韓国、映画「カウンターズ」の広報を全面中止

「日本列島をひっくり返した東京のアベンジャーズ」というフレーズとともに、しばらくの間、韓国のマスコミ記事で「偉人伝」扱いを受けていたドキュメンタリー映画があります。

「カウンターズ」という映画で、嫌韓デモを阻止する活動をしていた人たちのドキュメンタリーです。確か、映画そのものが韓国側が制作したもの(監督も韓国人)だと聞きました。

韓国側では「ヤクザ出身の男が、人権を守り差別と戦う」などと宣伝されていましたが・・・この映画の広報(広報、追加上映、インタビューなど)が全面的に中止となりました。また、記事の題によると「早期に上映を終了する」とも。

主演の男(の「元」となる人物)の「性醜行(日本で言うセクハラなど)」が明らかになったからです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本国内の嫌悪と差別デモに反対する人々の話を扱ったドキュメンタリー映画「カウンターズ>の主人公タカハシの性醜行(セクハラ)前歴が暴露された。これにより、国内で15日から上映中の映画も影響を受けることになった。

この事実が知られたのは、2017年9月3日、被害者がブログに被害事実を書いて体。この文が「カウンターズ」上映開始後にSNSを介して国内にも広がり、一部のネットユーザーがボイコットの意思を明らかにしている状況。

<カウンターズ>配給会社関係者は、「数日前にTwitterで、そのブログの記事と、知人たちの文に接した」とし「ブログの記事は、被害者本人が書いたことが確認され、カウンターズのメンバーが事件を把握するために被害者の代理人を直接会った」と明らかにした・・

 

・・問題の文は、「男の組」(嫌悪反対団体であるカウンターズの小組織)の代表ソエダ(仮名:タカハシナオキ)から受けた3年前の痴漢被害の謝罪を要求するというタイトルで掲載られ、具体的な被害の事実も書いてある。

一連の状況について、配給会社側は予定されたインタビューとポッドキャスト出演、観客との対話などのプロモーションを全面中断するなど積極的に取り組み中である。配給会社の関係者は、「すでに上映が予定されている映画館以外は、上映を拡大する計画はない」とし「内部的に対応方式について意見を調整している」と述べた・・>

https://movie.v.daum.net/v/20180830161200433

 

※記事の「タカハシ」氏はすでに故人です

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“韓国、映画「カウンターズ」の広報を全面中止” への47件の返信

  1. 元しばき隊のノイホイも日本で強姦して民事で敗訴してるし、アメリカでDV起こして逮捕状出てるのに海外逃亡してるし、しばき隊なんてろくなもんじゃない。その団体もその団体が活動してる運動に参加してる人達も類友だよ。

  2. 韓国で「ロウソク革命」の映画は作成済みなのかな?
    「国民一人一人が英雄だ!」とかで
    「光州事件」も聖なる独立運動として再度取り上げられるでしょう
    「盧武鉉の一生」が作られたらここの住人からチェックが凄そう(笑)

  3. 主人公になっている人物を韓国で英雄視する理由自体が理解できない。もともと、カウンター活動をしている団体が、そのデモ隊への暴力行為が問題となったもので暴力専門で作った組織で
    暴力事件とか恫喝や恐喝などの行動を押し付けるための組織だ
    そんな組織に加わる人間がまともな人間なわけがない
    犯罪行為で生活するようなロクデナシだよ
    そもそもカウンター団体自体、内部での集団暴行や女性への暴行
    さらには恫喝活動など、華々しい経歴のある連中だしな
    その中でも一番の屑どもを英雄とみなす方が間違っているのよ

    1. 日本人の商人を強盗殺人した凶悪犯罪者が逃走し、独立運動をして警察に追われていると嘘をついて、独立運動の英雄として祭り上げられたのと似ていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。