BBC、韓国の盗撮問題を報道

中央日報の報道です。

<BBCの放送が韓国で起きている「盗撮犯罪」について集中報道した>、とのことでして。

<・・3日BBCのホームページには「大韓民国の隠しカメラ(South Korea’s spy cam porn epidemic)」というタイトルの記事が上がってきた。ローラビーカーBBCソウル特派員が報道したこの記事は、最近韓国で盗撮犯罪が横行しており、年6000件以上の盗撮申告が警察に受理されると伝えた・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・ビーカー特派員は「盗撮被害の80%は女性で、多くの韓国人女性は、公衆トイレを利用するとき、隠しカメラがないことを確認している。私も公衆トイレを利用するときに注意するようにアドバイスを受けた」と説明した・・

・・「昨年、韓国で6465件の盗撮関連事件が申告されて5437人が逮捕されるほど盗撮犯罪があちこちで起こっているが、このうちの2%に過ぎない119人だけが獄中にいる」とし「盗撮犯罪処罰の強度が弱い」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180803183117018?d=y

 

80%が女性・・なら20%は男性なのでしょうか。性的なもの以外にも盗撮が成立することはありますのでなんとも言えませんが、男性被害者も思ったよりは多いみたいですね。

韓国では盗撮用のカメラを「こっそり(モルーレ)+カメラ」で「モルカ(MOLKA)」と言います。韓国のポータルサイトなどで「몰카(モルカ)」で検索すると、ニュースから通販サイトまでいろいろヒットします。しかも固定式、特に公衆トイレに設置するものが多いみたいです。スマホなどで行うのではなく、専用の小さなカメラが無いとできないことですね、これは。

 

韓国の社会問題のいつものパターンですが・・「多い」よりも、「急に増える」こと。この盗撮問題も、この数年間で本当に急増しました。

記事でも指摘していますが、ちゃんと処罰しないことも問題です。しかも、その盗撮した動画がネットで見つかると、削除され、しばらくするとまたアップされるの繰り返しです。なんで「アップした人を調べる」ことをしないのか、疑問ですね。ネットでは、「女性たちが男性を悪者にするために必要以上に騒いでいる」などの意見が多いのも、また問題です。これも男女間の「嫌悪」の一つのパターンになっているようでして。

 

あと、ここからはソース無しになりますが・・韓国では随分前から「映像しか信じない」風潮がありました。ドライブレコーダー(韓国で言うブラックボックス)は、日本よりずっと早い時期に普及しています。ブラックボックスが無い車は「え、無い?」と言われるみたいです。ドライブレコーダーが悪いという意味ではありません。韓国社会に、事故を記録しておかないと、絶対「損」をするという心理が溢れていたと言いたいだけです。

同じく、とても小さな録画装置(スパイカメラ、または小さな録音機など)もヒット商品になっていました。相手の話など信じられない、映像や録音ファイルが無いと、相手に騙される、そういう社会風潮のせいです。2015年のニュースで、これは「録音機」のことですが、SBSは「録音するのか、されるのか。私達の社会の不信の沼」と報道しています。

https://news.v.daum.net/v/20150510205107389

SBSの報道は録音機ですが・・この後「音声だけでなく映像も」という流れになって、スパイカメラが大ヒットしたわけでして。

職業として盗撮する人たちもいるでしょうけど、それらのカメラを持っている人たちが、「私もやってみるか」として盗撮に参加する場合も多いのではないか?と私は思っています。手元にスパイカメラがあるから、ニュースで聞いたとおりに模倣犯罪をしやすくなるわけです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

123+

43 Replies to “BBC、韓国の盗撮問題を報道”

  1. >韓国の社会問題のいつものパターンですが・・
    >「多い」よりも、「急に増える」こと。
    >この盗撮問題も、この数年間で本当に急増しました。

    これは、まあおそらく「競争意識」と「嫉妬心」だろうと分析しますね。
    まず一つに、シンシアリーさんが書かれているように「道具が揃っている」。
    その状態でこういう事件報道を見た韓国人達は、道具も揃っているのに
    「自分もやらなければ損だ」と感じるのだと考えられます。

    多くの韓国人が持っているという「相対的剥奪感」です。
    「みんながやっているのに、自分だけやらないのは損だ」と。
    「みんながやっている」というのは韓国人達の脳内で誇大化された
    勘違いの思い込みなんですが、その思い込みに対して「競争意識」が働き、
    「嫉妬心」が生まれ、その感情に衝き動かされるように
    犯罪へと手を染めてしまう、という。

    はっきり言って、こういう系の画像ならポルノ系の動画サイトに行けば、
    いくらでも転がっているわけです。
    でも、この記事の韓国人達は、実際に犯罪に手を染めてまで、
    そういうものを求めてしまうまでに至った。

    それはつまり盗撮趣味そのものの需要人口が急激に増加したというより、
    韓国人の異常なほどの「競争意識」と「嫉妬心」が
    これほどの爆発的増加の大きな要因になったのではないかなと。

  2. あれだけ国際的に記者会見した慰安婦合意でさえ守らないのに?
    映像証拠なんか有っても一緒でしょ韓国では
    アハハハハ

コメントは受け付けていません。