勇気

アリス・ウィートン氏は、看護師として働いた経験から、怒りや憎しみを捨てて心の平和を求めるべきだとする、多少は宗教的なカウンセリング本を書いた人です。韓国語版ではありますが、氏の「The Forgiveness Prescription(韓国では『許し』というタイトルです)」という本を読んでみると、こんな話が出てきます。

「人々が持っている『怖い』の中でもっとも多いのは、自分自身が拒絶されることへの恐怖です」。

「私が他人から(友人、上司などから)拒絶されたらどうしよう」と心配しすぎで、漠然な「恐怖」を作り出しているというのです。

韓国語版では「拒絶される」となっていますが、私は「拒絶される」より「嫌われる」のほうがもっと自然な訳のように思いました。

そして、それらの多くは無駄な心配にすぎないとしながら、アリス・ウィートン氏はこうアドバイスします。「Yesという返事だけを期待しすぎるより、Noという返事も受け入れられるようになりましょう」。

本はこれを、「万人から肯定だけされる自分でなくても、そんな自分を許してやろう」という趣旨で書いています。そして、そんな自分になった時、もっと多くの人生のチャンスを経験するようになるだろう、とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そのくだりに、こんなたとえ話が出てきます。「狭い洞窟だけがこの世界の全てだと仮定してみます。貴方はその洞窟の中で暮らす部族の1人だと仮定します。部族全員が、誰か1人を拒絶して「あいつを洞窟の外に出せ」と言うなら、その人は洞窟の外に追い出され、死んでしまうでしょう。そんな狭い世界なら、あなたは自分を守るために、他人から拒絶されることを恐れるのが当然かもしれません」。

もちろんこのたとえ話は、「しかし、私たちが暮らしている世界はそんなものではありません。あなたが恐れている拒絶も、実はそこまで恐れる必要が無いのです」という趣旨を伝えるためのものです。

 

アリス・ウィートンさんは何気なく書いたかもしれませんが、私はこの洞窟の話を、どうしても韓国社会と似ていると思わずにはいられません。

「なぜ謝罪しないのか」→「なぜ公開謝罪しないのか」→「なぜ謝罪に真正性が無いのか」→「それが謝罪か(そんなものは謝罪じゃない)」→「なぜ謝罪しないのか」。これは、韓国社会にある「謝罪要求」のよくあるパターンです。

日本に対しては毎日言ってますが、それほどじゃないにせよ、韓国社会の「内」でも同じです。

これは、「自分が嫌われることに耐えられない」とする韓国人の心理とも、通じているのではないでしょうか。「嫌われないために、全員が誰か1人を嫌うべきだとする」、恐ろしい洞窟です。

 

亡くなったジョン・マケイン氏が残した言葉の中に、こういうのがあります。「勇気とは、何もかも怖くないというものではない。怖くても行動できるものこそが勇気である」。

https://news.v.daum.net/v/20180902050004939?d=y

許さないのは、許される勇気が無いからではないでしょうか。誰かを自分より下にしたいと思うのは、自分のありのままの姿と向き合う勇気が無いからではないでしょうか。

「なぁに、嫌われることだってあるさ」と認めること。それを、自分自身の心への「許し」、自分への愛の表現とするなら・・・韓国・韓国人をもっとも「許せない」としているのは、その韓国・韓国人そのものだと言えるかもしれません。

たまに出てくる、シンシアリーのブログ「長い雑記」でした。

 

 

書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

別ページになっていますが、Kindle版はこちらです

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

 

138+

124 Replies to “勇気”

  1. ・世界一優秀で頭の良く、品行方正で礼儀正しく、世界一に世界中に貢献してる。韓国、韓国人ちゃん、いつまで日本日本人にたかってるの?いい加減に・日本日本人が・韓国韓国人に貸し付けてあるお金が約90 兆円を還せよ、世界一優秀で頭の良いんだから借りた金は還すこれは基本だよ、馬。韓国韓国人どもよ解るよな。ふ~

  2. 嫌われる事ばっかしてる割には、

    嫌われる事がわかると、

    相手を変な人扱いするみなさん。

    他人は自分の鏡。

    わかります?

  3. 韓国人の中にいつもある「疎外感」への恐怖心を私も感じています。
    「恨まなければならない」
    「・・・しなければならない」
    スプーン階級
    甲と乙
    それはもう韓国人として生まれ落ちた時から、絶対的な諚であるという事であり、そうしなければ韓国社会から疎外され抹殺されるといほどの恐怖の中で生きていかなければならないということです。
    そこには倫理、正義、良心などを全てを歪めるほどの力を持ち、大凡逆らう、疑うこともなく洗脳されて、それどころか増長され、嘘、捏造が普通になる世界。
    嘘に嘘を重ね、何が真実か?などは、蚊帳の外。
    己れを省みず事は出来ず、それらの嘘の辻褄合わせにただだ必死。
    他人の不幸には狂喜乱舞。

    哀れとしかいいようがないですね。

  4.  李氏朝鮮での宮廷内での党争。
     ソ連創成期の共産主義者の権力闘争。
     スターリンのトロツキストへの誹謗中傷。
     毛沢東の権力掌握過程でのライバルへの失脚陰謀。
     中共内部での習近平の派閥争い。

     嫌われたら一巻の終わりだろう。

  5. >また来たよさん
    やべ、むつかしい。「二元論的」とするべきでしたか。でも私の場合を説明してみますね。

    「この世はAかBで出来ている」というのを絶対の前提として物事を捉え判断する考え、傾向といった意味で「二元論」と表現してます。

    韓国ちゃんについて言う時は「この世の全ては決して相容れないAかBの対立構造で出来ている、と韓国人社会では考えられているようなのを前提に据えた場合」を省略して「二元論」としています。

    善悪を数値化できるような一元的な基準といったものは無く(善悪はその時々の都合で入れ替わるだけ)、それらが共存し濃淡があると考える余地も無く四大元素の浪漫も唯一の真理を委託する対象や概念も無いと見ているのです。

    たぶん一元的な考えと表現できるのは「A(自分、ウリ)でなければB(自分以外、ナム)」位かなと考えています。といったところで、どうでしょう。

      1. <にゃなさん。

        いや、もともと二元論では出来ていないのでは・・・二元論って・・・

        1. >シャクナゲさん
          あれ?
          「韓国社会では物事を二つの区分に分けられると考えている」
          では成り立ちませんかね。二つの中身は原理や要素が固定されていなくても二元論の範疇かと考えているんですが、どうでしょ。

          1. >にゃなさん
            韓国の場合は「二元論」と呼べる高次元のものではなく
            「ウリナム」「敵か味方か」だと思います。
            例えば「善か悪か」で、自分が悪か善かは実際はどうでもよく、あくまでも自分を「正当化したい」だけであり、自分に味方してくれるか敵に回るか?
            味方だと思っていた相手が、自分の敵に回ったら、
            自分のほうに非があっても、裏切られたと相手を恨むだけ。

            こんなのとても「二元論」なんていえる代物ではありません。
            wikiから
            二元論とは、世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される
            原理としては善と悪、要素としては精神と物体など
            陰陽思想
            中国を中心に発達した陰陽思想では、世界は陰と陽の二つの要素から成り立っていると考える。具体的には光と闇、昼と夜、男と女、剛と柔などにそれぞれ陽と陰の属性が対応すると考えられた。この場合二つは必ずしも対立することを意味せず、むしろ調和するもの、調和すべきものと捉える。
            男と女のようなものでの二元論だ。善も悪があるからである。比較しながらも必要とする二つのものだ。

            韓国人には異なるもの同士の調和がないのです。

    1. >にゃなさん

      言葉は違えど、にゃなさんの仰りたいことは充分伝わりますw
      そこんとこは踏まえた上で…

      私も詳しくないので、あまり語れたもんじゃないのですが、「背反する二つの要素から構成される」の解釈が曲者です。
      例えば地球上の位置を正確に表すのに、緯度と経度を用いる時、「緯度と経度は背反する二つの要素」なわけです。
      「背反する」というのを対極にあるものと捉えてしまうと、それは北極と南極の関係になってしまいます。二元論の説明にある「背反する」というのは「お互いに影響することが全くない」という意味合いでしょう。

      善悪の一元化は、明確な基準がないという意味でにゃなさんの仰る通りだけど、その理屈だと二元化でも多元化でも、要素を切り分けて評価しようとした瞬間に、同様に基準を設けることが難しいという矛盾が生じます。

      wikiなどには二元論は排中律とは異なると書かれています。今話題にしている「韓国の二元論」は、どちらかといえば、この排中律に当てはまるかもしれません。

      尤も、排中律で言い表せたとしても、そこに至ろうとした結果ではなく、韓国人の民族性が招いたものであるのは、眠り猫さんの仰る通りでしょうね

      1. 続きを雑談に持って行ってみたのでよろしくお願いしますです。

  6. >「Yesという返事だけを期待しすぎるより、Noという返事も受け入れられるようになりましょう」
    過半数の朝鮮人がそんな高尚な思想を持つ未来を期待するより、コアセルベートが人間の言葉を操れるようになる未来を期待した方がマシ。

  7. 日本でも昔はこの傾向が強かったんですけどね。最近は明らかに弱まりました。高齢の方は未だ狭い洞窟の中にいる方も多いですけど。

    世界で一つだけの花とか、ああいうのが流行りだした辺りかその少し前くらいから、世の中が変わったような気がします。一人カラオケ一人焼肉なんてのもその頃からだった気がします。

    日本社会特有の同調圧力という点ではまだ残っているものもたくさんありますが、同調する意味や必要のないものから徐々になくなっていってますね。

  8. 先ほど 「忍耐をしらない韓国人の被害者意識」に
    ほぼ同じ内容を送信させていただいたので、僭越ですが

    私自身は、人に悪口を言われたり、批判されることは、
    「ボランティアである」と認識しています。
    なぜならば、その人達は、私の悪口をいい、批判することで、
    楽しんで、うさを晴らしているからです。

    一方で、私は体が痛くなったり、金銭的な損失を被るなどの、
    現実としての被害はありません。
    私が、他人の悪意に付き合って、気分を悪くしない限り、
    なんの被害もうけないのです。

    人に嫌われるのは、楽しいことではないかもしれませんが、
    さりとて、他人の気持ちを変えることもできません。

    不可能に挑戦して、くたびれるよりは、
    他人の悪意によって、自分が傷つかないようにすれば、
    人生はとても明るくなります。

    「おまえが嫌いだ」という人の目的は、相手の心を傷つけることです。ですから、傷ついてあげなければいいのです。

    1. >老婆心さん

      どことなく、ずっと我慢してきた日本人と、韓国人の関係を連想してしまいました。もちろん日本人目線での話ではありますが…

      「波風が立たないように、静かにしている」というのも良いでしょう。しかし、徹底的に抗う人のことも認めていいとも思います。

      見ようによっては、自衛隊やアメリカ軍の防衛力の陰に隠れて、武力は保持してはいけないとぼやく人にも通ずる者を感じてしまいます。私も、場を荒らすことに加担したくはありませんが、そういう自分に偽善的な部分を感じます。

      シンシアリーさんのブログですから、シンシアリーさんが快く思わないことは控えるべきでしょう。ですから、雑談部屋も議論部屋もあるわけです。罵倒にたいして不服が申し立てられているなら、罵倒した者は不服に対する受け答えをするべきでしょうね。

      言論が自由であればこそ、自分の言葉に責任が生ずるのですから…

      1. 私や、受験生さんの発言に対して、「辟易」していたのならお詫びしたいと思います。

        しかし、「自分が傷つく事で、外が傷つかないなら…それでいいでしょう・・・」と、言う事で、極論。『自分が死んでも良い!』と言う事でしょう。

        それはいけません!!!

        自分が死なない為に、行政(政府、国)があります。
        それは、税金を払っていたのなら受ける(生きる)権利があります。
        その権利を行使せずに、人生をあきらめて、あなたは良いのですか?

        私は、行使します。なんせ「今まで払っていたのだから…」

        死ぬのは簡単と思います。方法は色々あると思います(苦しさを考慮しなければ…)

        簡単な方法を、考えるのか?
        「大変だけど・・・」、「一回は死んだんだから…死んだつもりでやってみるか???・・・」

        の、考え方もあると思うのだけれども・・・

        一回!トライしてみては???

        1. おーい、勝手に(人の分まで)謝るなやw

          なんつってw
          この「軽いアタマ」でよければナンボでも謝るけどねw

          また来たよさんと同じ意味で「議論ルーム」に書きました(あとで返信の有無を確認しよう)。

          私は、私自身も、他の人も、そして日本国も、周りから好きなように侮辱されることを許したくありません。

          そういう信条で生きています(生きたいと思います)。

          1. <受験生さん。

            その心情は私も同じ!(絶対!)
            だって!それしか無いんだから!!

            その手法が、韓国と違う、韓国が分からない(訳分んね!!)で・す・け・れ・ど・・・

            簡単なのが・・・「七誌さん」なのですよ・・・

            端的に、『悪』『断交』と言って、分りやすいのいですよ・・・(昔民にとっては…)

            私は、シンシアリーさんの原稿の源には、ある意味「シンさんのブログを支えた人だと思います…」。

  9. 何かの歌の歌詞でもありましたねー。
    ♪臆病者と呼ばれても、一歩譲れる。それが勇気♪
    日本人歌手の歌ですが、日本的だなー、と思いながら聴いてました。

  10. 接客業をしていると、時々クレーマーに遭遇します。
    店員の些細なミスを鬼の首でも取ったかのように、騒ぎ立てて「店長を出せ!」とか「社長を出せ!」とか・・・

    言い訳じみたことを言おうものなら、顔を真っ赤にして「こっちは客だぞ!!」と自分の非を認めない。

    この様な時の店員の(私の)消化法は・・・「ああ~っ。このお客さんは、可哀そうな人なんだ・・・」と憐れむ事。
    こうすると、不思議と腹が立たない。

    皆さんも、似た状況になった時には是非とも実践してみては?

    1. 私も接客業の経験がそれなりにあります。

      で、「客を選ぶ権利もある」と思います(普通は選びませんけどね、、業種にもよるかw)。

      飲食業(学生バイト)、某サービス業(就職)。

      その騒ぎ(収拾がつかない騒ぎ)になったら、責任者は、クレーマーに対して、飲食代を返却するなり(落ち度が店側にあるなら謝罪するなりも必要ですが)して、他のお客様の迷惑を避けるために、時には追い出す決断も必要です。

      現場のウェイトレスさん(例えばレストランだとして)に、その決定権はありませんが、従業員を守れない(他のお客様を守れない)責任者は、これまた問題です。
      その為(店の運営の責任を持つから)、高い給料を貰っているのです。

      「店がお客を選ぶ権利も場合によってはある」
      は、大事なことです。

      1. 昔の米映画で観た記憶があります。
        クレームを言う客の前に(開店中の札の下に?)

        『当店では客を選ぶ権利がある』という札を出して(指して)。客は、しゅんとして帰っていく・・・

        「日本でできたらいいな…」と思いましたが、乱用されたら「たまらんよな…」と最近思うようになりました。

      2. >受験生さん

        「場合によって」は不要じゃないかな?w

        いつだって、お客さんを選ぶ権利はありますよ。
        選び方の問題や方法論が色々あるだけでしょうね。

        例えば、価格設定一つ取っても、すでに暗黙の顧客の選択です。
        設定する顧客層をどこまで広げるのか?を決定するのは企業側の意思ひとつですよ。

        実情としては、お客さんを選ぶだけの力がないと、どんなお客さんでも掴まないといけないというだけのこと。

        力のない営業マンが、値引きだけしか駆け引きの術がないとか…
        ライバル企業が多すぎて、弱気になりがちとか…

        これらは、自分たちの欲求から発するもので、お客さんに対する誠意とは別のものですよね。

        1. 想定が、レストランだったんで、「場合によっては」と書きました。

          特に「〇〇入店禁止」とは、普通は書き出したりしないよね?ってことで。

          「業種による」とはそういうことですw
          (私に「落ち度」があるとでも?w)

          1. >受験生さん。権限を委譲するというのは、大切な事と私も思います。(そうすべきです!)

            しかし、それだけでは正解では無いと思います。
            正解は、『私にも分かりません!』
            分かっていたら、私はコンサルタントとして大成しているでしょう。

            >また来たよさん。

            確かに、その通りです。勉強になりました。

          2. >受験生さん

            受験生さんに「落ち度」…..?

            ありませんともw
             

            いつかパワハラ認定してもらおぅ(誰に?)w

          3. >シャクナゲさん

            偉そうに済みませんw

            哀れむというのは一つの手段として「内心」としては有りだと思いますが、心の持ちようによっては裏目に出てしまうこともあるので注意も必要かと…

            そんなつもりはないのは重々承知の上で書いちゃいますと、ふとした瞬間に見下した態度として見透かされてしまうことがあり得ると思うんです。

            やはり、「誠意を尽くした上で、毅然とした対応をする」でしょうかね。これは結果的に信頼にも繋がります。

            言うほど簡単にできたら、誰も苦労しないんですけどねw

    2. あくまで、「心の中で」ですよ・・・

      外見は、真摯にお詫びを繰返す・・・

      1. >あくまで、「心の中で」ですよ・・・

        外見は、真摯にお詫びを繰返す・・・

        そりゃそーだw
        「あなたは可哀想な人ですね」
        なんて言っちまったらw

        火に油ですがなw

コメントは受け付けていません。