韓国地方選挙、与党の圧勝

まだ開票が終わったわけではありませんので、明日の朝には結果が少し変わっているかもしれません。でも、これからシンシアリーは明日の朝までスリープ・モードになりますので、19時40分時点の情報で更新いたします。

今日は、前から本ブログで取り上げてきた地方選挙の日でした。

特に重要なのは17ヶ所の広域自治体(ソウル、大邸、大田、釜山、仁川、光州、蔚山、世宗、京畿道、江原道、忠清北・南道、慶尚北・南道、全羅北・南道、済州道)と、国会議員再・補欠選挙12ヶ所となります。

今の所、前に噂されていた「野党の全滅」ではありませんが、与党の圧勝であることに変わりは無いようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず広域自治体ですが、「当選が有力視される(当選予想と言います)」の数で、与党14:野党2で、与党の圧勝です。もとから保守支持が強い大邸と慶尚北道で野党(自由韓国党)が優勢である、とのことです。現知事が無所属の済州道では同じ人の当選が有力視されています。

国会議員選挙では、与党10:野党1。同じく、与党の圧勝です。1ヶ所ではまだなんとも言えないとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180613180025033?s=election2018&rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20180613180026035?s=election2018&rcmd=rn

さすがは、文在寅保有国ですね(意味不明

過激な反日発言で有名だったイ・ジェミョン城南市長が、京畿道知事に当選有力とのことです

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国地方選挙、与党の圧勝” への40件の返信

  1. 北のシンパだらけになれば、保守系というか北朝鮮に都合の悪いメディアなんかは潰されるかな~

    まあ好き嫌いはあると思いますが、
    韓国に詳しい内藤陽介が米朝会談を解説してますよ
    チャンネルくらら 内藤陽介の世界を読む~米朝会談
    //www.youtube.com/watch?v=AgnAsaKyrAo

  2. 七誌さん、なんというか、他人を見下す態度、天下一品!

    韓国のみなさんには、是非
    “ 選んだのは、自分である” という事だけ
    記憶してもらいたいですね。

    今の国の有り様も誰のせいでもなく、自分達が選び、作ってきた結果ですから。

  3. まあ当然の結果だね、前々からわたしが予測していたように。
    これがどうしてこうなるのかわかんない人は、韓国ウオッチに向いてない(笑)

  4. この選挙結果で韓国人は演技じゃなくて、本気で本物のアレなんだという事が明らかになったな。

    本物のバカ相手にどうやって外交すればいいんだよ…..。

  5. 未来は金体制下に合わせて一つにまとまることです。
    そんなに時間は掛からないでしょう。
    朝鮮民主主義人民共和国です。

  6. 大統領選挙で壊滅右派が投票の25%でした。
    ケイホク、デグだけ韓国右派。済州は現職の無所属。共に民主党が在韓米軍撤退にドライブしたのに勝つなら赤く統一されます。北朝鮮軍の武力無しかもな。韓国人有権者の反共は最早二割未満。統一されデモ隊射殺あり得る。

    韓国右派が反日して北朝鮮にとって役に立つ馬鹿してたから世界15レベルから破綻国家に併合されたんだとして歴史にのりそう。

  7. どんなに日本の足を引っ張ろうとしても選挙をやれば国民に審判を下される
    日本の共産党とか、元民主野党とかが歯ぎしりしてそうです。
    「日本でも選挙で左翼圧勝になってくれたら」と。

    かつて「私には帰るべき北朝鮮が無い」と嘆いた人がいましたが、
    さしづめ、今の日本左翼は「私には仰ぐべきムンジェインがいない」ですかな。

  8. あれだけ詐欺が多いのに、選挙で不正がないとは信じられない。
    ただ、韓国は社会主義国へまっしぐらに進んでいることだけは確かですね。
    資本主義の経済を残したまま、政治が社会主義に移行する珍しい事例になりそうです。
    是非成功して欲しいものです。
    文在寅は委員長、それとも書記長になるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。