教えてやる

映画を映画として楽しむなら、イ・スンシンが12隻で200隻に勝っても問題ありません。イ・スンシンがかわいい女の子に転生して、豊臣秀吉の末裔とラブコメディーを繰り広げても何の問題はありません。

問題は、韓国人がこれらの内容を「隠された真実」として信じてしまうことです。

2016年制に作された「鬼郷」という映画があります。10代の朝鮮の少女たちが日本軍慰安婦に連れて行かれ、性奴隷として無残な死に方をするという内容です。同年4月2日に行われた試写会で、チョ・チョンレ監督がこのように話しました。

「慰安婦の(強制連行の)証拠がないという日本の主張に腹が立つ。ここに証拠がある。この映画こそが文化的証拠だ」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2015年8月25日スポーツ朝鮮とのインタビューで、鳴梁(イ・スンシン無双の映画)のキム・ハンミン監督は映画の日本での上映を進めているとしながら、こう話しました。「日本人たちは過去をしらない。過去を知らないから反省の必要性も感じないでいるのだ。だからこういう歴史(映画)を教えてやる必要がある」。彼らにとって、この映画は歴史であり、証拠であります。この意見に反論する韓国人は、いません。いるにはいるけど、いないと書いても問題ないほど少ないのが実情です。

 

何かに似ていると思いませんか?韓民族は日本民族より偉大だ。根拠は無いけと信じる。韓国人ならこうあるべき。「韓国人ならこの映画を見ないといけない」や「この映画に文句を言うやつは韓国人ではない」など、社会的に広がる同調圧力。その時代の波及力の強い媒体(本、ネット、映画など)を通じて無差別に広がる検証されていない、しかし逆らえない、逆らいたくない偉大なる民族の姿。

私は、こう思っています。これらの作品は、韓国人にとって「もう一つの上古史(韓民族は偉大だとするトンデモ歴史観のこと)」ではないだろうか、と。すなわち、これらは、韓国の民族主義が人を所有するための道具でもあるのです。これに反論するのは、すなわち反民族行為なのです。

 

韓国が日本に対して「なぜ日本には嫌韓本が多いのか」と抗議するのも、同じ脈略です。私は、日本で「いわゆる」嫌韓本と呼ばれているものは、さすがに全てを読んでみたわけではありませんが、相応の資料を根拠にしたものであり、出版の自由のもと、読み手が判断すればいいだけのことだと思っています。しかし韓国では、「日本の嫌韓本は一方的な捏造だ」としています。「映画を証拠だと言い張る人たちにだけは言われたくない」なところですが、これは、「上古史」と「植民史観」の関係に似ています。韓国の映画は隠された真実で、日本の根拠は日本が韓国を見下すための捏造で、ただのヘイトだというのです。

特に「おしえてやる」というところが、某実験の人たちと似ている気もして・・ふっと書いてみました。

少し曇ってきた、7月の正午です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“教えてやる” への86件の返信

  1. 朝鮮に過去の記録が残っていないというのも過去の美化に一役買ってるのかもしれませんね。
    韓国人の主張に「証拠は? 根拠は?」と聞いてもまともな答えが返ってきません。最近考えるのですが、おそらくピンときてないんですよ。一次資料に一般人が触れられる日本の状況が理解できてない。彼らの主張は「ウリには著名な歴史学者がいる。その人は私やお前のような一般人じゃなくて専門家なのだ!その人が言ってるから事実!」なのでしょう。ウリの意見や権威は自分のものですから。
    日本人同士の討論で「有名な東大の先生がそう言ってるから」ということを根拠にする人間がいたら「その人が正しいという根拠は? その人はどんな本を書いてる? その人の研究が偏ってないという客観的証拠は? 仮にその人が私と同じ意見だったらお前は私に同意するわけだな?」とフルボッコですよ。

    ところで関係無いですが、シンシアリーさんの投稿はタイトルが短いものほど内容がわかりやすくて面白いです。

  2. これは「個人的な考え」ですが、政府を全く信用しない(まあそれまでの政府の在り方が問題だったことは多々ありますが)連中は、「陰謀論」に容易く引っ掛かります。
    「政府が真実を覆い隠しているから我々は真実を知らないのだ」、と。
    そういう社会では必然として「口コミ」が伝聞され、それが真実を表すこともあれば怪しげなプロパガンダが混じることもあります。
    (高麗末期にもイソンゲが王になれば食糧税がなくなるよという怪しげな歌が流行ったとか。)

    そういえば韓国では「政府が隠しているだけで本当は北朝鮮のほうが良い暮らしができている」「金正恩は本当は素晴らしい指導者だ」というのが流行っているみたいですね。
    めでたくなしめでたくなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。