ソウル、大規模再開発・・「ソウル駅はユーラシア横断鉄道の始発・終着地に相応しくなければならない」

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が汝矣島(ヨイド)を中心とした大規模な再開発計画を発表しました。

別にやりたければやればいいだけのことですが、その「名分」が、傑作です。

韓国は北朝鮮と鉄道を繋げてユーラシアを横断する鉄道ができることを規定事実としているため、「その始発・終着地となるソウル駅に相応しい位相(韓国では「地位」「品格」のような意味)にしなければならない」というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ソウル駅を、ユーラシア横断鉄道の出発・終着地の位相にふさわしい場所に再誕生させ、ソウル駅〜龍山(ヨンサン)駅区間の鉄道も地下化するという計画も改めて強調した・・

・・ヨンサンを正しく開発するには、残留する韓米連合司令部施設を減らすべきだという点も指摘した。朴市長は「米国大使館宿舎、ドラゴンヒルホテル(※在韓米軍が休養施設としてよく利用します)には出ていってほしい」とし「より長期的には、国防部もヨンサンから出ていってくれるといいが、それは次の段階での話になるだろう」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180710111540737?rcmd=rn

 

韓国は、この鉄道にバラ色の未来を見ています。この前も、

<特に南北交流が活性化された遠くない将来には、釜山から車や電車に乗って、中国やロシアを経て欧州まで行けるようになり、日本は国運をかけて韓国に海底トンネルを作ろうと泣きついてくるだろう。海底トンネルこそ島国の孤立と疎外を破ることができる良い手段だからだ>という意見を紹介したことがあります

極めて一部の人たち、例えば韓国に亡命したイギリスの北朝鮮大使館の元公使、テ・ヨンホ氏は、この件に否定的ですが

どうえもいいけど、釜山が聞いたら「え、ソウルで終わるの?」とびっくりする話ですね(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

109+

“ソウル、大規模再開発・・「ソウル駅はユーラシア横断鉄道の始発・終着地に相応しくなければならない」” への71件の返信

  1. 盲腸のような存在とはいえ大陸の一部に在ることが自慢なのかな。
    大陸鉄道?日韓トンネル?ウーン、代わりにIKKOさん出番です、何~?まぼろし~

  2. 大陸横断鉄道ができるだけで発展するならロシアの東側は非常に発展していなければおかしい
    つまり、別の要素もある

  3. わたしは飛行機で行きます。

  4. ググってみたら戦前の東京発で関釜連絡船を経て朝鮮、満州を通り欧州に至る列車の時刻表がありました
    まあロマンはありますね
    だんだん乗客の顔つきが変わってくのを見るのも興味深いでしょうね

    https://tanukida.exblog.jp/20293255/

    1. >大森さん
      林芙美子はそれでパリまで行ったようですね
      朝鮮人の欧州紀行はあるんだろうか?

    2. 日本国内でもローカル線で遠出すると、方言が順番に代わっていくのが楽しめて面白いですよ。

      「青春18」の旅。
      私は愛知から福島まででしたが…

      話が逸れました。失礼!

  5. 日本は島国であることにコンプレックスを持ち大陸に憧れを抱いている、、という設定が韓国人は大好きですね。
    せっかく天然のお堀に囲まれてるというのに、何が悲しゅうてわざわざ大金はたいて中露北朝鮮韓国と地続きにならんとイカンのか。

  6. ムン大統領も6月末のロシア訪問時(仮病の風邪でマティス・米・国防長官との韓国での会談をブッチする前)に、派手にぶち上げてましたからねえ。4系統ぐらいの路線を・・・
     っていうか、政府、KORAILと手打ちをして、ソウル駅北部の再開発をGO! したい朴元淳ソウル市長がムン大統領のユーラシア鉄道。夢のプランに乗っただけの発言では?
     
     2017年、ソウル市はソウル駅の東西?を繋ぐ高架道路を老朽化を理由に遊歩道「ソウル路7017」に転用しましたが、政府は壊して、別途作る。「ソウル路7017」として転用するなら、ソウル駅広場、旧・駅舎との接続をするべきなど、方針で対立、この為に2016年以降はソウル駅北部の再開発から政府、KORAILは手を引いてましたからね。
     もう日本人観光客の爆増は無いんだから、ソウル駅周辺の再開発のキモ、懸案である「南大門市場」の再開発をするのも良いかもね(棒

    2017年6月7日、韓国・毎日経済によるソウル駅の分析(レコチャイ)
    ttps://www.recordchina.co.jp/b180393-s0-c20-d0124.html

    韓国語wiki :ソウル駅北部再開発事業
    서울역북부역세권개발사업
    ttps://namu.wiki/w/%EC%84%9C%EC%9A%B8%EC%97%AD%EB%B6%81%EB%B6%80%EC%97%AD%EC%84%B8%EA%B6%8C%EA%B0%9C%EB%B0%9C%EC%82%AC%EC%97%85

  7. 旧ソウル駅は辰野金吾設計でしたが一部は残ってるみたいですね
    いっそ全面破壊何故しなかったとの疑問も

    1. 朴元淳(ソウル市長)はソレ(全面破壊)をパフォーマンスとしてやりたいだけかも? 金泳三の朝鮮総督府の爆破、破壊に倣って・・・・
      ・ソウル駅・旧駅舎
      ・旧・ソウル市庁舎(現在は図書館)
      なお、新しいソウル市庁舎は図書館に襲い掛かる「津波」を模したような(日本人にとっては)下品極まりない建物

  8. うん。そのなんだ。なんでそんな島国の利をどぶに捨てるようなことをせなあかんのかと……言っても詮無いことですが。

    主眼が大使館の追い出しなのか、開発費用からの中抜きなのか景気のいい話を撒き餌に勢力拡大を目論んでるのか、言ってるうちにその気になっちゃっただけなのか分からんですが、こういう思い込みや想像にふけっちゃう所こそ積弊とか悪弊って呼ばないと駄目なんじゃなかろか。

  9. パク・ウォンスン、、、とんでもない「三文」小説を書いたもんですね。

    とはいえ私、昔から小説は好きなんです。真面目に創られたものなら。特にアイザック・アシモフやアーサー・C・クラークやスタニスワフ・レムやフィリップ・K・ディックのような、SFもの。あえてこういうジャンルの方が、フィクションをあくまで想像(妄想)モノとわりきって読むため、他人の妄想にも免疫力や突っ込み力がつき、現実的な話かそうでないかが直感できるようになります。

    いまのところ、欧州〜ソウルの直行列車の実現性は、米国の実業家イーロン・マスク氏が語る「人類の火星移住計画」よりもはるかに低そうに思えます。それに夢もないしw。

  10. ソウル発ユーラシア鉄道が開発されたときに起こること

    1) 北朝鮮に入るところで関所ができ、高額の入国料が発生。
    2) 中国に入るところで、理由もなく長期停車が予測される。
    3) 中国経由で戻ってくる貨物が途中で抜き取られている。
    4) ユーラシア鉄道での韓国人旅行者の行方不明者が増加。
    5) ユーラシア鉄道の列車は中国共産党認証しか走れない。

    1. 映画で見た場面を思い出しました。
      北の平原を走ってる時に、軍用トラックが併行して走って機銃を撃ち込み、トレインジャック。
      兵隊が銃を突き付けて乗客の腕時計とか財布を袋に集めているシーン。

    2. 6)過積載による脱線事故が多発。
      7)枕木の盗難が多発。
      8)さらばシベリア鉄道がテーマソングだが、使用料は払われない。
      9)一昨日着くはずだった列車が、明後日到着予定、で結局不着。
      10)ベルリン行きのパンダの替わりに、白黒に塗られたネコが。
      11)ルーブルから着くはずの名画が、小学生のクレヨン画に。

コメントは受け付けていません。