謝罪と許し

韓国日報が、「人を許す条件」について記事を書きました。

記事は「上の立場の人の横暴は韓国の伝統だ」という某小説家の言葉(皮肉)を引用しながら、韓国社会では「謝罪するのも、謝罪を受けるのも、許すのも、許されるのも、韓国では本当に見つけるのが難しい」とします。

そして、最後にその謝罪や許しの条件として、こう書いています。

<・・被害者が許す用意ができるまで、続ける謝罪することがその条件だ。光州民主化運動とセウォル号惨事、Metooの犠牲者、加害者には「許しの条件」を適用しましょう。そして被害者が許す準備が整うまで、応援しよう。ホロコースト生存者にドイツがそうしたように。日本軍慰安婦及び強制労働被害生存者たちに日本がそうしないといけないのと同じように>。

http://v.media.daum.net/v/20180705180334199

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本がどうとかいうのは一方的な勘違いだから完全に論外とします(日本はもう謝罪したし、そもそも悪いこともしてない)。

この記事、最初の部分は合ってます。韓国社会では、謝罪する・謝罪を受ける、許す・許されることを見つけるのは非常に難しいです。

記者さんはその条件を提示できたと喜んでいるようですが、実は違います。謝罪しても「まだ許す用意ができていない」と、何度も謝罪を要求されてしまうこと。それもまた、韓国社会で謝罪と許しを無くした犯人の一人だからです。

韓国では、謝罪した人は「下」になります。だから、下にされたくないから自分で謝罪することはありません。逆に、他人を下に置きたいから相手を許しません。これもまた、韓国の伝統です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“謝罪と許し” への69件の返信

  1. というか許しって相手の謝罪とのバーターでも何でもないよね本来は。

    許す条件なんてもんを提示したり求めてる限りそいつが求めてるのは謝罪であってキリスト教で言う許しではないな。

    対等な立場に戻すリセットボタンではなく互いの関係を序列つける為に、自分を上位に置くために求め続けるスタートラインが朝鮮人にとっての謝罪さ。

  2. 対馬の仏像を返さない理由は、まだ謝る準備が整っていないからですか。
    許す準備ができるまで、日本は謝り続けて謝罪ポイント(賠償金)が溜まるよう努力せよ。
    盗難を謝る準備ができるまで(仏像が過去に韓国から盗まれた疑惑が解けるまで)、日本は待て。
    都合がいいですね。

    1. 仏像は返さないし仏像を奪ったことを謝罪し続けなさい。
      その状態が未来永劫続くことだけが許しの条件です。

      固有名詞を変えるだけで全てに通じるぞ!

  3. 謝罪を受け入れる気もないくせに、自分のダメなところは棚上げにして、一方的に謝罪、謝罪と要求する。これは韓国人の行動パターンを理解する上で基本ですね。

  4. この「謝罪」についてもう少し深くシンシアリーさんにお伺いしたいです。
    「謝罪」って具体的にどういうことを指すのですか?
    土下座行為についても質問です。 土下座することは上下関係で乙を認めることになり罪は許されるという認識なのでしょうか?
    韓国ドラマでよく見かけるのは土下座して謝ったのだから告訴は取り下げてくれという台詞。 
    土下座すること、膝をつくことについて朝鮮時代からの文化的背景があるのだと推測していますが、上下関係で下になることを受け入れた段階で許しが得られ、許しで罪が消えるということに繋がる認識なのでしょうか?
    事件が起きます。 加害者はおかしてしまった罪はどう贖おうとしても取り戻すことができないので罪を償うための法律があります。 被害者はどんなことをしても心情的に許せないことも多々あるでしょう。 でも社会的な制裁が実行されることで折り合いをみつけていくのが法治国家です。 許す、許さないは関係ありません。
    贖罪と謝罪は別物。 
    韓国人にとって謝罪=贖罪ということなのでしょうか?
    ここに集まる知韓さんたちには慣れ親しんだOINKな元記事ですが、韓国のことよく知らない人にとっては意味不明な記事に思いました。

    1. 頭を下げることでもなく、贖罪することでもなく、永遠に韓国の下になること。韓国人の奴隷となることです。

      韓国での謝罪はすくなくともそうなんですよ。
      そして韓国の言いつけに少しでも背けば、いままでの謝罪はすべて無になる。

      これが韓国人の主張する正しい日本のとるべき態度なんです。

      1. そして韓国人の態度に対して、日本人がとるべき態度として「日本人はそれを理解すべきなんですよ、理解しない日本人は馬鹿だ」という以外に七誌殿は答えたことがない。少なくと10年来は。私が、七誌殿を隠れ某国工作員と疑う所以。

  5. 今ほど韓国を知らない十数年前、ある韓国関連サイトで「謝罪と賠償」という言葉が飛び交っていたのには引きました。日本では「当然の謝罪」の後に「賠償」だと思っていましたが、最近は韓国流に「謝罪」はしない輩が増えて来たように思います。

  6. なんとなく、芸人みやぞんの名言を言いたくなってきた。
    「自分の機嫌は自分で取って。人に取ってもらおうとしない。」

    多くの韓国人・韓国という国はいつも他人・他国が自分たちの機嫌を取るようにと要求しますよね。
    望むだけじゃなく要求。声高に。

    *みやぞんも韓国人だ(だった?)そうですが、バイクの免許を取るまで知らなかったらしいので、「差別ニダ」という育ち方をしてこなかったのかな。

コメントは受け付けていません。