「私だけが真実を知っている」

ある一枚の写真が、韓国のネットに現実という名の攻撃をしかけています。

写真は、フランスの軍事パレード。フランス革命を記念してのパレードですから、フランスではかなり重要なイベントと言えるでしょう。パリ市街で行われたとのことです。

ですが、そこに日本・フランスが外交関係を持ってから160周年ということで、自衛隊も招待されました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

画像キャプチャー:中央日報

http://v.media.daum.net/v/20180715134456085

 

普通、「あ、外国では旭日旗が何の問題にもならないんだな」とわかりそうなものですが・・・それでも、中央日報はこう書いています。

<・・フランスの刑法は、ナチスなど反人類行為犯罪を犯した集団を連想させる装飾などの着用や展示を禁じこれを破った場合の罰金に処するという内容が含まれている。ドイツナチスの象徴であるハーケンクロイツの使用は厳しく禁止しているが、同じ意味を持つ、日本の旭日旗を国家行事に堂々と持って行進するのを可能にしたという点は、日本植民地時代の被害国の事情を考慮していないと解釈される余地がある・・>。

いつものあれです。「私が間違っているのではない。世の中が知らないでいるだけだ。だから教えてやる」

そういえば、韓国で上古史などが流行ったのも、「私は間違っていない。ただ私だけが真実を知っているのだ」とする心理が大きく作用した結果であります。

しかし、このペースだと教えてやる対象の国々が多すぎる気もします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

166+

83 Replies to “「私だけが真実を知っている」”

  1. 旭日旗では無くて、「本国で災害対処するべきなのに海外旅行に興じる自衛官達」と言う記事にして、それに合わせる形で非難記事を作ればもしかしたら日本国内でも一緒に騒いでくれるかもしれませんね。

  2. 前回は2014年に3名が行進した。このときはWW1開始百年を記念して自衛隊が招待された。第一世界対戦では日本は戦勝国。中国青島のドイツ軍を攻略し4600人を捕虜にし内地に連行して5年間収容した。1919年パリ講和条約にフランスと日本は5大国の一つとして参加し共に会議をリードした。講和がなってドイツ兵捕虜は帰国する。朝鮮併合が1910年、その4年後に始まった第一世界大戦ではフランスとは南太平洋で共にドイツ軍と戦った戦友。

    つまりフランスは旧日本軍を旭日旗を招待したことになる。韓国は併合そのものが違法で併合はなかったものだと主張する。併合も旭日旗旧日本軍も認めて招待しているフランスに、一体何を教えると言うのだろうか。韓国人の世間世界知らずは、もう病気としか言えない。世界の迷惑、韓国

    1. ホントですね、招待しているフランスに対して「お前達は馬鹿か!」と言っているのと同じですからね。
      日本は単に招待されただけ。
      G7でもない韓国如きが、フランスに教えてやる?身の程知らずもいいとこです。
      だから世界中から嫌われるって事も、わからないんでしょうね・・・
      戦犯旗だとか言い回って、そういう言葉にやはり敏感なドイツは世界一の嫌韓国になっている要因ではないかと思っています。

  3. 日本軍の戦闘行為のあった地域であるフィリピンの軍と一緒に行進したそうですが、当事国が全く問題にしていない(当然ですが)のに何で自分たちも振っていた旗に文句をつけるのか全く理解できませんね。
    (理解したくもありませんが)

  4. 偉そうに他人に教える云々言う前に先ず韓国内で旭日旗を違法化してからにしろよと言って上げてください
    旭日旗を違法とする法が韓国国会で最終審議入りしたってニュースの後数年経ちましたが、それが成立したという話が一向に聞こえてきませんよね

    朝鮮人のクレームでデザイン変更する欧米企業にも、「韓国内ですら違法化されてない」という事実の提示が一番手っ取り早いでしょう

コメントは受け付けていません。