河野(洋平)氏「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」

個人的に、外務大臣である河野(太郎)氏を応援していますのでできればこんな記事は扱いたくありませんが、

「河野談話」の河野洋平氏が、「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」、「韓国に行ったのと同じぐらいの経済支援もしないといけない」と主張しました。

聯合ニュースの記事から、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<河野元長官(外務大臣)はこの日、日本都内で開かれた講演会で、日本の対北朝鮮政策と関連して「今、日本がしなければならないことは、韓半島の植民地化について「言葉もございません」と謝罪をすることだ」と強調した。

彼はまた「韓国には謝罪し、経済支援などを行ったが、北朝鮮とは国交もなくそうできていない」、「韓国と同程度の謝罪と経済支援を北朝鮮にもしなければならない」と述べた。

河野元長官はこの日、「拉致問題の解決なく、北朝鮮との国交正常化はありえない」と強調している安倍晋三総理の対北朝鮮政策にも苦言を惜しまなかった。

彼は「拉致問題というのは非常に難しく、深刻な問題」、「日本が国交を正常化することなく、植民地の問題も処理できなかった国として、ただ「(拉致被害者を)返せ、返せ」と言うだけでは、(拉致問題は)解決されない」と指摘した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180613210118050?rcmd=rn

 

記事を読んで、ある別の記事を思い出しました。これ、本にも載せたことありますが、1992年8月12日の京郷新聞の、「挺身隊蛮行を証言するためにソウルに来た吉田さん、”一人で千人以上の処女を狩った”」という記事です。

相変わらず挺身隊=慰安婦と同じ意味になっています。また、韓国では、「処女」は「結婚していない女性」という意味です。

吉田さんは「一人で千人以上処女を狩った(さらった)」、「日本政府が最後まで否認するなら天罰が下るだろう」などと主張しながら、こう話しています。

「当時日本政府が韓国人に犯した行為はナチスのユダヤ人虐殺と同じく天と人が共に怒るべき蛮行である。日本政府は1日でも早くこれを認め、補償する意味で京釜高速電鉄(の建設)費用7200億ウォンを無償提供することを提案する」

そこでなんで建設費用の話がでてくるんだ?と驚きましたが・・今日の河野洋平氏の記事もまた、なんでそこで経済支援の話が出てくるのでしょうか。「制裁緩和」を言うならまだわかりますけど(もちろん同意はしませんが)。

政治家出身の人が自分の意見を述べたことそれ自体に文句を言うつもりはありませんが、率直に、「善人のつもりでお金の話とは、見苦しいな」と思いました。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“河野(洋平)氏「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」” への59件の返信

  1. 吉田証言の慰安婦問題のシナリオを書いた黒幕に関しての推察は以前の虎ノ門ニュースでやっていましたね。大高未貴さんがレギュラーの時だったかな?

  2. 軍事オプションが存在しないという事は強制力がないという事な訳で、強制力のない国が無法な国と外交で渡り合うには韓国のように言葉の雰囲気で餌を撒いて釣りをやるしかない訳で、北朝鮮が欲しくて欲しくて仕方がないものは日本の金なんだから、こういう言葉を使うのも仕方がない。当たり前の交渉だわ。

    言うのは簡単だけど、本当にやるかどうかはべつなんだよね。

    日本の金は地下から無限に湧き出ている訳じゃないんだから。
    こういう使い方されたら大人しい日本人でもいつか内乱が起こるよ。

  3. 富と権力を独占し、自国民を餓死させ、側近を銃殺し、他国民を拉致監禁する暴力独裁者を非難せず、綺麗事を言う輩は犬に食われて死んでしまえ。
    河野太郎のアキレス筋となった河野洋平は、百害あって無益の老人となり果てた。

  4. 「所詮は金」なのはまぁアレとして、それを「言っちゃう」のが、彼等の救えないところだなぁと思いますね。自覚ないのかな?

  5. もしかしたら不勉強で無責任な善人かもしれないと思ったけど、
    いつだったか記者クラブを前に村山富市と対談した時の動画を見て
    直感でこいつらは絶対ただのクズだと確信した覚えがあります。
    思想とか歴史観とかの問題じゃなく、ただモラルが欠落している。

    それはともかく、今どき誰がどんな場所に講演に招いたのか。
    当人の主張より講演するに至った背景が遥かに気になります。
    東京都千代田区のどこで?どんな名目で?誰が聞きに来たの?
    その辺がどのメディアでも伏せられてるあたり妙に怪しいです。

  6. 拉致問題を解決するには二つしか道はないと考えています。
    1軍事的な威圧で金正恩に恐怖を感じさせる
    2経済的に追い詰めて北朝鮮はもう終わりだと金正恩に観念させる
    日本にできるのは現状では2だけです。
    河野洋平案は拉致問題解決を遠ざけるだけです。
    身代金(嫌な言い方ですが)の額を上げてしまうだけです。
    今回の米朝で北は軍事的な重圧からはとりあえず逃れましたが、経済的には状況はなんら変わっていません。ピンチは続いています。
    まだまだ圧力をかけてさらに追い込み、金正恩の方から日朝会談を提案させたいところですが、現在日本は会談開催にやや焦っているように思われます。
    これはすぐにでも北に経済支援したがっている中国、韓国、ついでにロシアの動きを気にかけているのもあるのではないかと思います。
    米朝会談はこいつら(シープームン)に経済支援再開を切り出す口実を与えてしまった点で日本にとって不都合でした。
    (会談が成功だったか失敗だったかについてはまだ判断できませんが、成功だった可能性も私は捨てておりません)

  7. 北朝鮮があーゆー国になったのは単に北の人間の統治の問題で日本に責任があるわけじゃないし、勝手に敵対して日本に被害を及ぼしているのになんで泥棒に追銭しなきゃいけないんだか。
    河野父とか鳩ポッポは「あの人はアレだから┐(‘~`;)┌ショーガナイ」という扱いなんだけど、中韓では未だ発言力があるように思われてるんですかね?

  8. 売国奴:河野洋平は、「支那傭兵」といわれ、
    台湾で、自分が搭乗していた飛行機から出なくて、
    支那共産党の教えを、守った超売国奴!
    自民党総裁で、唯一、総理大臣になれなかったカス人材!
    現在、外務大臣の息子からの臓器移植により、なんとか生存している過去のヒト!
    今は、このアホ人材の言動を持ち上げているのは、支那共産党と
    真っ赤な文在寅だけ!

          1. そっちが先だったかな。
            2000年代初頭(もしかすると 20世紀)からあるネットスラングですね。

  9. こんな父親を持って、大変だろうなあ。

    だけど、親が「トンデモ」だと、子どもが「真人間」になることも多いんです。最強の反面教師ですね。

    1. おかげで息子は中韓朝に甘い顔ができなくなっています。
      甘い顔をすると「やはり売国奴の息子だ」と致命的な突き上げを喰らいますから。

      中韓朝にも「俺は甘い顔をしたくてもできない。俺の顔も立てろ。」と言えます。実は、こういうレトリックは中韓朝はよく使います。

    1. golden ballを握られていると思う。
      昔の政治家は ハニートラップにかかりやすかったのではないかな?
      でもいいハニーなら私もトラップにかかりたい。
      トランプはいやだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。