“議論ルームその2” への343件の返信

  1. 細胞は、より生き残る為に死ぬのかもしれないね。
    受け継ぐ何かがあって、脆弱な部分を強化した新たな遺伝子が出来たりするのかな。
    文化は、逆に脆弱なものなのかもしれない。
    細胞もそうであるように、誰もが強化版を持つわけではない。
    だとしたら、強化版を持たないものは、、、。
    そこで考えてみた!より脆弱なものが生き残れる手段が、文化になってたりしてね( ̄▽ ̄)

    あゝ、ふざけたい訳じゃないです。物凄く頭が悪いだけです。
    でも、考えるのが好きです。ちゃんとした文章に出来ないだけ(つまり馬鹿)なだけです。ごめんなさい。

    1. 進化論は環境への適合の為に変化する。との考え方ですね。
      そうすると生物強者のみ生き残るかも知れません
      でも実態は様々な環境で色んな生物が生きている(絶滅種もあるけど)

      人間の思想は古代エジプト時代からもあまり変わって無いのかなと思ってます。でもそれが人間だと認める事からスタートかなとも。

      細胞の話とも役割の話ともずれましたが
      韓国のリセット志向はあり得ないと思ってます

      1. 実は、個人的にと前置きしつつ、強者のみ生き残ると思ってないのです。
        と、いうか、どうやって弱者を残すか?を、考えての文化だと思ってたりするのです。
        生き残るヒントを残そうとするなかで、時代に合わせて少しずつ変化したりしてね。
        そこがヒントになってたりするのかななんて思ったりします。

        鍋の中身は100%入れ替わるとしても、鍋自体に染み込んだ色が厚みを増していくようなイメージです。(受験生さんの例を拝借wしかも微妙に反論っていう( ̄▽ ̄)

        1. 人間の価値観と種としての価値観は少し違うのでしょうね。

          例えば、強さという言葉一つをとっても一個体としての肉体定期な強さを想像しがちですが、寿命が短く繁殖力が強い事は進化のサイクルを早めるのに役立ちます。

          長く生きたいとすると個体の望みと反して種は短命を選択することもあります。

          「弱さを残す」事が何を意味しているかはこの先どうなるかで決まることでしょうが、それが繁栄の一端であるなら、それは弱さではなく強さなのでしょうね。

  2. 生命の寿命は解明されてません。
    なぜ細胞が死ぬのかは分かってない状態ですので生命の神秘です。
    ですので細胞の入れ替わりは現象として捉えられても説明不可な状態です。
    同じ親から生まれた兄弟が似てなかったりするのも面白いですが。

    意味を失った物の価値。遺跡等への扱いは文化だと思います
    他文化を破壊する思想もありますけどね

  3. 名前欄のリンクをご参照ください。
    >七誌さん
    >いつもはぐらかしているように的外れなことしかいわず~

    あ、私その辺で思ったことがあるんですけど、口語が不得手でだったりしません?この間、合いの手のつもりの「そうなんですか。」を疑問だけにしか受け取らなかったでしょ。

    そんで、こういった齟齬を考慮せず、確認の手間を取る努力も無く、勝手な思い込みで突っかかって行くから、何言ってんだこいつって対応されるんですよ。
    最近は甲斐が無いので、あまり言われてませんけれど「よく読みなさい」というのは同意や賛同しろという意味ではなく、読み違えている、文章の意味を取り違えているので読み直して確認しなさいという意味ですよ。

    はい、これもわかんない所があったら何かを思い込む前に、確認してくださいね。

    あと私、日本に対する要求については序列の確認じゃなくて、甲として振る舞うところをウリに見せる示威行為だと思ってるから的を得てないですよ。間違ってます。この頃は大口叩いても効かなくて尻すぼみばかりですから。

  4. 経済学は需要が存在しない状態を想定していない学問だと言われているそうです。

    社会のシステムが役割を得る、果たす、勝ち取るという部分では機能しているのに
    【役割を果たした後の役割】
    というものを想定していない為に様々な問題が起こっているんじゃないのかな。

    具体的には消費税問題。
    野党がアホ問題。
    メディアの偏向問題。
    豊洲市場移転問題。
    これは資本主義国家が持っている「役割を終えた後の役割が存在しない」という根本的欠陥が起こしてる問題なんじゃないのかな。

    •国家議員としての役割を果たした後の役割が存在しない為に起こる疑惑を捏造してでも野党の存在意義を維持したい問題。
    •閣僚としての役割を果たした後の役割が存在しない為に起こる天下り問題。
    •中ソ北からの盾という役割を果たした後の役割が存在しない為に起こっている、慰安婦問題を捏造してでも日本から資金を得たい問題。

    韓国の場合は二重三重事故、もしかしたら八重事故、九重事故が問題を更にややこしくしてるけど。

    高層ビル建築だって役割を果たした後の役割が存在しない為に取り壊さなければならない。

    「俺、こんな事を思い付いたんだよ♪」という自慢がてらに皆さんの意見を聞きたいです。
    そして、この理論を日本中に拡散したいです。
    興奮して自慢したいです。喝采して欲しいです。褒め讃えてヨシヨシしてくださいワンワン♪

    1. 目的というゴールを設定されていると達成した後に衰退するしかなくなるのでしょうね。

      一生命の寿命の様な「成長」が基本である捉え方ができる一方で、あらゆる可能性の中から適応したものだけが残っていく、永遠の陣地取りゲームのごとき種の進化の様な捉え方もできるのかな?

      「成長」と「進化」の違いと考えると、キーワードとしては「生まれ変わること」ですかね?前者にはゴール(到達点)が存在するけど、後者にはそれはありません。

      注射星人さんの仰るところの、よりミクロな部分では「成長」のモデルに近く、よりマクロな部分では「進化」のモデルに近い。どちらが良いわけでもなく摂理なのかもしれません。

      ある部分では目的設定が必要でありながら、段階的にゆっくりと存在意義そのものを更新していかなければ、死んでしまうのでしょう。

    2. >経済学は需要が存在しない状態を想定していない学問だと言われているそうです。
      実務をやってると想像出来ない感覚ですね。マーケットリサーチだシーズだと言われますから。
      存在意義は時代や技術革新により更新されていきますね。
      韓国は安保面での地政学的価値を言われますが米国から見ると(日本とは違う)価値は下がってるでしょう。グアムやアラスカから爆撃機飛ばせば良いんですから。

      直してゆくのは手間です。一気に破壊したら混乱します。韓国はそれから逃げてローソク革命とほざいてるだけにみえる

    3. 「役割を果たした後の『役割』の不存在」
      言われてみれば、
      社会科学系の学問の一般的傾向ではないか、と思い至りました。

      社会科学系で論じられる事柄は、当然の前提として「役割」がありますが、その役割を終えた後、というのは、確かに想定されていない、と思います。
      役割を終えれば、当然「その事象」は消滅する、と想定されているのか、社会科学的事象は「終わりが無い」と想定されているのか、どうなんでしょう。
      考察してみると、面白いと思います。
      失敗学とはまた別の視点ですね。

      生物学では、「細胞」が役割を終えれば「死ななければならない」という大きな、ある意味ではもっとも重要な「役割」が有ります。
      けれども、これは中高レベルの教科書に載っているのでしょうか?
      ※生物学の教科書に詳しい方、教えてください。
      「役割を果たした後の『役割』」とは、自然科学系でも、重要性はまだ認識されて日が浅いのかも知れません。

    4. 役割を終えるのは、必要がなくなったから終わったんじゃないでしょうか。
      必要が生じれば新たな役割が生じると思います。

      高層ビルは老朽化して価値がなくなったから取り壊しただけでしょ。
      高層ビルの役目を果たすというのは、もっと別の建築物が出来た時に初めて高層ビルの役目を終えたと言えると思います。
      ある高層ビルを取り壊しても、雨後の筍のごとくタワーマンションが次々に建てられているのは、高層ビルにまだ役目があるからでしょう。

  5. >日本人女性が「ネトウヨ」になるまで 自分と日本を同一視し中韓を叩く
    >2018年7月22日 11時0分 現代ビジネス

    最近の現代ビジネスの記事は凄い長文なんですよね、のしてます。
    特徴:ネトウヨ叩き・長文・セミドキュメンタリー風
    どっかの記者か編集者が陣形を変えたような感じ。
    近所にもこそ痒い人も居るんじゃなかろうか。

  6. いつも、好き好き〜〜絡みたい!って言ってる私には
    「金輪際あいてしない!」
    あなたとは絡みたくない!って人には
    「あなたは○○だ!」と、いつまでも執念深く絡む。
    何という捻くれ者なんだ〜(≧∀≦)可愛いw(あゝ、またドン引きされるのかしらw

  7. 結論ありきの論説はおもしろくありません
    以前、究極の選択や論理学でも不確定の話題もありましたが
    人間は完全じゃないしギリシャ哲学から変わらないとも思ってます
    レトリックなどは当時からありますし

    多神教のギリシャ・ローマが一神教のキリスト教に変わったのが不思議に思ってます。参考図書などご教示頂ければ幸いかとm(__)m

    1. めえ〜さん
      梅棹忠夫著「文明の生態史観」
      「今までの文化人類学は間違っていたかもしれない」という独自の推論を綴った本です。
      ただ作者の「文章を書くのがどんなに苦手でも私は言うのだ」という信念で平仮名だらけで物凄く読みづらいです。
      私は辛すぎて斜め読みしました。

      1. あ、多神教のギリシャ・ローマが一神教のキリスト教に変わった理由に該当するような推論が書かれている訳ではないです。

        この本で述べられているのは「考え方おかしいだろ」という提案であって。

        切っ掛けに一冊挙げてみただけで。

      2. タイトルからお堅い内容っぽいのに。
        うめさお・・・名前が読めなかったニダ >_<
        というかすでにお亡くなりになっているのですね・・・

      3. 「文明の生態史観」は、対東アジアを考える上では必読書ですね。
        似た思考のものではジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」。
        “世界史”の意味を考え直す岡田英弘の「世界史の誕生」など。
        あと、日本については山本七平の「日本的革命の哲学」。
        長谷川三千子の「バベルの謎 – ヤハウィストの冒険」もおもしろいですよ。

        新たな視点を提供するという意味で非常に面白いのですが、内容をどこまで信用するかはご自分で判断ください。

        ローマ帝国については、塩野七生の「ローマ人の物語」でいいのでは。”物語”ですけど。

          1. 学術書的なものでなく、頭の体操的な、読みやすさやおもしろさを主体として紹介してくれてるのでいいんじゃない?
            「ローマ人の物語」は面白かったよ。

          2. >新たな視点を提供するという意味で非常に面白いのですが、内容をどこまで信用するかはご自分で判断ください。

            ここまで書いておいたのに反応がそれか。本当に低レベルだなあ。

            全部「今までのはおかしくね」と考えた人が書いたものだから、古い思考の人には、とんでも本だよ。でも、挙げたのは、そういうとんでも本が大量に生産された中で生き残ってきたものなのだ。(長谷川さんのは微妙。)

            最初の4つは、あなたが良く言う「特ア」と日本の違いを上手く説明する。あなたのような人種差別的な説明ではなく、地理や環境に基づく合理的な説明でね。

    2. 架神恭介さんの「仁義なきキリスト教史」は、お奨めですよ。
      題名から推測できるかも知れませんが、
      キリスト教の歴史を「仁義なき戦い」に見立てていますので、読み物として面白いです。
      解説部分は、宗教史の初学者には参考になります。

      1. この辺は門外漢w

        パッと浮かんだのは

        ダン・ブラウン「ダヴィンチ・コード」

        笑われるかもw
        言わずと知れた超ベストセラーw

        1. あ、映画はダメよ。
          確か「お知りになりたいこと」は全然出てこない。
          原作には(フィクションかもしれないけど)所々、キリスト教とそれまでの多神教の融合、ナンチャラ会議(失念)、なんかの話が散りばめられてる。

      2. よかった、この方はまだ生きてる
        って何の心配してるんだウリは(つω<)
        あれ?ダンゲロスの原作者の人なんだ。あれ小説だったんだ・・・

      3. 追伸
        橋爪大三郎さんと大沢真幸さんの対談
        「不思議なキリスト教」も、読みやすくて、面白く、参考になります。

    3. >キリスト教に変わった
      基本が善悪二元論で単純なので誰にでも分かり易いことから、人口に膾炙し易かったことと、悪(と認定したもの)を排斥するのにあまり躊躇がないことから人心をまとめるのに便利だったという性質が、広くなりすぎて何かと荒れていた帝政ローマの末期とうまく合致したものかと。と、ぼんやり思ってるんですけどどこで読んだものか、これっぽっちも思い出せないので役に立たないです。

      色々と違いの有る人の集まりで、やたら反乱されてたところに他を認めない権威がハマっちゃったというか。とどめは破門の恐喝に負けたらしいテオドシウス1世ですね。

  8. 結局のところ、日本を特アの様な国にしない為に!って言って、その為に特アの人の様になれって言ってるんだよね(*´꒳`*)
    それって日本人じゃなく、特アの人になれって言ってるだけじゃん。そんなの嫌だね!
    そういう極端な思考の行き着く先は何?
    アベガーになってるアレが七誌君にとって正解?

    1. >そんなの嫌だね!
      全くです。
      かしこさがさがるし、合わない手法は長続きしないし、しくじった時に鳥頭と超合金の面の皮を持ってないと立て直しが利かないし何よりもみっともないです。

      そんでもって、実は特亜手法を良しとしている訳でもなく、自身の行いを糊塗(正当化)しようとすると結果的にこれを是とするしかないだけだったりして。そんでそれを更に糊塗しようと(以下無限ループ)

      というわけで、今日も何一つ納得のいく言い訳もなんも無かったので、やっぱり虚偽と罵詈雑言は止めて下さいねと希望しますよ、七誌さん。

      1. 注射星人さんの言う通り、
        誰も「怒っては」いません。

        呆れてるだけ。
        少し「感心してる」も混じってますね。

        「なぜ、この人は『狂ったふり』を何年間も続けていられるのだろう?理由は分からないけど、凄いエネルギーだ、そこは認めざるを得ない、迷惑だけど」ってね。

      2. はいはい。
        最悪、気持ち悪い。いただきました〜〜( ̄▽ ̄)
        そうやって悪口、罵詈雑言にしか走れないんだよね(*´꒳`*)
        みんなにもそうなれと言ってるんだよね〜。
        いくら頑張っても、日本人は朝鮮人にはならないしなれないよ。
        彼らと同じ、恨に取り憑かれながら生きたいと思う、そんな日本人は多くはないもの。

        1. ちなみに、私は七誌君が大好きだよ(*´꒳`*)
          嫌いな人には、あえて正直に嫌いとは言わないけど、好きな人には、正直に好きだ!っていうタイプなんだ〜〜(≧∀≦)テヘ

          1. あ、そう!
            それは、それこそ七誌君の自由だから仕方ないね(*´꒳`*)

  9. さて、ここまでの議論?で、

    「七誌=ありえない〇〇」

    という証明は充分ではないか、と思う。
    また彼自らこれを証明してくれたw

    論理矛盾だらけだw枚挙にいとまがないw

    これをもって「ありえない〇〇」以外、何というのだ?
    誰かご意見があれば伺いたいw

    1. 成る程ね。
      七誌さんの論法は誰かに感化されてる訳でもディベートでもなく、練られたけど印象操作戦術だったんだろうな。

      ・悪口で感情的にさせる。
      ・素人には伝わり難い書き込みは無視して暗に書き直しを求める。
      ・自身は伝わり難い例えを出して相手を消耗させる。

      これは恣意的だよ。
      こんな事を何年も続けてきて七誌さんに一体何のメリットがあったのか。

      1. もちろんそれは、どうして朝鮮のような世界になるか、どういった思想が朝鮮のような世界を作るのかを理解してもらうためです。
        日本を特アのような世界にしないために。

        在特会には賛成しないが、在特会がなにかを主張する権利は命をかけて守るというのが正しい自由。
        自由を守るために「在特会が主張することは許されない」規制するべきというのが、馬鹿の自由なんですね?
        これは有田みたいなパヨクも同様なんですよ。

        そしてこれがゆえに、特アの言論はこうなるんです。正しい言論しか許されない世界であるために。

          1. 罵り合う自由w
            罵倒する自由w

            それで「日本を特亜にしない戦い」w

            読めば読むほど、「それって特亜(のカオス)じゃんw」って思うけどね。

            そういうカオスにしないために、七誌さんのような戦いを認めるわけにはいかないw
            過去の大戦で、(最近知られるようになった)正々堂々とした戦いをした先人たちに胸を張って「日本を守ります」と言える戦いをしたいと思ってる。

            だから「在特会」のような(七誌さんのような)主張の仕方(戦法)は迷惑この上ない。
            どこが違うんだ?「違い」が私にはわからないw

        1. 七誌さん
          それはおかしいな。
          七誌さん以外の意見を次々に潰して封じて最後に 七誌さんだけが残って、それでどうやって特亜にならない訳?
          もし貴方が工作員だったなら誰が特亜のネット工作と戦うんだよ。

      2. 「練られていない」し、「悪口で感情的にさせる」作戦でもないし、
        「自身は伝わり難い例えを出して相手を消耗させる。」作戦でもないです。

        こいつはただ、文章力がない(=読解力もない)くせに自分の文章に酔ってる、「ありえない〇〇」でしかない。

        買いかぶり過ぎですw

        1. こういうのを何というか、自分で言ってましたね、

          【〇〇の一つ覚え】

          と。

          ホント、どこかの国民性と同じで、「鏡を見て悪口・罵倒してるんです」。
          全部、ブーメランで自分に帰ってきてるw

          ・(慰安婦問題、憲法などの話で)事実を言えば感情的になる。
          ・「自分だけが正しい、お前らは間違ってる、俺が教えてやる。」
          ・論理矛盾も甚だしい
          ・「受験生は(心情的には)在日の味方だ」などというレッテル張り
          書くのも面倒だw
          ね、そっくりでしょう?

  10. 「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」
    (日本国憲法21条1項)


    受験生「韓国人の悪口を言う自由はない」
    在日朝鮮人「韓国人の悪口を言う自由はない」
    パヨク「韓国人の悪口を言う自由はない」

    受験生、在日韓国人、パヨク「(七誌や在特会のような)在日韓国人の悪口を言う人々のせいでこうなったんだ!」
    (すべて他人のせい)

    ああ、受験生=在日朝鮮人なんですね、心情的には。
    わたしが欲しいのは、韓国の悪口を言う自由なんですよ。

    だから、受験生はあちら側の人なんです。そしてわたしはこういう人々に反対しているんですね。

    1. 韓国人の悪口を言う資格はない。とは、言っていない件w
      思想の自由の話じゃなくて、言論・表現の自由の話なのに、矛盾を指摘されたら思想の話に無理矢理持って行こうとして、おかしなコメしか返せてない件w
      そもそも、ここでの七誌君による日本人に対しての罵詈雑言、悪口、レッテル貼り等に対する話がスタートであるから、韓国人もヘイトも最初から関係ない件w
      自分の罵詈雑言、悪口癖を指摘されたから言い訳の為に、沖縄防衛放送や我那覇さんの例を出して、彼彼女らを自分と同じ悪口やヘイト罵詈雑言を垂れ流す集団かの如く印象操作してる件w

      普通に迷惑だと思うが?

      1. 以下引用

        (受験生)
        こういう(七誌さんのような主張をする)奴らのせいで、「ヘイトスピーチ規制法」ができたと私は思ってる。
        「在特会」みたいな奴らだ。

        1. >七誌さん
          それだけ?
          じゃ、彼らとは違うと説明すればいいんじゃないかな。
          罵倒するに足る理由があったと。

          同じだというなら、初期の活動で「問題の周知」という理由があった彼らとの差異や相手の選別の違いあたりを説明してもらわないと。

          なにより批難でも糾弾でもない単純な罵倒と同一視するのは彼らに失礼だわ。

          (やりすぎて、逆の効果がでてしまったところは否定しないヨ)

        2. 在特のやり方が行き過ぎたせい(便乗する工作員?がやってるのかもしれないが)で、本来必要なかった悪法(ヘイトスピーチ規制法)が出来た。
          出来ちゃったせいで、本来なら事実である事を、普通に主張するだけでも、規制法の名の下に縛られる羽目になった。
          自分で自分の首を締めているだけになっている。
          1番迷惑してるのは誰か?
          真面目に戦ってる人だよ!

          七誌君がやってるやり方は、後ろから撃つこと以外の何物でもないじゃんか。
          言っておくが、七誌君を工作員とも朝鮮人とも思ってないよ(*´꒳`*)
          ただ、何かの恨に取り憑かれて、戦い方を間違えてる人だと思ってるけど(私個人はね〜)

    2. まず、1点補足。
      「憲法12条」というより「13条」も提示したほうがよかったかな、と思っている。

      第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

      で、ヘイトスピーチ規制法に関して、「他人のせい」以外、何と言えばいいのだ?
      私が法案を提出したわけでもなく、国会議員として賛成したわけでもない(反対の立場だしw)

      心情的に在日の味方をすることが、あなたにとって「悪」かもわからんが、「ヘイトスピーチをする戦法は間違っている」と言っているのだ。
      そして加えて、結果、こういう法律ができて「迷惑だ」と言っている。新たに法律を作ってまでして規制すべきではなかった、と言っている(罰則はないようだが)。

      >わたしが欲しいのは、韓国の悪口を言う自由なんですよ。

      憲法改正(改悪)、ヘイトスピーチ規制法の廃止、刑法の改正(改悪)が必要ですねw
      つまり、「その自由がない」と認めてらっしゃる?(まだ手にしていないから、「欲しい」わけだ)

      すでに「言論(表現)の自由は公共の福祉という制限があり、絶対的自由ではない」のでねw

      でも、「あなたの中の日本国憲法」では、「言論(表現)の自由は絶対的自由」なんでしょ?
      でも「ヘイト法」があるから「悪口を言う自由がない」「だから欲しい」というw
      「あなたの憲法」より、一法律が優越するのか?(普通は逆で、憲法が優越する)

      しかし、ここも一つの社会だ。「自分だけの日本国憲法」を持ち出されても迷惑だ、と言っている。

      1. 受験生「韓国人の悪口を言う自由はない」

        まあこれが、受験生の実現したい世界、と。
        そういうわけ。

        1. 同時に、「七誌が我々の悪口を言う自由はない」も付け加えてもらおうかw

          侮辱や名誉棄損は犯罪だし、迷惑防止条例にも抵触する恐れがある。
          止めてもらおうw

          1. そう、まさにそれ。
            「自分の悪口を言う権利は、完全に認められるべきだが、七誌が悪口を言う資格はない!」

            これが朝鮮人と、それと同じ思考を持った人々が実現したい世界なわけですよ。
            これがわたしの説明したいことなんですね。

            韓国がどうしていつも常に韓国化し続けるのか?
            それは人々の思想が、善悪の価値観が受験生だからなのですよ?

          2. 七誌さん……。

            後出しジャンケンはダメだよ〜〜。
            七誌さんと韓国人に必要なのは「ごめんなさい」から始める勇気ですね。

            想像するに、産まれてこのかた「ごめんなさい」を口にした事がないでしょう。

            だから優れた韓国人をプロファイリングする能力が備わってたんですよ。

            長々と議論してくれた事に感謝しますよ。

          3. 七誌さんが「ごめんなさい」を使うと、同時に韓国人をプロファイリングする特殊能力も同時に消滅してしまう。
            だから、「ごめんなさい」だけは使えなかった。

            このブログの初期はシンシアリーさんも漠然としていたし、 七誌さんは必要だった。尊敬も集めていた。
            シンシアリーさんの意見も洗練されてきて 七誌さんの役割も終わってしまった。

            「まだ褒められ足りない」
            その妄執が 七誌さんをクイズ小西化させてしまった。

            七誌さん自身もどうしてこうなったのか判らないままに。

            ドンマイです。お気の毒様でした。
            七誌さんは何も悪くないですよ。
            我々をここに集めてくれてありがとうございました。

          4. >「自分の悪口を言う権利は、完全に認められるべきだが、七誌が悪口を言う資格はない!」

            後半はその通りだが、前半(「自分の悪口を言う権利は、完全に認められるべきだ」)は言っていないぞ?

            あなたより先に、罵倒したり、罵詈雑言を並べたりはしていない。
            「ありえない馬鹿」は、あなたの発言の「引用」だ。

            どこで、
            「私にはあなたの悪口を言う資格がある」と言った(書いた)のだ??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。