朴槿恵政府、日本に強硬発言して実はビビってた?

本ブログで何度かお伝えした「親日派・朴槿恵が、日本への個人賠償権が残っているかどうかの裁判日程を引き伸ばしていた」・・なことになっている件。

今日は、その「タイミング」が面白かったので、紹介します。朴槿恵大統領(詳しくは大統領府)が外交部や最高裁判所などと「裁判の延期」を話し合ったタイミングのことです。

2013年11月8日、朴槿恵氏は「退行的な発言をするいくつかの(日本の)指導者のせいで、韓国民は傷ついている。(日本と)首脳会談をしても、両国関係がさらに悪化するとしか思えない」と話し、日本との首脳会談に否定的な立場を示しました。

・・・ですが、その20日後、こんなことがあったそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・わずかその20日後、キム・ギチュン大統領秘書室長は休日であるにもかかわらずチャ・ハンソン裁判所行政処長(兼・最高裁判管)、ユン・ビョンセ外交部長官、ファン・ギョアン法務部長官を秘書室長公館に呼んで、一斉に強制徴用訴訟の裁判延期や判例変更の可能性を打診した。大統領府と最高裁のほか、徴用訴訟に関連する部署である外交部、法務部まで総動員した、関係機関合同対策会議が開かれたのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180816182603197

 

そして、その会議が、朴槿恵氏の指示によるものだった、反日発言しておいて、ビビったからだ、という流れになっています。

どのみち、日本は関係なく韓国が勝手に反日したり裁判延期したりしただけですが(笑

本当に朴槿恵氏の指示だったかどうかはわかりませんが(大統領の指示無しで出来ることではない気もします)、韓国大統領府が、反日発言の後にかなり「ビビっていた」というのは間違いないみたいです。朴槿恵氏は無数に反日発言を吐いたのに、そのたびにこうだったのでしょうか。それなら最初から言わなければよかったのに。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

130+

“朴槿恵政府、日本に強硬発言して実はビビってた?” への50件の返信

  1. ハンギョレの取材って事は、パクサモのイメージを下げたいだけでしょうね、まだクネ元大統領の写真持って太極旗集会で行進してましたから、保守派潰しのネタ(笑)

  2. 前大統領は肝が小さかった!
    しかし、現大統領は胆力がある!
    日本にも米国にも堂々と対峙する!
    ああ、なんという偉大な大統領なのか!

    ということを言いたいのかしらね。

  3. 人気取りのために反日に舵を切り、全力で突っ走りましたからね。海外に行く度毎に、相手国首脳に反日アピールの告げ口外交を展開。結果、韓国民は、外交だけは上手にやっている、外交の天才と拍手喝采でしたからね。そして、それに触発された海外の韓国系市民団体が、各地に慰安婦像を建て始めたのも、朴槿恵の功績だと思ってます。褒めているわけではありません。米日韓協力を強化しようとした米国にこっぴどく凹まされて、渋々日韓合意に同意し、国民の反感を一身に受けて、チェスンシルゲートをでっちあげられ、弾劾・逮捕拘留、今は被告の身。哀れなものですが、身から出た錆で、自業自得。これっぽっちも同情はしませんが、大統領就任後、反日ではなく、北との対決姿勢を鮮明にし、従北勢力を粛清し、米日と協力して行く姿勢を示していたらどうなったのかとは思いますね。

    1. どうだろw

      朴槿恵に「日韓合意を蹴る」選択肢はなかったのか?
      上手く安倍総理と結託して、「日本人の名誉が傷つきますよ?」などと持っていき、「日韓vs米(あくまで合意に関してのみ)」の構図にできれば、そして韓国国内の反日勢力を抑えて力を削ぎ(国策捜査など併用)、取り敢えず「日米韓の協力体制」を整える(カタチだけでも)。

      合意があるから逆に「公館前のイアンフ像撤去ができなくなった」と言えるのではないか、と思ってみたりw
      「日本に屈した」ことを強調するからね。

      朴槿恵には無理かなw

      「いまかんがえるさいりょうの?ほうほう」
      だけどねw

      韓国(朴槿恵)にとって、「日韓合意」が、ターニングポイントだったと思うw

      >反論者向け
      根拠を明示して反論してねw

  4. 最終的に米国にビビって慰安婦合意とTHAAD配備決めたんですよね
    日米の連携にビビったんでしょう

    1. これからは米国ではない、中国の時代が来ると早とちりしたのでしょうね。中国に異常に肩入れしたものの、米国の圧力に屈服して、渋々THAAD配備し、それが中国の逆鱗に触れて、経済制裁をこっぴどくやられて、米国と中国のどちらからも疎んじられるようになりましたからね。哀れなコウモリの末路ですね。

      1. 韓国人の気質に、浅はかさがありますね。
        歴史的に見て韓国人が結果的にいつも泣くような目に遭うのは、この浅はかさが原因と思われます。

        もちろん韓国人にも思慮深く優秀な人々はいますが、あの国では声が大きく押しが強くて、抜け目のない人が前面に出てくるので、そういう人々は高く評価されないのでしょう。

  5. 韓国政府内部の、司法関連部署の高官は、それなりに「国際常識、国際法、国内法、法の原則」などの知識はあったでしょう。

    それらと、「国民情緒」との擦り合わせ、無理くり整合性をとろうとした会議、と見ますけどw(結果、時間稼ぎしかできなかった)

    日本にビビった側面を否定はしませんが、逆に日本はビビらなかった。理由は、「原則を主張できる」からです。

    簡単に言えば「嘘には限界がある」からだと思います。

  6. これは残ってる判決出したりしたら国際司法裁判所に持ち込むからと、本邦から予告されているのもあるかもしれないと思うんですが、時系列ではどうなっていたかしら。

    言わなきゃ言わないで国内からの突き上げを食らいますから、そういう訳にもいかんかったんでしょうけれど、それまでの韓国の選択の結果ですから仕方ないですね。

コメントは受け付けていません。