韓国の国家人権委員会、脱北者の脱北の経緯を調査・・北朝鮮の人権問題は取り上げず

韓国の「国家人権委員会」が、例の集団脱北の人たちの入国経緯を調査すると発表しました。

集団脱北者たちは、韓国内で「朴槿恵政権によって強制につれてこられた」という主張が出ています。詳しくは過去エントリー(青い字)をお読みください。

北朝鮮は彼らを「拉致被害者」としています

このことで、「(その脱北者たちを)殺す行為だ」と主張する人がいます。いままで中国で脱北者数百人を助け出し、米国の国政演説に招待されたこともある脱北者、ジ・ソンホ氏です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・-(記者の質問)2016年の集団亡命した北朝鮮食堂従業員たちの入国経緯を調査するという国家人権委員会の決定について、ジ氏は「殺人行為と同じ」と批判しました。人権委の調査がなぜ殺人行為でしょうか。

(ジ氏の返事)「精神的苦痛を考えてみてください。「自由意思で韓国に来た」と答えると、北朝鮮にいる家族が報復されるに決まっています。北朝鮮行きを望んでいないなら、死にたい心情でしょう」

– どのようにするのが最善でしょうか。

「人権を侵害する方法で調査しないことです。脱出は険しい過程です。つかまった場合、舌を噛み切るか、毒を飲んで自殺することがよくあります。従業員12人は、自由を求めてきた貧しい人たちです。彼らを刃の上に立たせないでほしい。過去の政権を暴く手段として利用せず、政治的に苦しめないでほしいです」

– 北朝鮮の人権を話しにくい時代ですが。

「人権問題は、理念とは無関係ですが、北朝鮮の顔色だけ見ているので切ないです。活動が萎縮したのは事実です」

https://news.v.daum.net/v/20180811030222044?d=y

 

韓国の憲法では、北朝鮮も韓国の領土ということになっています。国家人権委員会なら、北朝鮮の人権問題を取り上げるべきではないでしょうか。「前の政権が強制に連れてきた脱北者」として彼らの人権のために調査すると言いつつ、実は北朝鮮の顔色を気にして脱北者たちの人権を潰しているだけ。

「ウリの人権を名分にして、ナムの人権を潰している」とでも言いましょうか。

人権は(自分を守るための)盾であるべきで、(他人を攻撃するための)剣であってはなりません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

90+

20 Replies to “韓国の国家人権委員会、脱北者の脱北の経緯を調査・・北朝鮮の人権問題は取り上げず”

  1. 『罪韓論』の中で「韓国政府としては慰安婦のおばあさんに死んでもらった方がいい。その方が象徴となり利用価値があるからだ」といったことを書れておられますが、根は一緒なのかもしれません。
    右派政権時代は北朝鮮の悪行を知らしめるために利用し、左派政権では南北統一の邪魔になるから無視する。
    人権人権といいつつも利用価値でしか判断しない。
    こういった社会では弱者どころか強者も生きずらいでしょう。いつ自分たちの利用価値が無くなるかわかりませんから。

  2. 僕が当事者なら、何も言わない、一言も話さない。自分の意志で脱北したと言えば、北朝鮮に残っている家族が高射砲の餌食になる。強制的に韓国に連れて来られたと言えば、じゃあ、北朝鮮に帰国させてあげましょうとなり、結果、自分が高射砲の餌食になる。何も話せないわな。無知な国連人権委員会なるものが無責任な発言をしていたが、糞みたいな組織だな。

  3. もう一度言う、
    朝鮮人(甲)は両班の如く振る舞い(乙は)奴婢の如く遜(へりくだ)る!

  4. 朝鮮半島の人たちが理解していないのは、おそらく「人権は自分を守る楯であるべき」ということではなくて、「人権は『だれであっても』最低限保証される最後の砦だ」ということではないでしょうか。本来、人権は乙が乙であるからこそ必要なものです。甲は人権がどうこういう以前に守ってくれる楯があるから必要ない、むしろその使用を制限されるべきものです。(まあ、日本やその他先進国の場合はそれが行き過ぎて問題が発生してますが)

    だからこの件で言えば、今は脱北者たちが「何でもいいからせめて俺たちと俺たちの縁者の人権は守ってくれ」という声を上げる権利があるはずなんでしょうが、そういう発想に至るのはむつかしいのでしょうねえ。甲になったわけではないからということで。

    結局このあたりが朝鮮半島の問題なのでしょう。日本で起きて朝鮮半島に起きないことは下克上(乙が甲に成り代わる)ではなくて一揆(乙が乙として乙の権利を甲に無理やり認めさせる)なんでしょうね。

  5. 韓国は「人権ご都合主義」に成り果てましたね。

    振り返れば、元元人権なんて存在してないように思う。
    慰安婦問題だって反日の手段でしかないし。

    今現在、脱北者の中でも金正恩に目をつけられた脱北者は、生きた心地もしないでしょう。

  6. 脱北者という危険コンテンツを前政権糾弾&北への追従材料に使う俺たちって頭いいぜイェイ!ってとこでしょうか?

  7. 日本では
    「人権」はパヨクの為に
    胡散臭い言葉に貶められました
    どれだけ言葉を卑しめれば気が済むんでしょうかねぇ

コメントは受け付けていません。