米国「まず核弾頭の70%をこちらに渡せ」北朝鮮「ヤダヤダヤダ」

アジア経済の報道です。韓国語表記でボックス(VOX)の記事が情報ソースだそうですが、米国が北朝鮮に「保有している核弾頭の60~70%を渡せ」と要求、北朝鮮は拒否しているとのことです。

似たような話が前にもあったけど、具体的な数値付きで記事になったのははじめてのような気がします。

<米国が北朝鮮の非核化と関連し、北朝鮮の核弾頭60〜70%を6〜8ヶ月以内に米国または第3国に引き渡すことを要求したが、北朝鮮がこれを拒否していると、米国のインターネット媒体ボックスが(8日)報道した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

核兵器の専門家は、北朝鮮が自発的に核兵器を譲渡する場合、北朝鮮の核兵器に関する多くの秘密が解けると期待した。北朝鮮の核兵器の技術水準はもちろん、数量、独自開発なのかどうかなどを知ることができるというものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20180809152143461?rcmd=rn

 

ちなみに、ポンペオ長官が北朝鮮を訪問したとき(3回目)、金正恩氏を会うことすらできなかったのも、この件で北朝鮮が強く反発したからではないのか、という推測も出ているとのことです。

数の問題よりも、記事でも指摘していますが「独自開発なのかどうか」はかなり重要なシークレットではないでしょうか。

VOXの元記事はこれ↓だと思われます。

https://www.vox.com/2018/8/8/17663746/pompeo-north-korea-nuclear-60-70

 

 

※固定表示している新書紹介エントリーですが、「目次」を追記しました。

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“米国「まず核弾頭の70%をこちらに渡せ」北朝鮮「ヤダヤダヤダ」” への48件の返信

  1. なんか馬鹿は、「戦争になるぞ♪」とか「北は会談でおしまい♪」とか予想していたみたいだけど、いまになって、「こんな事態は予想していた♪」とか恥ずかしげもなく言い出すんだよな、馬鹿だからw

  2. 何処の国が技術を提供したのか。問題ですよね。京大出身の在日朝鮮人の技術者がいると少し前に騒がれました。

  3. 「渡せ」「嫌だ」という演劇。アメリカ側も北朝鮮の阿吽の呼吸に満足していることでしょう。アメリカは中国を相手にすることに変えたようですから。
    その中国様に今になってついて行く南北朝鮮。

  4. 統一前に核手放せば一気に統一機運は無くなる。当然基地外を呼び込み統一させるには核兵器が必要だよ。皆んな知ってるから騒がない。
    さ、早よ統一しな。
    皆んな喜ぶ。

  5. どう展開するんでしょう、数字が出てくるところがいかにもトランプ流ですよ、商売で売りて買い手の交渉のようです、トランプ大統領が不可逆なんてことは言わないというのは初めからこういうバトルに持ち込むつもりだったんでしょう、60%と仮定すると双方折れ合って核弾頭の30%で折り合うんでしょうか、それともトランプがエーイ10%でいいぞおおまけにしといたるというんでしょうか、どうころんでも北朝鮮がゼロとは言えないようにトランプが仕組んだんです狡猾ですよ、日本もトランプが弱腰に見えるときこそ要注意です、良い教訓にしましょう

    1. 1個でも核を北から奪えれば、その技術がどこから来たものかは理解できるでしょう。

  6. 私はこうなることは予想してましたねw
    (ソースはない!)

    私ほどにもなると、これくらいの予想は簡単です!
    「北は核を手放さない!」んですよw
    それが生き残るための『手段』だからね!

    当然、ここに来るテメェラも、こう予測していただろうw
    誰も驚かん!w

    1. 私も、こうなることは予想してました。

      バカだからね(誰が?)

  7. なんか予想できた。
    初めての人が対峙して、自分の実績と新しい未来に対して、どう接して行けば良いのか・・・

    自分はこの分野に対しては、初心者です。(真摯に言葉を聞きます…)

    国際的に、取り敢えず「握手」するのが良いでしょう・・・と判断したのはトランプ君だけでしょう・・・

  8. うーん。
    解決する責任があるのは、第一に北朝鮮政府、第二に北朝鮮国民、第三に韓国だと思います。

    正恩の「核を撃ち込まれたくなければ金を払えに」端を発した一連の交渉で、アメリカは核を打たせない、運び出させない状況が作れれば良いわけで、極論としては今のまま経済制裁を続けていても構わないのですから。

    今のままでは困る北朝鮮や朝鮮民族としては、騙されたアメリカが悪いと言っていても状況は改善されませんし、干ばつでの不作では今年の冬には真剣に餓死者を危惧しなければならないでしょう。

    もちろん北朝鮮人の安全に責任を持つのは北朝鮮政府ですが、これでは制裁違反の密輸を韓国・中国も続けなければなりませんし、アメリカが単独で経済制裁しても、今の両国では太刀打ちできませんよ。

コメントは受け付けていません。