「光復節」の裏の意味

3年か4年前に旧ブログにも同じ趣旨を書いたことがありますが・・8月15日を韓国で「光復節」と呼びます。主権、民族自主、自由などの意味(記事や論文によって「主権」以外は一致しません)で「光」を取り戻せた、という意味です。

ただ、これが公式用語になったのは、1994年からです。

光復、光復節という言葉は前からありましたけど、どちらかというと「解放」が圧倒的に主流でした。政府も「815解放」という言葉を普通に使っていましたし、今でも韓国の記事では「解放」という言葉を使うこともあります。

じゃ、どうして急に「光復節」が公式になったのでしょうか。「解放」は「された」または「してもらった」もので、「光復」は「した」「自分でやった」ものだから、「解放」ではなく「光復」が正しい、という理屈です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2008年の韓国経済新聞のコラム、「光復と解放」には、こうなっています。

<・・「8月15日は、韓国が日帝から解放された日である」と「8月15日は、韓国が日本から光復した日である」。二つの文章は同じ意味ではあるが、「解放」には「される」という受動的表現が、「光復」には「する」という能動的表現が使われている・・

・・「光復」自体が奪われた主権を「買い戻す」ものであり、その使い方は「光復する」のであって「光復される」という表現は適切ではない・・

・・「光復」は「我が国が光を取り戻したこと」という意味であり、したがって、「私」を主体にして使うことができるのだ。「8月15日、我が国は光復した」と書くのが正しい・・>

http://sgsg.hankyung.com/apps.frm/news.view?nkey=5400&c1=99&c2=15

 

普通なら、こういう問題に「光復!主権!ヒャッハー」とするはずのハンギョレ新聞すらも、当時(1995年2月9日)には「光復」という言葉に疑問を提起しています。

ハンギョレ新聞「1995年は光復50週年か、解放50周年か」

・94年3月の大統領令14185号で1995年を「光復50週年」とした。政府や傘下団体の公式イベントにも光復が公式用語となった

・歴史学界の見方は違う。ほとんどの韓国史に関した著作では「815解放」となっている。815光復という言葉は見つからない

・歴史学者たちは「解放」が正しいと認識しており、その主張の中には、どうしても光復を使いたいなら48年から数えるべきではないのかという意見もある

・70年代から「解放」は左翼がよく使う言葉だという理由で光復という言葉が増えたが、公式用語ではなかった

・政府は光復を公式用語にしながら、学界に諮問を求めていない

 

じゃ、なんで急に「解放」を「光復」に、受動を能動に変えたのでしょうか?

理由が簡単です。自力でなにもできなかったからです。

1987年、憲法前文に「臨時政府の法統を継承する」という言葉が復活しました。朴正煕氏によって憲法前文から削除されましたが、やっと復活したわけです(この時点ですでに韓国は教育界を完全に左派に握られていました。これについては「朝鮮半島統一後に日本に起こること」でも論じています)。

その臨時政府史観とも無関係ではないでしょう。臨時政府は「戦って勝利を勝ち取った」ということになっていますから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

113+

43 Replies to “「光復節」の裏の意味”

  1. 開放でも光復でもどっちを使おうとかまわんが、そもそも当時の多くの朝鮮人民は日本から離れることを望んでいたのかな?
    「日帝時代」が終わってからの悲惨な歴史を見ると、そう思わざるをえない。台湾と何が違うのか?

  2. 軍人軍族合わせて24万人も志願して第二次世界大戦に参戦しといて
    開放も何もないでしょう、そのころは朝鮮の人口は2000万人ほどだったでしょうから今の日本に当てはめれば144万人規模の参戦ですから十分立派に参戦しといて独立なんて言えるわけありません、言えるわけないことを言うのが韓国人と言われればその通りですけどね

  3. そもそも、光復は造語?
    復帰や回復と言うのは気がひけるので作った言葉っぽいと思いました。

  4. >>理由が簡単です。自力でなにもできなかったからです。
    古田博司氏が著書の中で「中韓は本当の意味で日本と戦わなかったから日本を責めるのだ」と書いていますが、両政府の態度を見ていると納得できます。8月15日になる度に「謝罪が足りない」など難癖をつけるも同じですね。
    シンシアリーさんがよく「韓国は武力さえ整えば日本と戦争をしたいと思っている」と書かれていますが、日本を屈服させてやりたいと歪んだ心情が第一でしょうが、日本と戦争をしなかった(=本当の意味で日本から解放されてない)というのも大きいのかもしれません。

コメントは受け付けていません。