経済力がー

今日の更新その2です(午後はちょっと遅れるかもしれません)。

不定期とはいえよく出てくるネタですが・・韓国人の宿泊マナーの無さに関する記事です。

引用した記事本文に「去れば終わり」という言葉があります。これはなんなのかというと・・

「なぜ日本のご飯は美味しいのか」に、韓国人のお風呂文化(?)のことで同じ趣旨を書いたことがありますが・・韓国では、温泉とかで(地元ではあまりやらないっぽいです)、こういう人をよく見かけます。

湯船で普通に浸かっていた人が、湯船から上がろうと立ち上がって、アタマ(の毛)はもちろん、別のタマの部分(の毛)まで湯船の湯でパシャパシャと洗って「あーいいね」と言いながら、出ていきます。

もうその湯には自分は入らないから、「これでいい」と思っているのでしょう。

こういう現象を韓国では「去れば終わり(떠나면 그만)」と言います。もうここには用がないから、やりたい放題やっておこう、という心理のことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本記事は、「(韓国にある)グローバルホテル」の掃除担当の人たちが、「韓国人が怖い」としながら苦情を言う内容です。外国人宿泊客も多いから、どうしても比べてしまう、というのです。その担当の人たちが韓国人なのか外国人なのかは書いてありません。

 

喫煙者なのにわざと禁煙室(喫煙室より空気が良い)を予約して、煙草を吸うこと。部屋でパーティーをやって、片付けない(セロハンテープで風船などを取り付けて壁紙を破る、カーペットにケーキを丸ごと潰したりする、酔って吐くなど)こと。いろいろと韓国人宿泊客のマナー問題が書いてありますが、特に、

<・・もっとも客のマナーを表すものが「タオル」である。使用済みのタオルをどこにどのように置くのかを見ると、客のレベルを計ることができるという。

ソウルHホテルの関係者は、「韓国のお客様は、使ったタオルとバスローブを主に床に投げて置く」と述べた。一方、日本や欧州地域の宿泊客は、ほとんどが使用したタオルを浴槽の中に入れたり、洗面台の上の片側に積み上げておく。Hホテルの関係者は、「タオルを片側に集めておけば片付ける人も楽で、床においたものよりも、衛生的にいい」、「次の宿泊客のための一種の配慮であるわけだ」と語った・・>、とタオルの話を強調しています。

https://news.v.daum.net/v/20180806030107223?d=y

 

記事本文に「必要ないなら、シーツ替えをしなくていいと言うのも望ましい」という内容があります(わざわざ言わなくても、ドアノブにかけておく札があったと思います)。これは確かにそうですが、ホテルにも規則はあります。

私の経験だと、日本のビジネスホテルでのことですが、「(3泊の客がシーツ替えや掃除を要らないと言っても)2泊に1回はシーツ替えと掃除をしないといけない」規則があるそうです。もちろん私は「じゃ、お願いします」と、気持ちよく答えました。日本旅行の思い出です(遠い目

 

・・・で、プロローグが長くなりましたが、ここからが本題です。この記事、本文でこう主張しています。

「もう私たちの経済力に似合う礼節を身につけるべきではないでしょうか」。

この記事だけでなく、どうして韓国ってこう「経済力」「経済~位に相応しい」「経済力で注目される国」と、お金で何もかも決めつけるのでしょうか。

経済力の問題ではないでしょう。こういうのは。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

160+

93 Replies to “経済力がー”

  1. 先月、国民日報の記事がどういうことなのか理解できた。タイの人気観光地・プーケットで民泊を営む女性が、韓国人男性と米国人女性が宿泊した後の部屋の様子を公開した、米国人女性とは朝鮮系米国人。
    汚せるものは汚し、壊せる設備は壊し、被害額数百万円とかいうやつ。

    後を濁すことは朝鮮人のシグネチャーなんだなと

  2. 私は歌舞伎町の某カプセルホテルを月に1~2回ほど利用するのですが、そういえば韓国人らしきお客さんがバスタオルをロッカールームの床に投げ散らかしたままで出て行き「韓国ではこういうのが普通なの?」と思った記憶があります。やはりそういう習慣なんですかね?

  3. 江戸時代の日本の経済力は米国と比べたら貧弱でしたでしょう
    でも咸臨丸などで渡米した日本人は歓迎され「サムライ」などと言われたとか
    「国家の品格」との本がありましたが中国・韓国に「品」が感じられないんですよね
    台湾やタイの方がアイデンティティを保持しプライドが感じられる

  4. >「もう私たちの経済力に似合う礼節を身につけるべきではないでしょうか」。

    この先は身につけた礼節に似合う経済力になっていくと思います

  5. 「倉廩実ちて則ち礼節を知り、衣食足りて則ち栄辱を知る」
    春秋時代の言葉だそうで今なお輝く金言ですね。為政者の心構えとして、先ずは民に飯を食わせて安定させてやらんとどうにもならんわの意です。まあ、金や経済力でも言い換え可でしょうか。

    これを民の方に言っても詮無い事です。というか言っても効かないのは上手いこと食わせていないか、足りてないと感じている証左とも言えます。更に言えばものさしが日本のせいで足るを知れない常態に置かれていると思うと無茶言うな、と言う気もします。

    この状況で経済力に合わせた云々と言われても、経済力が低いから、やらかして良いに脳内変換されて余計に酷くなるんじゃなかろうか。
    それよりも何よりもあげられた例はマナーじゃなくて公衆衛生の範疇なんじゃないかと思います。

  6. 日本の道徳観で昔から、立つ鳥跡を濁さず。 日本の諺です。

  7. 韓国:去れば終わり(떠나면 그만)

    日本:立つ鳥跡を濁さず

    中国:濁っている鳥は立っている

  8. かつて豊になれば自然と礼節が身につくと米国人の受け売りをして、日本工場の中国進出を鳴り物入りで持ち上げた御用学者がいた。
    結果は、日本の臨時社員激増、中からの安い製品の雪崩込みでデフレ亢進、あげくGDPの増えた中による軍事威嚇。
    日本の学者、政治家、財界人の見通しは、太平洋戦争時の軍人並み。

    1. ごくたまに行ってみるのもいいかもよ。
      ネットだけの偏った情報で全てを判断するのは、却って危険ですよ。
      むしろ日本の為にならない可能性もある。

       相手(敵)を知り、己を知れば百戦危うからず

コメントは受け付けていません。