反日エンボリ

また更新が遅くなりました。事前告知もせず、申し訳ございません。

エンボリ(앵벌이)という言葉をご存知でしょうか。他人の命令で物売りして、その金を上納する子どもたちのことです。最近はイジメ問題などで、弱い子に物売りをさせることも多く、その場合も「エンボリをさせた」と表現したりしますが、エンボリはもっと昔からいました。

私の「彼女無し歴」と同じぐらい昔のことですが、韓国では物乞いたちに子供を「レンタル」する組織がありました。そうすると、物乞いの「稼ぎ」がよくなるそうです。その赤ちゃんたちがある程度大きくなると、レンタルはできなくなり、子どもたちに物売りをさせます。幼い子がガムとかを売っていると、それはそれで「同情」を利用し、稼ぎが悪くなかったそうです。そういう子どもたちをエンボリと呼びました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さすがに最近はそんなもの無くなったと信じたいところですが・・1998年3月27日の京郷新聞から、こんな記事が確認できます。

<ガム売り組織・病院が結託・・醜悪な人身売買。赤ちゃんがエンボリとして売られている。本社取材、衝撃の現場告発>という見出しの記事で、赤ちゃんが「ソウル駅の周辺などで300万ウォンで取引されている」「専門斡旋者が別にいて、上金(プレミアム)もらって再び売ることも」「お金稼ぎの道具に転落」とも。

<ソウル都心で未婚母(未婚のまま出産した人)や極貧者の赤ちゃんたちが売買され「ガム売り」などお金稼ぎの道具に転落している。幼児を買い取った中年のおばさんたちは同情心を誘発するために赤ちゃんをオンプして物乞いし、赤ちゃんたちが成長してからは所謂「エンボリ」にして自分たちでお金を稼いでくるようにし、その金を搾取しているのだ・・>

98年にもあった、ということでしょうか。すると、今もあるのでしょうか。

私が知っているかぎり、毎週水曜日、日本大使館の前に、大勢のエンボリたちが集まります。

http://v.media.daum.net/v/20180627133858705

反日エンボリ、子どもたちです。「慰安婦おばあさんたちと一緒にします」「お金より真心を」「子どもたちだって知っていますこれ以上隠さないで」など、日本に抗議する内容のフレーズを手にして、デモに参加している子どもたち。

どうして誰も「子どもたちにそんなことさせるな」と言わないのか・・

「稼ぎがよくなる」からでしょうか。それとも、この子どもたちの姿もまた、「真の韓国人」だからでしょうか。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“反日エンボリ” への58件の返信

  1. 親和性の高い日本のある集団の活動も考慮すると
    「稼ぎが良い」が一番の理由と推測します。

    地域の子ども会よろしく「日当(おかし類)」が出ているのかもしれません。

  2. イベント化してるように見えますね
    _http://www.hankookilbo.com/v/e8b95182a56743eab252fe7bd5d35515

    参加すると飲物やおやつが貰えたりしてそう

  3. マルクスは著書の中で、子どもに政治教育することは百害あって一利なしだと論じている。韓国の左派はマルクスなど読まないのですね。

  4. 自分が安全な所で子供たちに万引きをさせる 万引き家族もその伝統に則った由緒正しきやり方でしょうなあ。

  5. エンポリノ・ウリナーラ、
    まるで世界的ブランドのセカンドラインみたいな響きですね。

コメントは受け付けていません。