韓国、機務司(保安司令部、防諜組織)を事実上の無力化

機務司(機務司令部)・・といってもパッとしない名称ですが、元は「保安司令部」と呼ばれていた軍内部の組織です。

その名の通り保安担当で、保安と言ってもほとんどは北朝鮮のスパイ関連の業務をしていました。スパイというのは民間に入り込む場合が多いですから、どうしても民間人関連で査察(調査)を行うことが多く、良いか悪いかの評判を別にし、必要悪とされてきた組織です。

この前、この機務司が「ろうそくデモの時に戒厳令を検討するようにと文書を作成した(実際に戒厳令が発令されたわけではありません)」ことで、大統領自ら国防部長官に調査を指示した、ということをお伝えしましたが・・どうやら、事実上の「無力化」の方向でことが進みそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ハンギョレ新聞によると、国軍機務司令部の民間人査察と政治介入を厳しく禁止する条項を盛り込んだ新たな法令の制定が推進されていて、「民間人査察禁止と厳格な政治的中立」を規定とし、これを破ったときには重い処罰を受けるようにする、とのことです。また、機務司の人員も20%以上縮小し、軍内部の高位公職者を査察する場合も「大領(日本でいう大佐)以上」に限定するとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180712232605918

 

韓国でもっとも難しいのが、「政治的中立」です。左と右が入れ替わるだけですので、右が執権すると右が中立になるし、左が執権すると左が中立になります。韓国で、中立は「上に合わせろ」という意味か、それとも何もするな、という意味でしかありません。

事実上、機務司は、できることがほとんど無くなるわけです。特に、市民団体(民間人)に対しては完全に無力化します

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

99+

25 Replies to “韓国、機務司(保安司令部、防諜組織)を事実上の無力化”

  1. 日本国籍取得のお勧め、パート2です。

    韓国のスパイ組織が、大統領の支配下ですと、
    シンシアリーさんも、
    (情報部は正体を知っているとおもいますので)
    帰国をすると、親日派として、逮捕されるかもしれません。

    出版社を通じて、日本政府に「何らかの保護」を
    要請しておいた方がいいと思います。

    早めに、永住者用の「緑の日本国パスポート」を、取得して
    帰国された方がよいと思います。

  2. 妄想に支配されていない、
    人間としての良識を持っている韓国人の皆さんは、
    早めに移住した方がいいですね。

    シンシアリーさんには、日本国籍の取得をお勧めします。

コメントは受け付けていません。