一切の敵対行為を全面的に中止し、まずは5月1日から軍事境界線一帯で実施すると、2018年南北首脳会談に臨んだ大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の両首脳により4月27日発表された共同宣言の事項にある。

      (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

      とある。

      相手方(北朝鮮)に対する一切の敵対行為を全面的に中止ししなければ朝鮮半島の完全な非核化に向け(北朝鮮は)取り組む事は無い。

      下朝鮮を加えては対北朝鮮軍事演習は出来ない。

  9. トランプの以下の発言はなんなんだろう?
    「北朝鮮は『すぐに』非核化のプロセスに入ることだろう」
    『すぐに』と言い切る根拠は?
    北朝鮮に時間稼ぎはさせないということ?
    トランプのいつもの大口?

    共同声明の内容はぬるいのですが、
    「国内がまとまりませんし、中華さまにも顔向けできなくなりますう。共同声明はお手柔らかに願います」と日韓合意時の韓国ばりの裏土下座があったのではないかと夢見てしまいます。
    本当に共同声明がすべてだとしたら、本当にぬるすぎる……

    1. >「北朝鮮は『すぐに』非核化のプロセスに入ることだろう」
      >『すぐに』と言い切る根拠は?

      素人の推測だが、トランプが北朝鮮の主張を取り入れて朝鮮半島の非核化=在韓米軍の撤退を口約束したんじゃなかろうか
      自分が大統領の内は朝鮮半島の非核化=在韓米軍の撤退は約束できるが、大統領が変われば保障できないと、
      北朝鮮の言うとおり朝鮮半島の非核化=在韓米軍の撤退表明したから
      あんたらも俺が大統領の地位にいる間に早く核放棄しろよという事か?
      ぬるい共同声明はそんなに重要でないかも

      1. 今回の会談は茶番だったと言う人が多いですが、トランプ、ボルトン、ポンペイオが裏でかなりえぐいことをやっていて、実は成功だったんじゃないかって可能性も考えています。
        以下、希望的観測
        北から非核化の言質を取り、在韓米軍の縮小を匂わせる。そして、拉致被害者を還せば日本が経済支援してくれるよ、と囁く。このような道筋が見えているのではないかと。
        「俺は米韓軍事演習を中止する。おまえも誠意を見せろ。すぐにだ。経済制裁の解除は今後のおまえの誠意次第だ。ちなみに吐いた唾は呑ませないからな」
        (~今回の成果は「信頼ができた」こと、私より彼が非核化に熱心かもしれません」~このへんを深読みするとちと怖い)

        1. >トランプ、ボルトン、ポンペイオが裏でかなりえぐいことをやっていて、
          >拉致被害者を還せば日本が経済支援してくれるよ、と

          北が朝鮮半島の非核化=在韓米軍の撤退の条件でPVIDを受諾した後、
          韓国との統一の主導権争いの資金を日本から得るために全面的に
          拉致被害者を帰還させろよぐらいな流れ来るかな?妄想です

          1. 自分も最良のパターンとしてその可能性を考えました。
            共同声明に 朝鮮半島の非核化 とあったのがどうにも引っかかるのです。
            共同声明では北の国内、中華に向けての面子を立てつつ、実を取る。
            日韓合意の時の日本の手です。
            そして、会談の進め方をトランプは安倍総理に何度も相談しています。朝鮮人の扱い方も教えているはず。
            妄想です(笑)

    2. 相手方(北朝鮮)に対する一切の敵対行為を全面的に中止ししなければ朝鮮半島の完全な非核化に向け(北朝鮮は)取り組む事は無い。

      下朝鮮を加えては対北朝鮮軍事演習は出来ない。

      軍事演習が挑発的でカネがかかるから止める。
      北朝鮮は『すぐに』非核化のプロセスに入ることだろう
      ミサイルエンジン試験場の閉鎖

      これで多分お終い。

      何も変わらない。

      北朝鮮と下朝鮮の2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を「再確認」し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

      北朝鮮と下朝鮮の合意など無視するべき所。

      1. 残念です。
        ただ、 ミサイルエンジン試験場の閉鎖って先月の話ですよね?
        非核化のプロセスに入ることだろう
        すぐに入るだろうというのは未来の話では?

        1. 朝鮮人に不得意なところがある。
          時制に関するところ。
          田嶋陽子も知能に同じ問題を持つ。

コメントは受け付けていません。