“雑談ルームその2” への901件の返信

  1. 「抗う」に少し書きましたが
    「律する」「禁忌」「慣習」意味は違いますがどんなのがありました?
    食文化を中心で(笑)
    精進料理。正月は刃物を使わない。イスラム教の断食。
    秋茄子は嫁に食わすな。は違うけど

    1. ヒンズー教徒の食の禁忌
      まず、牛を食わない。
      宗派によっては、ミルクさえ飲まない。
      宗派によっては、動物性食物全部ダメ。
      「特定のカーストAのために食事を作るカーストB」が有り、Bに食事を作ってもらわないと、Aの人たちは「自分で食事を作るか、食わないでいるしかない」。

      1. >日本でも
        というので思いつくのが食べ合わせしかった。
        鰻と梅干→食べ過ぎちゃうってのがほんと食べるの好きなのねってんで好き。消化に悪いとか体を冷やすなんてのもあるけど、一緒に高級食材食べ過ぎんなが混ざったりするそうで。

        1. あ、なんか変な所に書いちゃった。
          ついでにインドのコックさんはカースト高い人が多いんですよね。食べられないから。

          そんで下の方に行くと共有することを許されなくて、水を飲むのにもそのための道具に触れられず、誰かに飲ませてもらわないとならなかったのがアウトカースト、ダリット、不可触選民ですね。禁止はされてますが未だ根強い禁忌だそうで。
          (広くて人が多いので一概に言えない)

    2. ユダヤの食物規定コーシェル、コーシャーやカルシュート
      親子丼(肉と乳)が禁忌とか、手洗いが儀式の一部だったりするやつ。実は色々うるさい。

      土曜日(安息日)に料理をせずに、なおかつ温かい食事をとるために保温調理や煮っぱなし料理が工夫されたとか。過越の祭りで出エジプトを記念して、パン焼く暇もなかったからパン種、酵母禁止とか。

      こういう普段の生活の規則で彼我の違いを強く認識してたから根強く残った気がします。

    3. 日本でも山岳修行などにおいては精進潔斎がありますね。
      肉はもちろん、魚に卵、穀類もダメだったような。
      それから病気の際の食事制限。これは遠い将来的には必要なくなる可能性もあるような気がします。
      個人的な経験では↓
      ムスリムの豚禁忌はかなり厳しい。アルコールはほんの少し緩め。
      ヒンドゥは緩い。日本にいるときは牛を食べるという人がけっこういました。

      食文化ではありませんが、マスコミの世界も禁忌等あります。
      「律する」野党議員の悪事やRホーの国籍問題、沖縄基地反対運動家の悪行などを報道すること。 
      「禁忌」在日朝鮮人の実名報道、中国の現在進行形の侵略に関する報道、その他さまざまな事実について報道すること。
      「慣習」安倍政権批判など。自分たちの希望を事実として報道する。知性ではなく流行に重きを置いて報道する。

      1. あーってなった。
        そういや、「不倫してません!」で当選したあと「不倫確定」された人ってまだ議員やってましたね。
        野党は本当に「自らを律する」事がないね。それだけ、日本という国が甘いのであろうかなと、在日特権然り、部落利権然り、「タブー」だらけで、日本ボクシング協会の会長の1時間も経たずに言ってる事が変わる感じは、知り合いの社◯党から民◯党に移ったおばさんを思い出したわ。あのまま議員辞めるベキだったわアノおばさん。

    1. ・「シリアの日本人人質からの訴え」と題したこの映像で、安田(純平)さんと推定される男性は「わたしの名前はウマルです。韓国人です。きょうの日付は2018年7月25日、とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」と語った。

      ・(リビアからの)映像には自身を韓国人だと明かす男性1人とフィリピン国籍だとする男性3人ら計4人が登場し、助けを求める様子が映っている。2分43秒ほどの映像の中で、自身を韓国人だと述べた中年男性は、英語で「大統領、どうか助けてほしい。わが祖国は韓国だ(please help me,president,our country South Korea)」と訴えた。

      ・安田氏は自己責任と言って外務省を無視して渡航
      ・リビアは日本外務省は内戦状態にあるとして渡航禁止、退避勧告がでてる国です
      なんで行くかな?

        1. 安田純平夫妻のニックネーム(の名)がツボです(*^▽^*)
          夫:ホットク
          妻:ホウチ
          「山」ー「川」じゃなくて、「ホットク(放っとく)」ー「ホウチ(放置)」か?と。

        2. この記事に解説記事を書いてる人も、名前を沢山持ってる**玲、とか香ばしい自称ジャーナリストが多いですよね。
          こうやって米国でも巻き込まれて金払って帰化人の人質を交換してますからね、納得。

  2. 『BMWに続きランボルギーニも…火を噴く韓国の輸入車』
    _http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/31/2018073103525.html
    「消防庁の火災統計によると、車両火災は年間5000件ほど起きている。」「BMWの火災件数を当初27件と発表していたが、31日になって26件に訂正した。」

    年間5000件の発生でBMWが26件で糾弾
    5000件の殆どはHyundaiやKIAでしょう
    交通事故数に車両火災数…ヘル朝鮮ですね

    1. 国の経済も「火の車」ですね。

      ===ヽ(`∀´)ノ ヒャッハー♪
      ===【ヘルCar】

  3. 日本にも北朝鮮が在ったよーだ。
    今話題の、日本ボクシング連盟終身会長「山根明」
    「終身会長」と言うだけで、何時もは信じないマスコミの言い分は90%信じられる。
    「日本ボクシング連盟」ってなんなのさ。

    1. 「日本」「戦争」「少年兵」「戦場」「送り込む」
      いずれも、意味の範囲が広すぎます。
      質問の意図を、もっと明確にしていただかないと、回答のしようが無いと思われます。

  4.  皆さんは、
    「何でも知ってる(っぽい)人の話」
    って、信用します?

    私は「唾に眉を付けて」聞き(読み)ますねw

    小学校→中学校→高校→大学(院)と進むにつれて、より専門的で狭い分野になっていきますね。逆にそうでないと専門的になれない。

    Aさんがいる。
    理系の分野で生きているらしい。
    なら、ソッチ分野の話は信頼してもよさそうだ、と思う。

    Bさんがいる。
    社会科学系分野の専門家らしい。
    なら、ソッチ分野の、、(略)

    Cさんがいる。
    理系、建築、経済、外交、法律、政治なんでも表面上、それっぽい話を書く。何でもお見通しらしいw
    全部信用できるか?私は「嘘つきだ」と思うことにしている。
    事実、「私の得意分野に関して」嘘がバレバレだw。
    定説からかけ離れた、とんでも理論なのだw
    この人が言う、「私の不得意分野の話」を、「そうなのか」と納得しながら読むことはできないw

    ここは雑談ルームw
    嘘にご用心w

    1. 私は、周囲から「物知り」だと思われることが多いです。
      実際は、雑学好きなだけですが、
      そのように思われるコツが有るとすれば、
      知らないことには「持論」を展開せず、「その分野はよく知りません」ときちんと伝えること、
      これに尽きるのだろう、と思います。

      1. 万能の天才と言えばレオナルド・ダ・ヴィンチでしょうね
        各分野で天才と称される人は居ますが複数の分野でダ・ヴィンチほどの評価を受ける人はいないでしょう
        知識人と天才は違いますし
        評論家では政治は出来ない
        スペシャリストとジェネラリスト、コンダクターは適材適所でしょうしね

      2. 己の限界を自覚すること、それをきちんと聞き手に知らせる誠意は重要ですよね。
        ジャン・バルジャンの小説の中でいちばん面白いのは「偏屈王」だと主張する人がいて、でも、実はその人はジャン・バルジャンの100以上ある作品群のうち5冊くらいしか読んでいなかったりするわけで、これは困るのですよ。
        このサイトでも韓国を世界一の性犯罪大国みたいに言う人がいますが、それは本当なのか? 韓国人は××だと決めつけすぎてはいないのか? 疑問を持ちながらコメント欄を見ることにしております。
        ※後世の人間がこのサイトのコメント欄を見たら、事実はさておき「この頃の日本人は朝鮮人に対して酷い偏見を持っていたんだな」と判断するのではないかと思います。
        自分の限界を知っている人の例では英国のマーガレット・サッチャー女史の有名な逸話がありますね。
        フォークランド紛争の際のサッチャーと軍幹部の会話。
        サッチャー「勝てますか」
        軍幹部「勝てます」
        サッチャー「(戦争を)やります」
        ※館内ガラガラでしたが、サッチャーの映画はけっこう面白かった。
        辞書を丸暗記する人も大切ですが、上手に使う人はそれ以上に大切かもしれません。
        そして、新聞紙とはなにかを聞かれたときに「お皿をくるんだり、焼き芋を包んだりするのに使う紙です」みたいなことを言う人も社会の発展には必要だと思います。

        1. コンバトラーVさんも返信してもらったんで、この間の話w

          私も「軽減(正しくは「減軽」)」と間違えたw
          コンバトラーさんも「減刑」と間違えた。

          (多分プロであろう)とろいやさんは「あ、間違えてる。でも指摘しないでおこうw」と思ったに違いないw

          で、私も間違えていると訂正した。
          ここで「バレる」わけだw

          と「その他は大体理解されている(会話が成り立つ)な。勉強している、または勉強していた人たちなのだな(現在進行形、過去完了形)」、とw。

          この場合、不快さは感じさせなかったんではないでしょうか??w
          逆に、「興味を持ってくれてうれしい」とか、「立場上、いい加減なことは書けない」なんて多分思われたwと思う。

          1. 実は私は、法律以外のある分野で「専門家レベルの知識」を持っているのですが(つまり、マニアということ)、その分野だと、気軽に「他人の間違い」をあげつらいます。

            それは「身分はアマチュアだから」という気安さが有るからでしょう。

            本来の専門分野である「法律」については、素人とおぼしき人が語句の誤用をしていても、気楽にそれを指摘することは、なるべくしないように心がけています。
            明白な間違いならば、専門家でなくても分かるだろうから、という理由で、放っておきます(減刑と軽減の場合は、そういうことです。条文だから、見れば分かる)。
            専門家でなくては気が付かなそうなのは、日頃取り扱っている得意分野以外は、きちんと調べてからじゃないと、言及しないことにしています。

            理由は二つの距離感。
            一つは時間的なもの。
            なにしろ、基礎をきちんと勉強してたのは30年以上前ですから、下手すると「この頃は、そういう言い方をするようになって」いるのかも知れないからです。

            もう一つは、その世界の広さ、いわば空間的なもの。
            法律家といっても、法律の世界は幅が広いので、自分の専門分野以外に言及するときは、今の通説・最新の判例・基本構造の変化などをおさらいしてからじゃないと。

            この構造は、どんな分野でも同じだと思います。
            専門的知識を持っていない分野の話に口を出したいときは「素人考えですが」と前置きし「専門的知識のある方がいらっしゃったら、誤りをご教示ください」で締めるのが、礼儀に適った発言の仕方ではないか、と思います。
            実際の書き込み口調としては、そこまで遜ることはないまでも、心構えとしては、ですね。

            全然知らないことに口を出して、知識の無さも論理の破綻も露呈しているのに「おれの言うことは正しい」と言い張り「お前らの方が間違っているのだ」と頑張るのって…。
            まあ、頑張るのは「表現の自由」ですが、そういう人は「表現の自由には、批判を受ける義務(他人の有する表現の自由の反射的効果)が、内在的に伴う」ことを、理解していない場合が多いようです。
            〇〇ですねえ。
            難儀・脅威・迷惑・辟易・笑止・馬鹿・愚劣・偉大
            お好きなものを、〇〇に、入れてください。

          2. >>コンバトラーVさんも返信してもらったんで、この間の話w
            ずいぶん憶測だらけの発言だな(失礼!)と思いましたが、とろいやさんの書き込みを見るにけっこういい線いってたみたいですね(笑)。

            >>〇〇ですねえ。
            一番しっくりくるのは「難儀」ですかね。

            >>全然知らないことに口を出して、~「おれの言うことは正しい」と言い張り~
            話が少し脱線しますが、私がここでコメントを読んだり書いたりしているときにいつも思うのは、自分たちは朝鮮人のなにを知っているのだろうかということ。
            朝鮮人は狭い枠の中でしか物事を考えられないとか言いながら、自分たちだってそれは同じではないかということ。
            自分だっていわゆる保守言論人たちの発言の枠内にいるだけではないかということ。
            ※上記は特定のどなたかを指しての発言ではありません。
            時代、環境、教育といった枠から抜け出して物事を見るのは難しい。
            自分は韓国の真の問題というのは(民族性も皆無とまでは言いませんが)そのほとんどが言論の自由の欠如と偏った教育から発しているのではないかと考えています。
            発端は地政学的に極めて不利な立地にあったこと。

          1. 「難儀な人」が、ブログのコメント欄に出没するだけなら、ただ「迷惑なだけ」で済むんですが…

            そういう人が権力の座につくと…
            あの「おれは原子力に詳しいんだ」は、一生許しません。

          2. R4の「2位じゃだめなんですか!」
            日本中の科学者やコンピューター関連者を唖然とさせたのは凄い(棒

          3. なんとやらに鞭打つのは忍びないのですが
            鬼籍に入ったD井T子「北朝鮮はいい国」「拉致なんかない」は許せませんね。

        2. ところで
          「ジャン・バルジャン」の「偏屈王」って、民明書房から出てるやつですよね。
          残念ながら、未読なので(笑)

          巧いですね、一枚あげましょう。
          つ「座布団」

          1. よく民明書房だとわかりましたね。最近は古書店でも民明書房関連の物はほとんど見かけなくなっているのに……。

            ジャン・バルジャン
            数多の仏文豪の中でも最高峰に位置する一人。彼の真骨頂は盗みである。若い頃はパンを盗み、仮釈放後には恩人の家から燭台を持ち出したりと、およそ文学とは関係のないことでその才能を発揮したが、その特技を文学に持ち込むことで大成した。
            アレクサンドル・デュマの作品をパクリ、さらなる傑作へと昇華させてしまった『偏屈王』は模倣文学の頂点とされている。
            デュマは『偏屈王』について「確かにこれは俺のパクリだが、こっちの方が面白い」と絶賛した。
            民明書房刊『おフランス文学の裏の顔』より
            ぼくはあまり詳しくないので、細かなことは雷電氏に訊いてください。

    2. 嘘を見破る一つの方法w

      「専門用語」の使い方だw
      身バレもいやなので、詳しく書かないがw、ある分野でお金をもらってたw(誰でもそうだろう。いわばプロだ)。

      一例を言おう(誰を嫌ってるかは誰もが知ってるだろうから)。
      「貸付損」
      という言葉w。意味は分かる。でも使わない。

      この一言で「ウソだ(この世界を知らない)」とわかるw。

      つまり、「知ったか」は簡単にばれる、というハナシだ。

      1. 集合、群、環、体は数学で使うんですが
        set,group,ring,fieldと英語では一般用語なんです
        濃度も使いますが無限の濃さを表現する場合です。(アレフはそれに使うのにあんな教団が(>_<))
        化学だとモル濃度などもあります。
        法律用語の定義はわからない(笑)
        専門用語はその世界である程度厳密に定義されてるから使いやすいですけど部外者からみたらチンプンカンプンですね
        その表現だけでは無くある程度の思想がありますから

        1. >その表現だけでは無くある程度の思想がありますから

          そう。思想や概念、そして「都合」があるw

          寿司屋で「あがり」「むらさき」「おあいそ」などと客側が使うと「いやらしさ」があるw
          「符丁」なので客側は知ってても使わないのがマナーだ。

          そこを「知ったか」で使おうとするからプロにはすぐわかるという具合。

          プロが素人さんに言う時は、お茶を「あがり」とは言わない。その気持ち悪さだ。
          (もちろん、すし職人でないので、これらは一例だけど)

      2. >受験生さん

        少し話は逸れるのだけど雑談だから許してw

        嘘とか専門職の話で、こんなことを思い出した。

        ある住宅関連の営業職の方がクレームの対応でお客さんのところに赴いて、懇切丁寧に説明しても一向に理解してもらえないという愚痴をこぼす話。ところが口下手の専門職の方(いわゆる職人さん)が、お客さんと話すと不思議とことが収まっていく。

        つまりは言葉数とか敬語の使い方とか、そんなテクニックの話ではなく、素人でもわかるような説得力があるかどうかが一番の問題なのです。(もちろんそれに応じた責任感のある対応も重要ですが…)

        対面で話していればとても良くわかりますが、文章を読んでいてもそれはよくわかります。断定できるところまでは行かないまでも、文章の「額面通り」の意味より、言葉のチョイス、会話の運び方から相手に対する善意・悪意や敬意の有無、緊張感を高低、親密度や警戒感なんかは伝わるし、伝えることができると思いますね。

        恐らく、上記のようなことも含めて、嘘とか「にわか」とかを見分けてるんでしょうね。
         

        でも、少しだけ言いたい。
        相手の素性もわからないのに、専門用語を使わなければ説明できないなんて、本当は理解の程度が深くないのではないか?とねw
         

        >「興味を持ってくれてうれしい」とか、「立場上、いい加減なことは書けない」なんて多分思われたwと思う。

        更に言えば、「この程度のことまで言ってみて、どう答えてくれるか?」というような値踏みも当然あるでしょうね。行間に込められる思いにお互いの信頼関係があれば、それすらも心地よいものなのですが…

        1. >相手の素性もわからないのに、専門用語を使わなければ説明できないなんて、本当は理解の程度が深くないのではないか?とねw

          そうそうw
          なので、寿司職人はお客に、「あがり」と言わず、お茶というと思うんです。

          客相手に「あがりどうぞ」という寿司屋は信用しないw

          でも、腕がいい(=寿司が最高に旨い)が、口が悪かったり、受け答えが武骨だったりすると(客がそれを見通すと)、どうだろう?

          「ここは、大将は無口で愛想がないけど、すしは最高なんだ」
          って、(断りを入れて)誰かを連れてったりするw(中には喧嘩して出禁になったり、客の方から足が遠のいたりする客もいたりw)
          連れていく側も、連れて行く人を選ぶはずだ。

          「とにかくうまい寿司を食いたい」という客、「気分よく寿司を食いたい(会話したり、店の雰囲気だったり)」という客、いろいろだ。

          また来たよさんの言う例では、
          クレームを入れた客にも寄るのではないか?と思う。
          (職人さんと似たようなタイプだったり)
          「こいつの言うことなら信用できる」と思われる人、思う人。いろいろだ。

          で、専門用語の話w
          「を?コイツ分かってそうだな」と思い、用語を使う場合と(話が早いからね)、「値踏み」のため書いてみる場合、ハッタリで書く場合があると思う。

          もしかしたら私がニワカで奴がプロかもわからんよw
          でも、そうなら奴から間髪入れず反論があってもよさそうだw

        2. >>クレームの対応 説得力
          これはまた難しい問題で、説得力なんか皆無でも話が片付いてしまうこともあったりするんですよね。
          人柄だったり、なんだったり。逆に口下手だからこそ信用して貰えたり。

          >>対面で話していればとても良くわかりますが、文章を読んでいてもそれはよくわかります。
          わかりますね。お恥ずかしいことですが、この掲示板でブチ切れてしまったことが一度あります。

          >>相手の素性もわからないのに、専門用語を使わなければ説明できないなんて、本当は理解の程度が深くないのではないか?とねw
          本当にわかっている人、地頭のいい人は難しいことを小学生にも簡単に説明できるなんて言いますものね。
          大昔に解剖学の先生が頭蓋骨を「とうがいこつ」と言ってから慌てて「ずがいこつ」と言い直してくれたことがありました。解剖学の世界では「とうがいこつ」と呼ぶのが普通らしいのです。素人に合わせてくれたのですね。
          ただ、理解が深いがゆえに素人にも難しい言い回しを多用してしまうことはあるとは思います。
          1自分がわかり過ぎているがゆえに相手の知識量を測り間違える。要は自分にとっては当然すぎることなので、素人にはそうではないということまで頭が回らない。
          2ある種のこだわり、この言葉を使わないと細かなニュアンスが伝わらないというある種職人的なこだわりなどもあると思います。おかげでニュアンスどころかまるで通じなくなるかもしれないのですが(笑)

          >>行間に込められる思いにお互いの信頼関係があれば、それすらも心地よいものなのですが…
          なかなか難しいですね。

          1. >せこい!せこいぞ受験生さん。
            同感、同感。
            ですが、自分も「何か貰える」と期待しそう。
            そこまでは「健全なせこさ」でしょう(笑)

        3. 補足

          営業職の人の説明で納得する客もいることでしょう。
          誰が言っても納得しない客もw
          「ただクレーム付けたい人」っているものだ。
          「何か得するのではないか?」という人だ。

          【実話】
          ある商品を通販で注文して色違いが来た。
          「色が違いますよ」
          とメールすると、「送り返してくれ」との返事。
          (まぁ、そうなるよなw)

          実は受験生は考えていたw
          ・そんな高額な商品ではないので、往復の送料で足が出るはずだ
          ・なので「色違いを了承すると、謝罪の意味で何か付属品だったり、オプションを送ってもらえたりしないだろうか?」と。

          結局、謝罪と感謝のメールで終わってしまった。
          目論見が外れたのであるw
          (色違い商品=手帳、もらえるんじゃないか?=ルーズリーフとかw)

          1. >>「ただクレーム付けたい人」っているものだ。
            神よ 願わくばわたしに「変えることのできない人」を受け入れる寛容さと「変えることのできる人」を変える説得力と両者を見分ける知恵とをさずけたまえ.

            >>実は受験生は考えていたw
            せこい! せこいぞ受験生さん!
            だがしかし、私もそのように考えるとは思う。

          2. あなたがたは、ご自分の「セコさ」を理解すべき!
            全然わかってない!
            まったくの間違いである!

            本商品は(補足の補足w)、
            傷つきやすい革で、それを売りにしてる。
            箱を開けて手に取るだけで傷ついたりする商品なんです!

            「これ、返品して他の人に売るのかなぁ?自分が頼んでこれが新品として来たら嫌だな」
            の「自抑他扶」の精神で泣く泣く色違いを了承したのだ!(茶色を注文したら黒が来たw)。
            *茶色にするか、黒にするか悩んだのは店には内緒だ!

            ここは、
            「申し訳ありません。当方のミスでした。ついては本商品のオプションでご注文されなかった◯◯を、謝罪のしるしとしてお送りいたします。
            またご利用頂けますよう、よろしくお願いします。
            今回は本当に申し訳ありませんでした」

            とするのがスジであり、人の道というものだw

  5. シンスゴはドイツでこんな事やってます。
    周りの友達にも教えてあげてください。
    ドイツ二都市で開催された「反原発とヘイトクライム」講演会 – Fact Check 福島 | ファクトチェック 福島http://fukushima.factcheck.site/life/1497

  6. お月様が綺麗です。今だと火星土星木星金星(南東、南南東、南南西、西くらい)もついてくるよ!

    1. おおー!お月様!・・・の右に輝く星は・・・あーなんだろ?
      西ぽいし、良く見えるし、金星かなー?

          1. みかげさん、火星人さんごめんなさい。

            きちんと調べましたら、28・29日は木星が月と並んだそうです。

          2. も、木星でしたか!?

            あんなにきれいに見えるものなのですね。
            星を見るこころのゆとりって大事ですね・・・

            キラキラ【月】【木星】キラキラ

               ワーイ!ヽ(`∀´)ノ スイカ買った~! ←余裕なし

      1. 火星が、6千万km以下に大接近するらしい。
        ついさっき知ったので、今晩でも見てみようと思うw

        天体望遠鏡は持っていないが、双眼鏡はある。
        どれほど見えるのか?w

        ベテルギウスの赤色超巨星?も気になる。
        「いつ爆発しても不思議でない」
        とか。
        明日、観測されたとしても、それは640年前の出来事とかw。
        ↑の「いつ」は、明日かもしれないが、1万年後かもしれないw

        人間一人、何もできない(大した話でないw)と無力感と同時に「悲観主義」から抜け出すために「星を見る」のは大事だと思うw

    2. 私も時々帰り道で夜空を見上げて、星座や月を観ることがあります。

      夜空を見上げる余裕があるかどうかは、心の余裕をみるバロメータでもあります。

      余裕がないのに気がついたら、少し夜空を見上げるようにすると、ゆとりができたような気分になります。

      台風じゃ仕方ないけど、そういう風に心がけるのはとても大事かことと思っています。

      1. 毎晩、必ず外に出て目を閉じる。
        風が当たって髪を揺らす。
        静かにしていると、沢山の音を運んでくれる。
        流れる風の音に乗って、道行く人の足音。何処かで聞いてるらしい音楽。金属の音やざわめく草木の音。
        そういうの、ただ聞いてるのが好きだったりします。
        で、気持ち良く寝るわけです(*´꒳`*)
        よだれ垂らして寝てるのは内緒だw

        1. 冬散歩すると新雪がキュキュと音を立てる
          道端の家から晩ご飯の匂いが漂う
          カレーか焼き肉か野菜炒めかなと想像し家路に
          家で雪降る音を感じる
          晩御飯は干しカレイの焼いたのでした(今なら贅沢だけど)

          暑すぎて雪がみたい
          北の大地出身です(笑)

          1. 漂ってくる夕飯の香り!
            分かる分かる、ふと通り掛りに煮物の香りでお腹がなるとかあるよね(食いしん坊万歳w

          2. 食いしん坊、ばんざーい!

            夏は雪に恋焦がれ、冬は夏の暑さを懐かしむ

            (′・ω・) つまり?
            ウリは暑さにも寒さにも弱い!(`ロ′ 😉

  7. >その程度の事は、戦後すぐにどこでも起こっていたのですけど?

    その程度とはどういう事でしょうか?これには違和感を覚えます。
    子供の見ている目の前で、母親を八つ◯きにしたりと言った蛮行がその程度の事なんでしょうか?
    また通州事件の写真等が、南京虐◯に利用されていたりするんですが。

    だからどうなのと言われれば、それまでですが。
    少なくとも匿名でコメントではなく、キチンとH Nを名乗られてはいかがでしょう。

    1. それは、失礼した。

      残忍な事件は数が多すぎて行方不明で終わってたりしますから、また、多く日本人が帰国できずに人狩りに会い女◯され◯され、子供は遊び◯されています。
      それ、全部を憎悪にしてしまうにはあまりにと思います。
      例えば、東京大空襲や大阪大空襲の様に地面をすり鉢にして、跡形もなく、一方的に焼け野原にしたものにも同じ熱量で憎悪をするには至らないのです。
      通りすがりの名無しなので、申し訳ない。

      1. そうですか、分かりました。
        憎悪ではありません。
        東京大空襲などは、広く認知されています。
        しかし、通州事件の被害者の方々は一般には知られていません。
        他にも埋もれている事は数多くあります。
        私はそう言った意味で広く周知させたかったのです。

      2. わたしは、特亜のしてきた蛮行を日本人にきちんと教育すべきだと思うんですよ。そうしなければ、特亜に対抗できないんですから。

        アメリカの蛮行は忘れることがいいと思うんですよ、アメリカは日本を憎んでいないし、アメリカを憎悪する必要もないのですから。
        事実は受け継ぐべきとは思いますが。

        1. 同意。
          特亜の蛮行は隠蔽されていますから。
          情弱な人達を覚醒させるためにも、必要だと思います。
          また陽の目を見ないと、犠牲になられた方々が浮かばれません。

    2. 特定亜細亜の蛮行を世界に知らしめるというだけでなく、そうした事件が歴史にいかに影響を与えたのかが重要ではないかと考えます。
      すなわち、なぜ日本が支那に深入りして戦争になったのか。
      世界の認識は単なる侵略ですが、実際には日本には日本なりの切実な理由があったわけで、通州事件は日本を戦争に駆り立てた切っ掛けの一つだと思われます。
      もしアメリカやイギリスが同じことをされたらどのような報復をしたか。当時なら充分な宣戦布告事由だったのでは?
      一般人が起こした残虐な事件ではなく、支那の軍隊が絡んでいたのですから。
      通州事件のそうした歴史的位置付けも重要ではないかと。

      1. 確かに歴史的位置付けが重要であるが故に、隠蔽だけでなく
        歪曲されました。
        また、当時朝鮮人が支那人に対して告げ口(工作)をしていたと、目撃者の記録があります。

        ※その頃から私は保安隊の人達があまり信用出来ないようになってまいったのです。
        行商に歩いていると日本人に出会います。
        私はTさんから言われているのであまり口をきかないようにしていました。
        すると日本人が通った後ろ姿を見ながら朝鮮人が、
        「あれは鬼だ人頃しだ、あんな奴らはいつか ぶち頃してやらねばならない」とシナ人達に言うのです。

        最初の頃はシナ人達も朝鮮人達の言うことをあまり聞きませんでしたが、何回も何回も朝鮮人がこんなことを繰り返して言うと、シナ人達の表情の中にも何か険しいものが流れるようになってまいりました。
        特に保安隊の軍人さん達がこの朝鮮人と同じ意味のことを言うようになってまいりますと、もう町の表情がすっかり変わってしまったように思えるようになりました※

        今はさすがに、ジェノサイド迄は考えられませんが…。
        否、一部にはそんな輩(精神を病んだ)もいると思います。
        日本人を貶めたいという感情は、変わらない多くの朝鮮人の性なのでしょう。

        私としては、シンさんのように日本を好きで同化する、韓国人の方は歓迎しますが、反日で無くても用日ならお断りしたいですね。
        でもどうやって見分けたら良いのか、正直分かりません。

        1. 大切なことを忘れていました。
          上記は、ねずさんこと小名木義行氏のブログからの引用で、
          「Sさんの体験談」からです

          ttp://nezu621.blog7.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。