ソウル、大規模再開発・・「ソウル駅はユーラシア横断鉄道の始発・終着地に相応しくなければならない」

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が汝矣島(ヨイド)を中心とした大規模な再開発計画を発表しました。

別にやりたければやればいいだけのことですが、その「名分」が、傑作です。

韓国は北朝鮮と鉄道を繋げてユーラシアを横断する鉄道ができることを規定事実としているため、「その始発・終着地となるソウル駅に相応しい位相(韓国では「地位」「品格」のような意味)にしなければならない」というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ソウル駅を、ユーラシア横断鉄道の出発・終着地の位相にふさわしい場所に再誕生させ、ソウル駅〜龍山(ヨンサン)駅区間の鉄道も地下化するという計画も改めて強調した・・

・・ヨンサンを正しく開発するには、残留する韓米連合司令部施設を減らすべきだという点も指摘した。朴市長は「米国大使館宿舎、ドラゴンヒルホテル(※在韓米軍が休養施設としてよく利用します)には出ていってほしい」とし「より長期的には、国防部もヨンサンから出ていってくれるといいが、それは次の段階での話になるだろう」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180710111540737?rcmd=rn

 

韓国は、この鉄道にバラ色の未来を見ています。この前も、

<特に南北交流が活性化された遠くない将来には、釜山から車や電車に乗って、中国やロシアを経て欧州まで行けるようになり、日本は国運をかけて韓国に海底トンネルを作ろうと泣きついてくるだろう。海底トンネルこそ島国の孤立と疎外を破ることができる良い手段だからだ>という意見を紹介したことがあります

極めて一部の人たち、例えば韓国に亡命したイギリスの北朝鮮大使館の元公使、テ・ヨンホ氏は、この件に否定的ですが

どうえもいいけど、釜山が聞いたら「え、ソウルで終わるの?」とびっくりする話ですね(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“ソウル、大規模再開発・・「ソウル駅はユーラシア横断鉄道の始発・終着地に相応しくなければならない」” への71件の返信

  1. その前に、地下鉄からKORAILソウル駅に行く地下通路、なんとかからんのか。 小便臭い。旧ソウル駅舎前にはテロリストの銅像が建っているし、ホームレスへの無料給食場になっていて、時々カラオケ大会をやっている。ソウル駅の待合ベンチはホームレスの溜まり場だしね。
    国際列車を走らせる前に、KORAILが無賃乗車やり放題という状態をなくさないとね。あ、自動改札機は韓国製ではだめ。日本製でなければね。

  2. ”正しく開発”という言葉が笑っちゃいますね。

    ソウル駅を最初に見た時、同じ戦前に作られた東京駅と比べると貧相で、ああ~、ソウルは当時の日本の一地方都市だったんだなと実感しました。今から金をかけて超立派な駅舎を作ったところで、主要な先進国にはある100年の歴史を感じさせるターミナル駅が韓国に存在しないという現実は変わらないですね。

    ちなみに、今回の西日本の豪雨で、物流業者がフェリーに殺到しているという報道がありましたが、鉄道というのは輸送機関としては脆弱だと思うんですよね。線路のどこかが天災などで塞がると完全にストップしてしまう。途中の国に政治的に止められた場合も、打つ手がない。人は飛行機で簡単に移動できる現代において、鉄道が大陸間でそれほど大きな役割を果たすことはないと思います。儚い夢を抱いている韓国人には申し訳ないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。