韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送

「安重根」のドラマ化が進んでいます。400億ウォン(約40億円)という、ドラマにしては異例の大金を注いで作っていて、キャスティングには韓流スターたちを集め、中国側から投資を受け、来年下半期(7~12月)を目処に、中国で先に放送することが決まっているとのことです。「雪国の太陽」というタイトルです(※記事には漢字表記が明らかではないので「雪」でない可能性もあります)。

<・・現在90%のキャスティングを確定し、主人公安重根役に韓流俳優を中心にキャスティング確定を控えている。撮影が開始されると、国内に散在セット場をはじめ、中国、ロシアなどのロケーション撮影など約10ヶ月に渡る事前製作に突入し、2018年下半期の中国放送を通じて、中国全域で放送する>。

http://v.media.daum.net/v/20180711113335103

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓流スターって誰のことかはわかりませんが、少なからず日本でも稼いでいる人たちも含まれているでしょう・・残念なことです。こうして「文化的証拠」がまた増えるのでしょうね。

 

そして、もう一つ面白いのは、ソース記事にも書いてありますが・・

一部の人たちが安重根が尹奉吉などに「日本に抗うと言っても暴力を使っただけじゃないか」「擁護できない狂ったテロリストにすぎない」「韓国人として恥ずかしい」という意見を表明し、韓国で問題になっています。

こうして読むと、日本側に同調する意見のようにも見えます。しかし、違います。

この意見を出した人たちは、前にお伝えした女性団体の人たちで、「男性」を嫌悪の対象にするため、偉人とされている男性たちにわざと反対意見を出しているだけです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送” への67件の返信

  1. ほぉ…
    日本がドラマ買わないと儲からないからね。
    赤字覚悟かしら。
    このドラマ買わないで欲しいけど。
    買ったテレビ局は反日企業認定だわ。

コメントは受け付けていません。