米財務部「制裁違反の助力者たちを狙っている」と中・ロ企業に制裁・・文在大統領の立場は?

東亜日報の記事です。<米国財務省は15日(現地時間)、「海運業と北朝鮮国連安全保障理事会の制裁違反の他の助力者たちを狙う」とする題の報道資料で、国連安全保障理事会決議と米国の独自制裁を違反した中国、ロシア海運関連企業3社と1人を制裁リストにあげた。これらの企業や個人は、米国内の資産が凍結され、アメリカ人との取引も禁止される>、とのこと。

東亜日報はこの件で、「非核化より南北関係改善を優先している韓国政府を意識してのもの」という側面を指摘しています。

<・・(米財務部が15日ぶりに新しい制裁を発表したことで)何より、ムン・ジェイン大統領が光復節祝辞で南北経済協力の青写真を提示するとすぐに新規制裁を発表したものであり、非核化のない南北経済協力は不可能だというメッセージを投げたという解釈が出ている。専門家たちは、ムン大統領の経済協力構想について「信号違反」の可能性を警戒した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180817030106598?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もう少し引用しますと、

<・・トランプ大統領とよくコミュニケーションすると知られているジョン・ヘイムリ戦略国際問題研究所(CSIS)所長は、本紙とのインタビューで、「ムン・ジェイン政府は、北朝鮮に関与(engagement)するために先行しているが、トランプ政権は非核化自体のみに焦点を置き、他の方法で北朝鮮に接近している」とし「北朝鮮の非核化を外交的に解けるという期待が懐疑的に変わった現時点で、韓国政府が推進する終戦宣言が簡単に行われるとは考えていない」と述べた・・>

ジョン・ヘイムリ氏ならかなり有名な人です。もうちょっとネットで調べてみたら、日本でも2016年に「旭日大綬章」を受章したことがある、とも。

韓国「旭日ということは、親日派だ!その意見は無視!」

 

ジョン・ヘイムリ氏の言葉通りなら、米国内でも米朝首脳会談など今までの経緯をあまり評価していないことだけは間違いないようですね。でも表向きに「北朝鮮との首脳会談やっぱりダメでした(テヘッ」とも言えない状態。

そして、「そういうことだから空気読んでくれサウスコリア」としたいところなのに、韓国は「終戦宣言年内やるからな」としているわけです。米国としてはヘイムリなだけに「ヘイ、無理!」と・・(HAHAHA

 

・・・

(テヘッ

 

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

113+

“米財務部「制裁違反の助力者たちを狙っている」と中・ロ企業に制裁・・文在大統領の立場は?” への10件の返信

  1. アメリカはひょっとするとだが、南朝鮮からの米軍撤退を早めるかもしれないなぁ。なんとなくそう思う。アメリカは織り込み済みのはずで、「一応は、」喧嘩を売ってきた相手に交渉はするんだろう。ただし、交渉は成功しないな。断言しても良いと思う。
    最悪だと思われることは、朝鮮半島丸ごと敵国になること。
    可能性は十分にある。そうなれば、戦闘の最前線は我が方になるが、この時点で朝鮮半島は攻撃の矛先をアメリカではなく日本に向けてくることは間違いない。そうなれば、お主にはすまぬが、お主は敵国の人間になってしまう。覚悟は出来ているかな?考えたくはないが、可能性の1つとして十分にあり得ることだ。ま、日本も当然覚悟が必要な訳だが。
    目下の南朝鮮の関心は大国間における南朝鮮の序列であるようにも見えるのだが・・・・・ハテ?どうなんだろう。
    何れにしても北朝鮮の動き次第で文の運命も決まることは間違いない。

  2. 韓国の側には、アメリカは韓国に対しては制裁までしないだろうという見方もあるのですね。このようなときに同じ陣営でもめ事など起こさないものだということなのですが、だったらトルコのことは説明できませんよね。トルコはNATO加盟国であり、西側陣営なのです。トランプは不動産ビジネスで財を成した人物。テレビ司会者であり、政治家の経験なしで大統領になった人物。世界情勢のことなんかよく分かっていません。政治世界の常識は通用しないのですよ。

  3. >関与(engagement)するために先行しているが、
    「関与(engagement)」とは何だろ?と思って検索すると、”engagement”とは外交用語で「取り込み政策」のことなのですね。
     南北朝鮮に関する従来の用語で言うと「(北風と太陽の)太陽政策」。これはいかんよ、としっかりと釘を刺したということですね。

  4. 「他の方法で北朝鮮に接近している」さらっと述べてますが、韓国を間に挟まず直接交渉しているという事ですね。あーぁ、ハンドルを没収されちゃいましたね。

  5. トランプさんは、青瓦台は、金正恩の下部組織だと見ているんじゃないかな。

  6. 対日貿易赤字解消をテーマにした日米通商会議の進展が、その他あらゆる問題点進展のカギとなることでしょう。
    米国が日本に多大な関税をかけるか否かで、中国、ロシア、北朝鮮の運命が大きく左右されると思われます。
    特に韓国は、大きな海原で大波に揉まれている小舟の状態だと早く気づくべきです。
    運転手気取りだったかもしれませんが、実際は北朝鮮の荷物程度の存在だったということです。

  7. ( ・∇・)σ……
    こいつ~とツンツンしようとして踏みとどまった模様。

    >メッセージを投げたという解釈が
    これが妥当なら、そんな婉曲なメッセージを出さなくちゃならない程、統一について米国と話し合っていないか、意見を無視しているという事にならないだろうか。

    いやまあ、制裁の穴は塞ぐってだけの気もしますが。

  8. CSISの所長が「外交的解決への期待が懐疑的に変わった現時点」と表現したのは、かなり危険な兆候ですね。

    それはさておき、シンシアリーさんも「正しい日本のオヤジ化」が順調に進んでいるようで、何より(笑)。

コメントは受け付けていません。