北朝鮮の石炭9000t、韓国で積み替え

<国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁に禁輸品目である北漢山石炭約9000tが、昨年、韓国で二度にわたって積み替えされたことが確認された。政府は関連調査を進めていることが分かった>、とのことでして。

<・・アメリカの声(VOA)放送は16日(現地時間)、安保理傘下の北朝鮮制裁委員の専門家パネルが最近公開した年次報告書を引用して、ロシアのホルムスク港からの北朝鮮産の石炭が、昨年10月2日と11日に、それぞれ仁川(インチョン)と浦項(ポハン)で積み替えされたと報じた。今年はじめの頃のレポートでは、仁川と浦項が北朝鮮産石炭の「最終目的地」と指摘されたが、今回の報告書では、「積み替え地」に変更された・・>

http://v.media.daum.net/v/20180717214749119

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

石炭の量は、約9000t、韓国の貨幣価値で約6億6千万ウォン(約6600万円)。

KBSは、<国連安全保障理事会は、昨年8月に北朝鮮制裁で北朝鮮産石炭の全面輸出禁止措置を下しており、(今回の件で)制裁違反論議が提起されています>としています。

 

韓国政府は「民間業者が不法輸入に関与した」としながら調査しているとのことですが、VOAなど海外で明らかになるまで何も発表しませんでした。

また、世界日報によると、<・・外交部当局者によると、2件のすべての情報を(政府が)入手する前に輸入申告及び申告受付が完了した。船舶が韓国に到着した直後に石炭が荷役され、結果的に、政府は北朝鮮産の石炭の国内搬入を阻止できず、その船舶も抑留・押収しなかった。問題の船舶2隻は、2月にも他の品目を載せて、韓国の港に入ってきたが、政府はその後も検索だけで、抑留しなかったことが明らかになった。外交部当局者は「2月に入港した当時には検索と調査をしたが、確かな証拠がある状況ではなかった」と釈明した・・>としています。

(URLは最初のものと同じです)

http://v.media.daum.net/v/20180717214749119

 

明日はちょっと留守にしますので、夕方までは更新できないと思います。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

131+

33 Replies to “北朝鮮の石炭9000t、韓国で積み替え”

  1. やっぱりね!って感じ。
    で、「民間がー」といういつもの言い訳。
    ホントいつものワンパターン。
    阿漕な民族ですね・・・

  2. これで理解すべきことは韓国はほかにも見て見ないふりもしくは見ようとしてない北朝鮮への制裁案件があると思いますね、石炭は氷山の一角でしょうね、韓国と北朝鮮は同じ穴のムジナだと思いますよ。

  3. 韓国にセカンダリー・サンクション二次的制裁を!!
    ポンペオって半島人理解している?

  4. 国連の北朝鮮制裁決議は無視するが、人権委員会は利用するダブスタね。

  5. 金正恩「一般人がやった事で、政府には関係がない」
    文在寅「一般人がやった事で、政府には関係がない」

  6. このニュースに全然驚かない自分が、
    ちょっと怖いですねw
    もうそろそろ真剣に、「北はテロリスト、南はテロ支援国家」と、日本が主張すべきだと大真面目に思っています。

コメントは受け付けていません。