“雑談ルームその2” への1,416件の返信

  1. あんた「世代で切る」に固執してるしw

    何回もかいてるだろ?
    「目的は、在日という存在をなくすことで、手段(方法)にこだわらない。きっかけが三宅さんの発言だ」
    と。
    そして「現行法でできないなら、在日をなくすべく法改正すればいい」と。

    実際に「良い考えだ」という意見も複数(2名から)頂いた(主旨としてね)。

    で、
    かなり後で「永住権一本化」と言いだしたわけ。
    最初からこの主張なら、議論として成り立っていたといえる。
    で、「いいんじゃね?それでできるなら」と言ってるだろw

    「手段にこだわらない」と何回書いてる?私はw
    「目的は在日をなくすこと」と何回書いてる?私はw
    「在日という存在を、将来的になくすこと」の提言をしているの。

    あ・わ・せ・て、「私は行政の連続性などと言っていない」と言われれば、ああ、何も私の主張のポイントを理解していないのだな?となるだろ?

    「論点の把握力(=読解力)」がない、ずれてる人、法的基礎知識がない人と、法の議論はできません、と何回言ってる??私はw

    一々、用語の解説から始めて議論などできないでしょ?

    医者の話で言えば、「医学の話をしたいのに、知識のない一般人が入り込んでくるな」と言ってる。迷惑だろ?
    風邪の定義から話をしなければならなくなるw
    馬鹿らしいと思わないか?

    1. >あんた「世代で切る」に固執してるしw
      1)固執しているってそれ受験生さんの主張でしょ。
      こだわるも何も議論と言うならこれがテーマでしょ。これが出発点だよ。

      私が実例を挙げ実現性の乏しいことを説明すると、目的と手段を入れ替えてごまかす。それがこれ↓
      受験生:
      >「在日という存在を、将来的になくすこと」の提言をしているの。

      これにこだわらないというのは、逃げでしょ。卑怯だね。
      そうすべきだと提案しているんじゃないのか?。
      私の主張はと書いている。これは嘘か?

      >受験生
      >2018年9月21日 20:55
      あえて、私に反論しない形で反論する卑怯さよw

      「できない」
      なんて言ってないし。

      で、私の主張は、故三宅久之さんと同じ、
      「在日を世代で切る」
      ですし。

      そうすべきだ、と提案してる。
      ….

      「日本国民」の賛同は得られると思います。

      2)受験生:
      >そして「現行法でできないなら、在日をなくすべく法改正すればいい」と。

      反論
      法改正は「在日の存在をなくす」世論の後押しがないと出来ません。
      現実は、入管特例法ができ入管特別法が廃止された経緯をみればわかるように、「在日の存在をなくす」法改正の可能性は低い。それに固執しても「在日の存在をなくす」を実現することは夢のまた夢だ。
      それを実例を挙げて説明しました。

      受験生:
      >「日本国民」の賛同は得られると思います。
      事実を無視したコメント。見通しが相当甘いね。

      3)わたし:
      >三宅方式(世代で区切る)は、入管特別法廃止、入管特例法へ移行という日本政府の考えに逆行するものなので実現性は乏しいと思います。1991年の入管特例法は在日の存在を認める法改正です。

      受験生:
      >一回決められたことは変えられない、という主旨に読むのが普通でしょうw

      さらに飛躍して、
      >それを「『行政の連続性』とは意味が違う」、と言っているのですよw

      >あ・わ・せ・て、「私は行政の連続性などと言っていない」と言われれば、ああ、何も私の主張のポイントを理解していないのだな?となるだろ?

      反論
      一回決められたことは「変えられない」と読むのは間違いです。
      そこから飛躍して「行政の連続性」に話をすり替える。
      「行政の連続性」を理解していない。だから法律の素人だと妄想する。
      全部間違い!

      後戻りするような法改正の「実現性」は低いが正解です。
      「法改正の否定」と読むのは間違い。

      4)受験生」
      >「論点の把握力(=読解力)」がない、ずれてる人、法的基礎知識がない人と、法の議論はできません、と何回言ってる??私はw

      >一々、用語の解説から始めて議論などできないでしょ?

      これは議論のテーマに関係のないことです。
      これがこんなの議論とはいわないとした根拠の一つです。

      受験生:>「日本国民」の賛同は得られると思います。
      こういう希望的観測をもとに「在日を世代で切る」を主張する甘さを実例をあげ指摘されると、負けん気が強い人なので議論を飛び越えたマウンティングに終始するようになりました。
      わたしマウンティングに興味ありません。

      個人情報をネットで晒す気はないので黙っていると、法律のど素人という名誉を頂きました。

      おや本棚に有斐閣の本が有るぞ。
      なぜ東大ポポロ事件を知っているのだろう。
      これは独り言です。

      野生の血が騒ぎマウンティングしたいなら気の済むまでしてください。
      ほら、ドラミングをしてみて。
      しっぽふりふり、マウンティング

      >受験生
      >2018年9月24日 01:24
      の返信です。

      1. >>あんた「世代で切る」に固執してるしw
        1)固執しているってそれ受験生さんの主張でしょ。
        こだわるも何も議論と言うならこれがテーマでしょ。これが出発点だよ。

        「世代で切る」ことが目的か??

        何が目的をわかってないじゃんw

        最初に書けばそれがテーマか?

        だから論点がずれてると言ってるw

        富士山に登る。山頂に立つことが目的だ。
        富士宮口から登ったらどうだ(三宅さん)と言われ、おおいいねと返事する。
        あんた、そっちは険しいぞ、現実的じゃない(種さん)と言う人がいる。
        だったら、工事してもいい、クーリー雇ってもいい、でなかったら富士吉田口からでも、御殿場口からでもいいよ、目的は「山頂に到達することだからw」

        何度も言ってるw
        「富士宮口から登ること(世代で切ること)が目的じゃない」のw
        「山頂に到達すること(=将来的に在日をなくすこと)が目的だ」とw

        種さん、何回書けばいい??

        1. 結局あんた、馬鹿にされたのが悔しいだけだろ?

          だからあんたにはあんたの「プロの分野」があるだろ?
          仕事が何かは知らんけど、
          八百屋さんは野菜に詳しい。栽培法から調理法まで。私はかなわない。魚屋さんも、そう。
          医者は病気や怪我の治療法の専門家だ。私は病気になったら医者を信じて任せる。
          仕立て屋さんはスーツを作るが私は作れない。
          なんでもいい。

          ・・・おや、「家庭の医学」という本が棚にある。私は「病気の専門家」か?
          私は「ガンという病気を知ってるぞw」

          あほかw

        2. クーリーって海外で言わないのか?

          富士山は「ぼっか(歩荷)」さんか。

          ちょっと混同したかも。

  2. 私は、高校、大学から文系で、就職先など職歴上、

    「経済、金融、法律」

    あたりで生きてきたわけです。
    なので例えばコンピュータのプログラミングとか、javaなんちゃら、IPアドレスがどーした、最近で言えば「メタタグ?」とかちんぷんかんぷんなわけですw

    なので、コンピュータについては、ここで書かれたことなど、
    「あーそーなんだ」程度ですわ(書き手の私の信頼度にもよりますが)。

    そりゃ、弁護士資格まであるわけではないから、それほど高度な話も書けませんが、それなりには勉強しているので、もしその辺、勉強したことがないのならば、
    あまり、付け焼刃で反論しない方がいいと思うんですよw
    (なので私は、理系的なこと、コンピュータなどについては教えを請うことはあっても、反論はできませんw)

    で、
    種さんは、種さんでプロの分野があるのでしょう。

    もし、
    下↓で書いたような、「法的な話」を勉強されたことがないなら、下手に反論されない方がいいと思うのです。
    私が理系のことに反論しないように。

    せっかく(というとおこがましいがw)
    「侵害留保説」とか、勉強しないと知らないような学説を挙げたのに、そこに着目されなかった。「ヒント」だったんだけどなw

    いや、
    「勉強したことがある!」
    なら、「行政の連続性」という『言い換え』に、引っかかる必要は全くないのです。
    ポイント(本質やテーマ、主題)はそこではないのです。
    (あえて「行政の連続性」と書いたのもヒントでもあったし、楽でしょ?専門用語使えば。打ち込む語数が減るわけだしw)

    無駄な時間が過ぎるだけなのですw

    私も負けず嫌いだしねw

    1. >種さん、

      マウンティングも何も、あなたが最初に「返信(反論)」してきたのではないですか?

      マウンティングに興味がないのはこちらのセリフですわw

      つまり、
      行政法などについて(法全般について)勉強されたことはないわけですね?
      では、あなたは勝てない。

      あなたこそ「言い負かしてやろう」と『最初に』返信してきたのではないですか?

      そういうの、迷惑ではあるw
      どこかの誰かさんの過去のようにw

      専門用語はヒントだったのですよ!!!
      それを見逃しているわけだw

      なぜ「医者が患者に言うように」話さなければいけないのでしょうか?
      お金がもらえるわけでもないのにw

      くだらないw

      1. あ、それでも
        「医者が患者に話すように」
        専門用語の説明もしてますよ??
        親切でしょ?

        それを勝手に誤解していただけじゃありませんか。

      2. 何を分けのわからないことを吠えているのか理解に苦しみましたが、このようですね。

        >受験生
        >2018年9月23日 14:16
        >三宅方式(世代で区切る)は、入管特別法廃止、入管特例法へ移行という日本政府の考えに逆行するものなので実現性は乏しいと思います。1991年の入管特例法は在日の存在を認める法改正です。

        ○上は行政の継続性とは何ら関係ありません。

        >最近の韓国は頭痛の種
        >2018年9月23日 09:44
        <参考>
        ウィキ:日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定
        (一部引用)

        下の事実をもとに(世代で区切る)は非現実的な考えという意味です。

        ————————
        特別永住者制度への移行
        協定発効後5年経過以降の新たな協定永住の許可が既得者の子の世代に限られ、孫以降の世代(協定3世等)は入管法に基づく通常の永住許可しか受けられないなど世代間での不均衡な事態が1980年代後半に顕在化した(以前から不備は懸念されていたがこの時期になって実例が散見されるようになった)ため、日韓政府間で新たに協議が行われ、日本の法務省内でも制度の拡充について検討が行われ、1991年1月10日の海部俊樹総理大臣訪韓時に「日韓法的地位協定に基づく協議の結果に関する覚書」(日韓外相覚書)が交わされた。孫以降の世代に関する協定の不備の解消のため、さらには、類似の境遇にありながら制度面で差が生じていたいわゆる朝鮮籍、台湾籍の永住者等の処遇の改善を含めた抜本的な永住制度を構築するため、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(入管特例法)」が制定され、1991年11月1日に対象を韓国籍者に限定しない「特別永住者」制度が施行された。協定永住及びそれら類似の永住者の在留の資格は法令の一斉適用によりこの「特別永住者」に一本化され、入管特例法の施行に合わせて入管特別法も廃止となり(入管特例法附則第6条)、協定永住制度はその役割を終えた。
        ————————-

        >一回決められたことは変えられない、という主旨に読むのが普通でしょうw
        それを「『行政の連続性』とは意味が違う」、と言っているのですよw
        ↑そんなの専門以前の常識でしょう

        ○日本政府は「世代で区切る」つもりはない。そんな必要はない。
        従って「世代で区切る」ような法改正は当分ありえない。

        現行法では「そうかもしれない」が、必要なら法改正すればいい、と言ってるじゃないですかw
        一回決めた法律が、その後の事情で変えることはあり得る、と言っているのですw
        「行政の連続性とは、一回決めたことは永遠に変わらない、ということではない」
        ので、「行政の連続性」を誤解している、と言っている。

        一度決めたことは永遠に変わらないというのは勝手な解釈と言うか思い込みか妄想でしょうね。
        ちゃんと引用先を読めば理解できることです。

        日本政府はそんな意思は微塵とも持ち合わせていない事実がここにあります。
        妄想は辞めることですね。
        受験生さんが言う必要なら法改正すればいいというのは、可能性の話で実現性の話ではありませんね。

        「世代で区切る」法案は現実的ではないから法改正はありえない。
        これを一度決めたら変えられないと思い込み、「行政の継続性」の曲解と捕らえたのは間違いですね。

        繰り返します。

        法改正の実現性は乏しいと書いたのを、一度決めたことは変わらないと思い込み、「行政の継続性」を誤解しているとまで言いきりますか。言い切りましたね。
        そして鬼の首でも取ったかような喜びよう。

        ろくに確かめもせずに批判する癖はよくないですね。

        終わりです。

        1. だからさ、あなた自身が言ってるように、

          こっちは「こうすべきだ」という話をしてるときに、「今はこうなってます」って最初、種さんはしてるわけでしょ?
          「現行法で否定されている」とw

          これがそもそもおかしいわけw

          先に私が「こうすべきだ」といってるんだから、当然「そうすべきでない」なりの反論だと思うのは当然でしょ?
          それが議論というものだ。
          ところが
          種「私はこうなってるという話をしてる」と。

          種「現行法では否定されている(できない)」
          だから
          受「法改正が必要なら、改正すればいい」と言ってるわけだ、わ・た・し・は!
          (まったくwまだ理解してないのか、あなたはw)
          そこで「行政の連続性」を誤解してる、といったわけ。言い換えだ、理解してる?

          すると、
          「意見を変えた。永住権で一本化」
          と言いだしたわけ、あ・な・た・はw

          だったら最初からそう言え!と言ってる。
          こっちとすれば迷惑だよな?
          最初と論点が変わっているw

          すると
          「行政の連続性なんて言ってない」とかなんとか言ってきてw
          なんだ、基本的知識もないのに反論してきたのか、と。

          だったら議論になりはしないわけよ。
          法律のド素人なわけでしょ?

          素人なりに少なくとも法的知識がないと、法律の議論なんかできるわけがないw
          PCのプログラムを理解していないのにプログラムの批判するようなものだ。
          だから私は、パソコンの例を出して、
          「私はプログラムの話で反論できないから、そもそも反論しない」
          と言ってるわけ。

          まだ理解してないようですね。まったくw
          いい加減にしろや!負け惜しみか?みっともないw

          1. 妄想と思い込みと曲解の産物ですね。

            人の話を聞かず一方的な主張に徹する。
            今回のやり取りを議論と思い込むとは。
            いったいどこが議論だか。いや独り言です。

            現実離れをした主張をしているので、まず現実はこうだと言うのがおかしいという認識ですか。

            ふーん。

            「意見を変えた。永住権で一本化」と思い込むようじゃ手の施しようもない。

    2. 「在日の存在をなくす」手段の実現可能性をコメントしました。実例を挙げ、上の目標を達するには「世代で切る」、在日を帰国か帰化させることは困難であることを説明しました。
      わたしの提案として、特別永住者を廃止し永住者に一本化を述べました。
      受験生さんの身の上話は関係ないでしょう。
      受験生さんの結論はどうしました。

      将来法改正で「世代を切る」気持ちは変わらない、でもいいですよ。
      在日を帰化か帰国でもいいですよ。
      信念があるならそれでもいいでしょう。

      わたしはさっき述べたことが現実的でベターかなと思いました。持論ではありませんが、今回少し調べた限りでは、そう思います。

      ???
      専門知識がないなら反論しないほうがいいです。
      なぜならわたし(受験生)は拝聴するだけだから。

      さっき話したプロの話読みました?。
      真逆の意見ですね。

      プロは一般に理解しやすい言葉で説明します。
      この用語を理解するには別の仕組みや理論を理解する必要が有るが、
      そこは端折っても意味は通じるだろうと話すのです。
      一般に詳しい説明は必要ないのです。
      逆に消化不良を起こします。

      1. だからさ、
        「侵害留保説は、こういうの」「全部留保説はこういうの」「行政の連続性とはこういうの」
        って書いてんじゃんかw

        それより詳しい説明まで、タダで書かなきゃいけないのかい??

        手とり足とり教えながら、持論を書く必要があるのか?とw
        反論する以上、基本的知識はあるんだろうな、と思うのが普通じゃね??

        何、甘えてんの??

        1. ごまかさないで質問に答えたほうがいいですよ。
          受験生さんの結論はどうですか?。

        2. わたしもアホじゃないので学習します。
          挑発にはのりません。
          無駄なあがきはやめたほうがいいです。

          1. どっちが悪あがきなのよww

            まったくしつこい人ですねぇ。
            挑発でなく、「いい加減にしなさい」という忠告ですがな。

  3. まぁ「絶対的な善と悪」なんて、日本の宗教観にないからわからんなぁ〜
    そんな日本で「絶対的な善と悪」の話しされても様々な意見が出るのは当たり前じゃなかろうか?
    主さんの「絶対的な善と悪」ってなんでしょうか?いつも思うんだけど、問題提起だけでゼウスの様にこのブログに集う人々の考えを読んでいるだけじゃないかと思うんだよね。それって有りなの?

  4. 話題になっていたので
    「日系人の強制収容」 wiki
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日系人の強制収容
    ポイントは
    ・米国と対戦していたドイツ系、イタリア系は米国内では強制収容の対象とならず、日系のみ対象となった。
    ・保有資産は安く買い叩かれるか破棄させられ、終戦後も補償が得られなかった。

    ざっくり言うと米国の日本人への人種差別意識から発生した差別政策とみられます

    1. 結局そうしたこと、米国の人種差別、移民の歴史について理解が及んでいないと、安易な、それこそ七誌さんがしている「良い移民、悪い移民、日本人は良い移民だから米国反省した。米国、良い移民に自主的に収容所入るように促しただけ。」などという事実に即してない思考になるのです。
      相手の国を理解していないから、思考もきちんとしたものでなく、何故か、それこそパヨク的なお花畑思想を展開してしまうのです。
      (私としてはめずらしく移民から人種差別、戦争犯罪まで一貫したテーマになっているのではないでしょうか。案外つながっているものです。)
      また国がきちんとした主張をした場合、それが相手国に都合の悪いものであれ、すべて負の側面に働くとは限らないのです。
      中国、韓国に対してもそうですし、すくなくても米国側の価値感から言えば、迎合や配慮して物もろくに言えない国はパートナーとしては心もとないのです。というか失格。
      毅然と自分の国の正義は自分で語れるようになってほしいのです。

      収容所についてはもう謝罪はあり、糾弾などすることではないですが、歴史をきちんと認識することと非難は同列ではなく、自分の主張の裏づけとして述べるなら知っておいておくべきことと思うのでした。

      お馬鹿ではありますが、それなりに考える猫なのです。

      1. 祖父は戦前にアメリカから金を持って帰ってきたのですが、そのままアメリカにいたら財産を没収されて収容所に行っていたことになります。
        農場を経営していたらしいですが

        1. 米国が法令として没収したわけではないのですが、
          身柄を拘束されて、資産の管理が宙ぶらりになり、
          結果として没収と同じことになったのです。
          本当に一部の人ですが、収容される前に、現地の米国人などに資産管理を依頼して接収されることを防ぐことができた人はいたとのことですが、ほんの一部です。
          それに収容所内の劣悪な環境で亡くなったり、逃げようとして射殺されたり、その一部の財産を守ることに成功した人も生命まで守れたかどうかはわからないのです。

          で、「従軍慰安婦」はそうした時代の出来事であり、人権人権言っている国が、市民を効率的に虐殺する爆撃の仕方を研究、日本で実践しているのに、日本人は何を戦後何十年も毎年毎年反省反省言ってるの?と思うのです。
          自分の正義まで捨て去っているよ!という嘆きなのです。

          これらを理解した上で、親米です。
          韓国の理解、米国の理解、中国の理解(これ難しい)と何も韓国のみに特化した理解や言論ですべてを語ることはないと思うのです。
          今の国際情勢も、決して西洋の「野蛮さ」から無縁でなく、それらを引きづりつつ、さらにそれを見習った中国の横暴の中、日本はどうしていくのかについても思いをはせるのです。(注:たまに・・・。いつもはムリ)

          (´・д・)視野はなるべく広く持ちたいのです
          じゃあ、ロシアについては?(`д´;)
          (´・ω・)・・・おそロシア? ←この程度

          1. 日本は割合、真面目で律儀な国だと思いますよ
            「万国公法」を翻訳し不平等条条約改正に…これは中学で習う
            捕虜への食事規定を守るため「ゴボウの味噌汁」出したら戦後「腐った汁と木の枝を食わせる虐待を受けた」
            移動のため歩かせたら「虐待だ!トラックを用意しろ!」
            当時の日本にトラックなど貴重品です、大砲も人力移動でしたし
            中国だったら捕虜は殺害し居なかった事にしたでしょうね
            それが南京虐殺妄想に繋がる中国的発想かも

      2. みかげという人はね、日系人の強制収容でアメリカを糾弾せよって人なんです。

        それは、日本人のすることではない。
        ここでいうすることではないというのは、みかげが日本人ではないって意味ではなく、いまの日本人が、過去をネタにアメリカを卑下するべきでない、日系人ですらそれを望まないってことなんです。

        しかし、パヨクという人々は、アメリカを現在の人権法で糾弾せよとする。これはね、韓国のしていることと同様なんですよ。

        この人の口車に乗せられ、アメリカを憎む前にわたしはここの日本人に考えてほしいのです、アメリカ人となった日系人がそれを望むか。日本人がそれを望むか、アメリカと日本の関係を、韓国と日本のような関係にしたいのか、とね。

        アメリカとの憎しみを煽り、日本はアジアとともに進むべきだって説くアジア主義の人々がいて、それが日本はアジアの一員、欧米は搾取していると日本人を煽ってる。いったい悪いのは誰ですか?

        みかげのような人は悪なのです。
        米国と進んで諍いを起こし、日本の正論を説くべきだって奴はね。

        1. はぁー・・・レッテル張りに来ましたか。
          そして、自分の無知を棚に上げて人を非難する。
          日系人は自ら収容されたのではなく、あれは強制収容だったのですよ、と伝えても理解することはない。
          日本人は「良い移民なので、米国は許してくれた」というお花畑の主張。それは米国の「法治」という「法」から外れていたと理解せず。

          それは、単に己の無知を「反米」と私にレッテル張りをしているだけですよ、七誌さん。

          >それが日本はアジアの一員、欧米は搾取していると
          >日本人を煽ってる。いったい悪いのは誰ですか?

          脳内の会話、お止めください。一言でも私はそう主張したことはありません。
          欧米の搾取?一体何の話ですか?今度は植民地か何かの話でもしているのですか???

          >アメリカと日本の関係を、韓国と日本のような関係にしたいのか、とね。

          たぶん伝わらないだろうと何度も何度もあえて同じ事を述べたのですが、何一つ理解できていません。
          より対等な米国との関係です。
          人と人の付き合いにおいて、軟弱で何も言えず、何も主張せず、何かあっても声をださない人は、米国側の価値感で言えば頼りにならないのです。
          国もまた同じで、配慮と迎合、譲歩など、敵国なら歓迎することでも、同盟国で友人とするなら、きちんと物を言え、毅然とした対応ができる国が好ましいのです。
          それがわからずに、かつて従軍慰安婦でしたような、相手国への配慮を米国にしましょうね、という主張は私とは相反するのです。
          「物事に毅然とした対応で、国が主張すべきことはする」
          それだけのことを長々と言わせてもらっています。

          しっかりと相手の主張を読むのです。理解するのです!

          >みかげのような人は悪なのです。

          あなたが悪というなら受け入れましょう。
          自分の主張をきちんとする。そして胸を張る。
          そのことが人から非難されても、己の言葉に責任を持つ。
          個人も、また国、日本もそうでありたいものです。
          信念を持つということは美しいことなのです。

          1. 凄い七○さんの超介錯(人の話を聞かず言語道断で斬りつける)
            解釈できるのは朝鮮人の思考だけ
            匿「ねえ、ねえ。わからないんだけど」
            猫「ニャンコに聞かないで!」

          2. だから七誌さんの言葉は軽く、己の言葉に責任をもたず、
            何かあれば逃走、何事もなかったかのようにまた同じ事を繰り返すのです。

            己の言葉に重きを置かず、また責任もとらない。
            それは「卑怯」なのです。

            なぜ、人から非難されるのか。人をバカにして、「完全に間違い」などと述べてる相手と同じ主張を2行か3行後にしてたら、笑うしかありません。
            でも相手から「バカ」と言われるのは許さない、と。

            もっとしっかりとしてください。

            ちなみに、七誌さんは「対等」と呼べる方はここにいますか?上や下の認定、階級闘争に終始して、自分の理論をさらに深めれる相手はいますか?
            「断交についての話聞いてほしいのだけど」と相談し、理論をさらに昇華できる人いますか?
            自分の殻の中の荒削りな、穴だらけの理論に終始していませんか?

            個人と国もまた、一つの延長のものかもしれません。
            対等についてよく理解ができない、体感ができないのなら、ここで私が伝えようとしている日本と米国の友人としての姿もわからないのかもしれません。
            「米国に迎合、譲歩、配慮しようとしているのにさせてくれない、みかげは悪だ!」となるのでしょうか?

            トランプ氏ですが、あれは実は米国人のホンネを駄々漏れにしている部分もあります。
            何回か述べましたが氏の言葉「日本はもっと戦わなければならない」はある意味、日本を知る外国人の純粋な思いかもしれませんね。
            それは対等な友人に求める欧米の価値感かも知れません。
            拙い私の文でこれをどれほど伝えられたかはわかりませんが。
            悪意をもって、部分部分切り取ってしか理解できないならその程度の理解力なのです。

            ともかく、七誌さんお付き合いありがとうございました。
            m(_ _)m

        2. そもそも韓国の何が悪いのか。

          われわれが生まれていない過去の日本の歴史を糾弾して、日本を下にする。日本を下にするため、過去の歴史を今の人権法を適用して、他国を裁き糾弾する。

          これが問題なのでしょう?
          そしてパヨクは、あるいは大アジア主義者は、これをアメリカに適用しようとする。
          そうすれば、日本とアメリカの仲は、韓国が日本にしていることと同じようになります。
          それが目的なんですね。言葉だけは、正しいことを言うことは正しい、アメリカはそれを認めて謝罪すべきだ、と言いますが。

          これを、正しいことは正しい、日本はそれを認めて謝罪すべきだ、に変えれば、韓国のやっていること、まさにそれだと誰だって理解できるでしょう。みかげ以外は。

          歴史は歴史なんです。いまの日本人に、アメリカを糾弾する権利なんかない。

          韓国がなぜ悪いのか、それは、今の人権法で、過去の日本を裁いて、その謝罪をいまの日本人がするべきだと国際社会で主張するからなのですよ。

          じゃあ。日本が今のアメリカ人を、過去の人権問題で裁くのが正しいですか?

          しかしみかげは、
          「すくなくても米国側の価値感から言えば、迎合や配慮して物もろくに言えない国はパートナーとしては心もとないのです。というか失格。」と語るのですね。

          日本が韓国にやられていることを、日本がアメリカにするのが正しいことですか?
          どっちも正しいことではありません、あなたはそれを理解しましょう。

          絶対理解できないほうに賭けるけどね。

          1. >じゃあ。日本が今のアメリカ人を、過去の人権問題で裁くのが正しいですか?

            だから脳内の会話や言葉を聞くの止めなさい、と。

            >日本が韓国にやられていることを、日本がアメリカに
            >するのが正しいことですか?
            >どっちも正しいことではありません

            なるほど、そうとらえていたのですか?
            でも私達は韓国人ではないのです。日本人です。(´^`)=3 フンゾリ
            はっきりと述べていますが、日本人の強制収容について
            謝罪は受けており、そこから何かしようとしているのではないのです。
            七誌さん、しっかりと理解してください、ということです。

            >あなたはそれを理解しましょう

            お言葉ありがとうございます。
            最近これが聞けなくて、少し残念だったので、私には心温まるセリフですね。

          2. それと追加

            なにか思考形態が日本人離れしていますよ?
            レッテル張りでなく、それこそ半島の人の「謝罪、賠償の永久コンボ」を想像してたことなど思いもよりませんでした。

            それに知らないことをきちんと知るということに対し、非難するのは、『研究するだけで「親日」』に通ずるものがありますよ。この場合「反米」ですが。

            あと、対等、友人、そうした概念が著しくお互いにズレがありますね。

            いろいろと楽しいお話ありがとうございました。

            (´∀`)~♪ お出かけお出かけ~♪

          3. さらに追加

            >「謝罪、賠償の永久コンボ」

            米国には、欧米諸国もそうですが、通じません。
            配慮に次ぐ配慮をしてしまった日本だけです。

            極めて簡単なことですが、何かわかりにくいのでしょうか?

          4. 日本人は「謝罪、賠償」と脳内変換して病気になってるけど、実際は「強請、集り」だから世界一般ではないでしょかね?

          5. 本来、韓国の話、謝罪と賠償の話などしていないのです。どうでもいい部分です。

            七誌さんの脳内会話について、分析して、優しく手を差し伸べる実名Aさんやみっちゃんのように、私には愛がないのです。

            必要ならフォローしてあげてください。
            悪である以上、悪なのです。(謎

          1. 毎度ですが、会話のほとんどが七誌さんの中で行われ、論点も問題も議論が脳内でされているので、話されているのは、私でなく、別の架空の妖精(悪)のみかげ氏のようです。

            なにか怒っている問題も「え?欧米の搾取?何それ?」
            「韓国が日本にした謝罪と賠償を?それ欧米には通じません」の2行で終わるようなものです。
            でも七誌さんの言葉にも事実はあるのです。

            >絶対理解できないほうに賭けるけどね。

            そう、七誌さんの中の脳内会話や妖精さんの言葉に対し、憤り、「この悪め!」などとする思考回路は、世界で唯一、七誌さんのみにしか理解できないのものなのです。

            (´゜∀゜)妖精(悪)のみかげさん、ぷりちーであってほしいです

          2. すまない。ウリは、いつもみかげちゃんの言ってることは分かるけど、七誌君の言ってることは大体分からねーニダw
            「そんなこと書いてないじゃん!何と戦ってるの?七誌君」って一言しか感想が無いっていうw

          3. な、なんだってー!
            みっちゃんにわからなければ、誰がわかるというのですか!

            愛が足りぬ!(′^`) ←愛情0の人

          4. 七誌君は誰ともまともに会話出来ない、と、いうかしないもの。
            それは、彼自身が言ってることだけど(*´∇`*)
            誰かと話しているように見えても、それは得体の知れない何と戦ってるだけだしね〜( ̄▽ ̄)
            何の話しをしていても、とにかく「韓国ー」それは愛の裏返しなんじゃないかと思えてきた。
            誰より、憎めと憎悪を撒き散らすのは、愛故に裏切られた反動かも知れないwww(昼ドラかw)
            シンちゃんと、良く似てたりしてね〜(*´∇`*)

          5. 返信ボタンがあれなのでここにぶら下がって。
            >みかげさん
            人それを案山子と呼ぶ(ストローマン論法)
            ってんで悪の妖精の案山子でハロウィンの準備は万端だ。
            おつかれさまでした。

          6. 以下引用

            「戦争犯罪に関しても【米国のしたことは黙認しようという七誌さんの姿勢とは反する】ものですが、日米の絆を絶とうと扇動したいということではありません。同じに見えるのですか?

            国と国が対等である、ということはきちんと主張すべきことは主張するのであり、日本的な配慮は不要なのです。
            相手に配慮に配慮を重ねる姿勢と外交は、軟弱な、信頼に値しないものと映ることを我々は学ぶべきなのです。」

            みかげはわたしのことを、米国のしたことは黙認しようとしていると非難し、自分はお前とは違う、米国の戦争犯罪を追及する姿勢だ、と明らかにしたんですよ。

            これほど七誌はダブルスタンダードだと、私を馬鹿にしたことはない。

            わたしは、日本も韓国も、過去の歴史で現在の他国を卑下することをやめるべきだと説いてる。これを彼は、「アメリカだけに甘く、韓国に厳しい不公平だと」説いたのです。

            これほど私を馬鹿にしたことはないね。

          7. >みかげさんは、日本人煽ってないと思うけどね。

            扇動してますよ。

            「より対等な米国との関係です。
            人と人の付き合いにおいて、軟弱で何も言えず、何も主張せず、何かあっても声をださない人は、米国側の価値感で言えば頼りにならないのです。」とね。

          8. 七誌さんはさ、
            「日本は、韓国の『下』になることはあってはならないが、アメリカの『下』にはなるべきだ」

            って主張でしょ?(下↓で種さんの相手してるんで、斜め読みだが)

            で、
            みかげさんは
            「日本とアメリカは対等でなければいけない」
            という主張でしょ?

            どっちが正しいか、と言えば、日本人としては後者でしょw
            そりゃ、軍事的に世界相手に戦っても勝てるであろうアメリカ様なので、言うこと聞かにゃならんこともあるが、幸い、民主主義国家であることや正直が美徳という価値観など、一致するところが多いし、安保もあるから敵に回さなくて済むというアドバンテージもある。

            そこで
            「へぃ、アメリカ様の言う通りでござい」じゃ困るでしょってこった(みかげさんの主張)。

            日本の優位性(地政学、技術力、勤勉性、円の強さや経済力など)をもって、「下」になる必要はない、、、
            全くの正論でしょw

        3. 糾弾するとか進んで諍いを起こすとか、そういう表現はあなたのいうパヨクの印象操作の手法と『同様なんですよ』
          なにも主張しなかったから、日本は韓国にマウントされてるんじゃないのですか。
          相手がアメリカならマウント大歓迎なの?
          七誌さんは日本がアメリカに原爆落とされたことについてもダンマリすべきだと思いますか?
          そうはいっても、あなたの言わんとすることもわからなくはないのです(みかげさんを口撃するのはお門違いだと思いますが)。
          ただ、あなたは態度が悪いからなにを言ってもまともに聞いてもらえない。
          「あんたはバカだから言っても無駄だろうけど、名案があるんだよ」
          こんな奴の話をなんでまともに聞かなくちゃいけないのかわかりませんね。相手の聞く気を無くさせるような話手はなにも話していないのと同じなんですよ。
          自分の意見を通したいのなら、聞く気にさせるような話術を身に着けることです。

          あと、関係ないけどどこかで善悪について議論がありましたが、自分は普遍的な善悪と絶対的な善悪はまるで違う言葉なので、分けて議論した方がよかったのではないかと思います。
          後出しでごめんなさい。

          1. 〉コンバトラーvさん
            答えは簡単、アメリカはマウンティングしてこないので、譲っても問題ありません。

            アメリカに原爆で殺されたー。って、いまの日本人が、自分がされたことのように口角泡を飛ばしてわがことのように泣き叫ぶのが愚かなんですよ。

            それが韓国人のやってることですね。

          2. 〉コンバトラーvさん

            アメリカ人が、日本は戦犯国、日本の総理、天皇はアメリカ人に向かって、毎年頭を下げよと言ってくる連中ならば、アメリカに過去を問うことに賛成しなくもないですがね。

            アメリカの戦争責任を言って、泥仕合になって喜ぶのは特アだけですな。あなたはそれを理解しましょう?

          3. 七誌さん
            改めて、さっきの自分のコメントは言葉が過ぎていたように思いました。謝ります。
            で、議論ですが、

            >>アメリカはマウンティングしてこないので、譲っても問題ありません。

            現状認識が自分とは違いますね。マウントの定義が違うのかもしれません。例えば自分は日韓合意はアメリカのマウンティングの賜物だと思っております。
            日韓合意自体、是々非々ありますが。

            >>いまの日本人が、自分がされたことのように口角泡を飛ばしてわがことのように泣き叫ぶのが愚かなんですよ。

            過去の問題だけではありません。
            アメリカは戦争を終結させるのに原爆が必要だった、戦争が継続していれば、もっと犠牲者が増えた、と主張しています。
            謝罪や賠償はともかくとして、これを事実と認めてしまうのは危険では? 
            どのような戦争であれ、核兵器の使用で終戦となればこの理屈が使えますよね? 

            >>それが韓国人のやってることですね。
            ぜんぜん違います。
            韓国人が日本人にやられたと主張していることはほとんどが事実ではありません。日本人が原爆で実験材料にされて多数虐殺されたのは紛れもない事実です。
            また韓国人が過去の話を持ち出す理由、私が過去のことでも主張しなくてはいけないと思う理由はまるで違います。

          4. >>アメリカの戦争責任を言って、泥仕合になって喜ぶのは特アだけですな。あなたはそれを理解しましょう?

            こういう考え方のできる人が、韓国と断交なんかしたら日本の最大の敵である中国が喜ぶからまずいという考えを鼻で笑うのが理解できません。

            ありえない話ですが、アメリカの戦争責任を言って、認めさせることができたなら、特アは日本になにもいうことはできなくなりますよ。
            まあ極論はおいて、泥仕合になれば確かに特アは喜ぶでしょうね。泥仕合がまずい結果を生むのは自分だってわかりますよ。
            ただ、主張はすべきなんですよ。主張したら必ず泥仕合になるというのは悲観的に過ぎるのでは。
            オバマの広島訪問という例もあります。あれは成果ですよ。泥仕合になんかなっていないじゃありませんか。
            確かに押し引きの具合は慎重にする必要はありますが。

          5. >オバマの広島訪問という例もあります。あれは成果ですよ。泥仕合になんかなっていないじゃありませんか。

            必ず泥仕合になるのですよ。
            私に言えることは、日本がもし、「アメリカは広島長崎に来て頭を下げろ!」と国際社会でアメリカを糾弾し、主張していたら、オバマの広島訪問は絶対になかったでしょうね。

            あれは日本がアメリカに要求した「成果」なんかじゃありません。
            日本とアメリカは、何故互いに和解できたのか。
            日本と韓国は何故和解できないのか。

            あなたにはそれを考えてほしいのです。
            日本が主張したら必ず泥仕合になるんです。泥試合になることを狙う人々がたくさんいて、発言を曲げてそれを煽るからね。
            このまえのトランプの真珠湾発言もそうだけど。

          6. >こういう考え方のできる人が、韓国と断交なんかしたら日本の最大の敵である中国が喜ぶからまずいという考えを鼻で笑うのが理解できません。

            わたしがこれを笑うのは、韓国はもともとレッドチームで、日本がピンチの時、日本の味方をすることがあり得ないからですね。

          7. 七誌さん:
            アメリカに頭を下げろって言っている人ってだれでしょうか?

            戦争は確かに日本が最初に手を出したのですが、その状況に追い込んだのはハルノートを突きつけたアメリカです。
            アメリカは欧州戦線に出て行きたくてしょうがなかった、欧州もアメリカを引き込みたかった。しかし大義名分がなかった。
            それと、東アジアで台頭してきた日本を叩きたかった。

            更に原爆と空襲は「一般市民の虐殺」が目的。戦争は基本的に「戦闘要員」同士の戦いが原則なんです。

            軍の司令部があったとは言え三十万人の一般市民を一瞬で殲滅した原爆は人道的に許されません。
            そこは「謝る」のではなく「反省」しなくてはなりません。

            原爆は中国に利用されてしまっています。原爆以上の虐殺があったとして、南京虐殺が三十万人以上だった、と捏造していますよね。

          8. 七誌さんへ

            >移民がその国の人になったとき、それは必ず受け入れら
            >れるのですよ。例え自ら収容所に入ったとしてもね。

            自ら強制収容所に入るなど無知にもほどがあります。

            まず、七誌さんは日系収容所についてよく知らなかった。
            それは理解できましたか?
            知らないことを自論の補強には使わないほうがいいです。

            そしてあとは七誌さんの脳内で、私の「主張する外交」を「米国の戦争犯罪を追及する外交」に変換されたようです。
            日本と米国の関係についてなのに、韓国の話を持ち出し、戦争犯罪追求追求言っていますが、そんなものが通じるのは日本だけですね。
            謝罪したらそこで終わりなのです。韓国人のメンタルで物を言いすぎです。
            我々は日本人じゃないのですか?

            ただ七誌さんみたいに何も理解してないと、米国と移民について、人種差別について説明しても米国と日本を離反させる!扇動している、とマヌケな解釈になるのです。
            事実を踏まえ、物を言いましょう。ただそれだけなのに憎悪をあおったなんだと大騒ぎですね。
            ここのブログは七誌さんにとり、韓国への憎悪を撒き散らす、心地の良いものなのですか?
            そうであるなら話にならないし、そうでないなら相手の話をきちんと聞きましょう。脳内の声なしで。

            あと気になったことですが、少しバラバラの引用になりますが

            >アメリカはマウンティングしてこないので、譲っても問題ありません。

            だからそれは対等な関係でないのです。何度も述べています。
            自国の正義まで譲っていいのですか?

            >これを彼は、「アメリカだけに甘く、韓国に厳しい不公平だと」説いたのです。

            それは大変ですね。脳内の妖精さんとの会議お疲れ様です。

            >これほど私を馬鹿にしたことはないね。

            大丈夫ですよ。もっとも七誌さんをバカにしているのは七誌さん本人なので。
            あの「完全に間違っている」と言い、数行後に間違った相手と同じことを言うのは、間違いなく自らをバカに仕立て上げています。
            現実でそれをやれば一発でアウト。信用を失い、誰もあなたの言うことを聞かなくなります。それを毎度お約束のようにしているのです。
            それこそ、これほど七誌さんをバカにしているものはないのです。

            ネットとはある意味、やさしい世界なのですね。

          9. 自国の正義だって?
            アメリカへの憎しみを扇動し、アメリカとの仲を裂こうというパヨクがよく言うよ。

            日本がまず許さなければ、オバマの献花もないし、アメリカとの和解もない。
            アメリカに、真珠湾攻撃は正しかったと説くのが、あなたの正義かい。安っぽい正義だね。

            どう考えたってこんなバカ、相手にする価値もないが。

          10. >ここのブログは七誌さんにとり、韓国への憎悪を撒き散らす、心地の良いものなのですか?
            そうであるなら話にならないし

            ああ、やっぱりみかげって奴は、韓国への憎悪が気に入らないんだな、ぽろぽろ漏れる本音でよく理解できましたよ。

            アメリカは憎悪すべき、しかし韓国への憎悪はいけないってねw こんな奴と話したって、どうせ結論決まってる。

          11. >自国の正義だって?
            >アメリカへの憎しみを扇動し、アメリカとの仲を
            >裂こうというパヨクがよく言うよ。

            おーい!しっかりするのです!
            あ、今度はパヨク認定しっかりとできていますね。

            >アメリカは憎悪すべき、しかし韓国への憎悪はいけない
            >ってねw こんな奴と話したって、どうせ結論決まってる。

            おーい、脳内の悪いみかげさんとの会議終えて、現実の私の言葉、理解するのです。

            韓国、韓国、相手が一言も述べていないことを思い込みのみでよく言えますね。
            なぜなんでも「韓国、韓国、韓国」なのでしょうか。
            米国大統領の話をしてるのに、何故か「韓国の大統領、韓国はー韓国はー」などと盛んに語っていましたし、韓国抜きで話をできた試しありません。誰も話題にしなくても「韓国がー韓国がー」とでてくるのです。
            なにか憎しみかよくわからない感情に囚われていないですか?
            韓国人の「日本がー」が、七誌さんは逆に「韓国がー」になっていませんか?

            しっかりと相手が何をいってるのか読むのです。
            七誌さんは、「相手がこういってほしい」などの脳内の悪いみかげとの対話に忙しく、現実にもどって来ていません。

            >日本がまず許さなければ(略)

            許すとは、ただ相手の言うがままに受け入れることではなく、それをきちんと主張することでもあるのです。
            「主張」をするのです。
            オバマの献花のあと安倍さんはどこで何をしましたか。
            それは対等な関係、互いに互いの国の慰霊をする、上や下の関係ではないのです。

            とりあえず、脳内の会話やめて、きちんと相手の言ってること聞くのです。

          12. >ああ、やっぱりみかげって奴は、韓国への憎悪が気に
            >入らないんだな、ぽろぽろ漏れる本音でよく理解できましたよ。

            いや、憎悪の感情でこのブログは運営されているのか、
            そうでないよー、って言いたかったので。
            そうした感情のみだと、分析もできなくなるし、客観性失っちゃうよー
            韓国人のブログだって忘れないでねー
            お願いだから落ち着いて話聞いてねー

          13. てか、七誌さんの源は、韓国への憎悪?

            ここまでの話ではどうでもいい内容ではありますが、
            七誌さんへの少しの興味で(愛はないけど)お尋ねします。

            ・韓国が憎いのですか?

            問いっぱなしは失礼なので私も
            ・米国が憎いですか? →まったく。「お前は何を言ってるんだ」です。
            ・韓国が憎いですか? →別に。ただ相手を理解し必要な対策を国も人もできたらいいな、とは思います。
            客観性を失うほどまでの思い込み、正であれ負であれ、感情は適切な判断を人から奪います。
            相手を理解し、必要な処方箋を一つ一つ出していくことは、米国でも中国でも同じなのです。韓国だけが特別ではないのです。(特殊であってもね)

            今日もお付き合いありがとうございます。m(_ _)m

          14. それともう一つ、七誌さんからの問い?へのお答え

            ・「韓国への憎悪が気に入らない」について

            → わりと韓国のことどうでもよかったりします。
            米国と違い、愛着もないし、思い入れないもの。

            (´д`)私の素直な気持ち

  5. ちょっと念を押しておこうと思った。
    「人類発祥以来の普遍の絶対善」
    として想定しているのは韓国ちゃんのふるまいに見られる、須らくすべての人類が是認し従って然るべき善といったものですからね。

    私が選んだ表現だからこれでお願いします。

    1. >にゃなさん
      >「人類発祥以来の普遍の絶対善」
      存在すれば哲学者は失職ですね
      宗教家なら言いそうだけど

      科学者は「絶対」は使いません
      絶対真理があれば研究する意味が無くなるから

      1. 絶対善の話が出ていましたが、例えば、旧約聖書の神で言うと、絶対悪とされるサタンよりも遥かに多くの人間を殺しています。桁が違うとか。
        さて、人間の命を奪わない、殺さない、を絶対の善としたとき、神は善なる存在と言えるのでしょうか?
        己の決めた定めに従わないからと人を罰し殺すのは善なる行いと言えるのか?

        別の話。
        ウルトラマンの世界で、ある日宇宙から疫病を撒き散らす怪獣が地球にやってきました。これと戦うウルトラマンは「人類発祥以来の普遍の絶対善」なる者になれるのでしょうか?
        ちなみにウルトラマンが敵を倒し終わり、満足そうにうなずくその足の下、みかげ一家は踏み潰され全滅していたりします。
        善なる者の善なる行為での尊い犠牲なのか、はたまた悪なのか?
        そもそも「市街地で戦うなよ」という単なる常識やマナーの不足だったりはしないのか?

        などなど、今日もくだらないことをつらつらと考えていたりします。
        (;`д´)←おでかけしようと思ったら天気悪くていやになった人

        1. ウルトラマン氏の言い分
          ・何もかも救うことはできない
          ・そもそも宇宙人に地球の常識をあてはめないでほしい
          ・3分という限られた時間の中でやれることはやった
          ・ベストではないが、ベターな選択だったと信じている

          みかげさんの言い分
          ・つぶされて、アンコでました

          よくわからないけど、地球外生物に信念で負けた。
          (`・д・)アンコでなく、カスタードならよかったか・・・

          1. >みかげさん
            ウルトラマンでは人は避難済みなのでアンコは出さずに済むはずなのです。絵面の外連味大事。ジード面白かったです。そして旧約聖書の成立時には善たるものの受益者は契約者(しかも世襲)限定だったので「ヤっちまいな」こそ善だったのです。

            そんで契約者資格の限定解除を行った結果、強制契約に邁進することになりますが、近頃は行き詰まりつつあるかもしれません。やっぱ無理があるよねっていう。

            >おっとっとさん
            絶対を設定するとそこで終わっちゃいますからね。というかそれに合わない事象がどうにもならなくなっちゃう。いつ何が発見されるかわかんないですし。そんな所を突き進むパイオニアすげぇ。

          2. にゃなさん
            >強制契約に邁進する

            なんか確かに新約聖書、ケーブルテレビからNHKに変わりました観ありますね。

            (´・д・)万民に降り注ぐ「電波」でなく「愛」・・・
            受信はそれぞれにお任せ。

          3. >受験生さん

            もとのエントリーにも書いたんだけど、子孫繁栄とか長寿願望とかは、人の欲だと思うんですよ。
            それは、遺伝子にプログラミングされているから、決して抗えないわけですが、でも、その欲求は全て叶えられないから、バランスを取って人類は生きながらえていると思うんです。

            つまり、人の願いが全て叶ってしまうと、人は自滅してしまうのですね。これは、精神分析学の自我のところで知ったことだけど、例えば、無限の食欲を満たそうとすると、食べ続けることによって人は壊れてしまうよね。

            「もう満腹で食いもんなんてみたくねぇ」っていう内部からのブレーキや、「食うものがなにもない!」っていう外部からのブレーキがかからないと人は死んじゃう。

            全ての欲が例外ではないので、人の欲求を「善」としてしまうと、「悪」の必要性を認めなければならなくなってしまって、「必要悪」ってつまり「善」なんじゃないの?っていう矛盾に陥ります。

            ですから、例えば、「人の存続」を「絶対善」とするなら、人の存続を担う仕組みそのものが「絶対善」ということになって、神様が作った「自然の摂理」そのものが「絶対善」であると言うことになります。

            で、自然の摂理を全て理解し、全ての謎の答を知るような存在には到底至っていない人類には「絶対善」は想像できないという応えに行き着きます。

            「絶対善」が仮にあったとしても、経験からそれを想像したり、言葉にしたりした時点で絶対ではなくなってしまうという矛盾に陥るのです。
             

            結論:絶対善があるのかどうかは人にはわからない。わかってもわからなくても、人の営みには何も影響はしない。

        2. 「人間の命を奪わない、殺さない」を善と仮定
          安楽死、脳死判定による生死判断、輸血を拒否する信仰で手術を拒否しての死亡
          植物人間で脳は反応があり脳だけ取り出し培養液と電極で外部と通信してる、むかしのSFみたいなのは生命体と言えるのか?

          ウルトラマンの件は、「人類全体を救う為、粒餡は仕方ない」

          別の視点ですが、善は外部に見えるものではなく
          個々人が安定した精神を保ち生活する。だと人類共通の善では無いんですけど現実はこっちかな

          1. >現実はこっちかな

            ですねー(´ーдー)うんうん

          2. >「人間の命を奪わない、殺さない」を善と仮定
            これにより奪われる可能性のある命が無い前提がないと成立しないかなぁとぼんやり考えます。

            他の生き物を食って生きてるのに、そっちはいいのかと拗らせると(ヴィーガニズム)嫌がらせ上等でどうかしてきちゃうみたいだし。

            やっぱ旨いご飯が絶対善だナ(Φ∀Φ)ゼンノキョウヨウ

          3. それは絶対善ではなくて平和?

            平和も完全な状態は人の心の中にしかなくて、いつもそこを目指しているのかもしれないけど、現実には存在しないです。

          4. もうだれだー!「人類発祥以来の普遍の絶対善」があるとか言ってたのは!

            (;`皿´)ノシ ガンガン【七誌家(´=д=)】Zzzz

          5. 「人類の絶対善」とは、「子孫を残すこと」じゃね?

            究極的には『エッチ』である、、とw

            「人を殺さないこと」ではないよね。
            「死刑」だって「人殺し」だし、「圧政に耐えかねての革命や抵抗」も「人殺し」があったりする。

            「人類、つか、生物の絶対善は、種の保存」

            であると、ぼかぁ思うなぁ。つまりは「愛」よw
            「LOVE & PEACE」というと偽善的かw

          6. 全文読めば違うのでしょうが。
            旧約聖書少しだけ読んだ感想は、、、近親相姦系エロ本かと思った。

          7. >受験生さん

            ・かわいいは正義 →わかる
            ・子孫繁栄は正義 →まあわかる
            ・エロは正義   →(`д´;;)・・・ソウナノカ?

            正義や善をあえてマジェマジェ♪

          8. 欲望は満足しねーか?

            腹いっぱい食って、もう食えネぇー、ってなって、欲望が満足された、、素晴らしいじゃんw

            「欲望だから、抑制的に」
            というのは、ある意味、「禁欲主義的」だと思うw

            ここで言いたいのは、
            「種の保存」を「個人レベルの欲望としてとらえないこと」よ。
            あくまで「種」の「保存」なわけ。伝わるだろうか?
            主体は「個人」でなく「種」。
            それを個人レベルに落し込まなきゃこなせないので、「究極的には『エッチ』(欲望)になる」ってこと。

            いいじゃんかw
            「人類普遍的善は『えっち』である!」

          9. >受験生さん

            >「種の保存」を「個人レベルの欲望としてとらえないこと」よ。あくまで「種」の「保存」なわけ。伝わるだろうか?

            わかるわかるw

            一方で思うのは、「絶対」って付けるくらいだから、「個体の善」と「種の善」が別の価値観になったら「絶対」ではなくなるんじゃない?ってとこ。

            でも、「自然の摂理」的には、そんなこと考えなくて…
            「個体は、ただただ欲望を満たせばよい。それがすべて叶うようには世界は創ってありませんからーーーっ…by神」
            って感じかと思います。
             

            辛い思いをしている人に対して、凄く言いづらい部分ではあるけど、何らかの理由で子供ができない人は、できてはいけない理由があるのではないかと感じることもある。人にとっては理不尽な理由であっても、自然の摂理的には当然の結果としてそれが発現していて、科学的にそれを覆そうという試みが進行しているようにも見えなくもない。
             

            「俺の、絶対善は『エッチ』である!」

            全く問題はない!むしろ素晴らしい(のか?)w
            せめぎ合いで成立する絶対善の片翼をになっているのですw

          10. だれだー!「人類発祥以来の普遍の絶対善」の話ふったのは!
            種の保存の話になってるじゃないかー!

            (;`皿´)ノシ ドンドン【七誌家(´≡д≡)】Zzzz

          11. だって「人類の」なわけでしょ?

            「個の普遍的善」ではないわけでw
            「個(人)」が主体なら、いろいろ価値観があるわけで。

            A「結婚?めんどくせぇーよ。一人の自由を大事にしたい」
            B「アニメ、二次元最高!三次元?興味ないよw」
            C「出会い系でヤりまくるのが最高じゃんか!」

            いろいろいる。
            法規制も必要だろう。

            「エロ=背徳的」な公式が、インプットされていないか?
            治安維持という観点では、道徳や倫理、法規制などは有効。そういう観点で語っていない。

          12. 人類が滅んだら、「人類の普遍的善」も何もねーじゃんかw
            主体がいない、存在しないわけでw

            「ヤりまくれ!」
            って言ってるわけじゃないw
            これを誤解しないでねw

            治安維持の観点で、今の仕組みがあって(社会制度とか国とか主義とかなんやかんや)、それらは尊重もする。
            ルールだからね。

            でも、ここでのテーマは「人類の普遍的善」なので、「殺すな、奪うな、傷つけるな」以前に、「種の保存」こそが「人類の普遍的善」だと思うなぁw

          13. 「生めよ、ふえよ、地に満ちよ」ですねー

            ヽ(´∀`)ノ ヒャッハー♪ ====3

            まあ善も悪も人あってのものですね、確かに

          14. 定義、前提、条件に忠実にありたい、と思うわけよ(いつもそうしてる、ってことでなく)。

            「人類の」つーんだから、
            ギャートルズ時代も含むし、ネアンデルタール人とかなんやかんや、「人類」と言われる世代も含めての「普遍的善」なわけでしょ?

            違うんかい?
            現代限定?中世からこっち?境目あるの?って話。
            他の動物を殺して食い、植物を傷つけ、時には他者から奪いながら今がある。
            それらを網羅してのの「人類の普・遍・的・善」だと思うのだがw。

  6. 雑談でいいかな。キリの無い話。
    人類発祥以来の普遍的絶対善だとかで「人類全体を脅かすウイルスとの闘い」なんて最近の話が出てきました。

    実は人類を脅かしているウィルスは現代社会が生んだものだったりする面があります。エマージングウィルスなんて呼ばれてます。

    基本的にウィルスは生物に寄生、感染して増殖します。ある生物(自然宿主)にとっては無害なウィルスが別の生き物に感染すると致命的な症状を呈することがあります。これがいわゆる感染症として扱われます。人獣共通感染症です。

    つまり本来の宿主の離散集合加減と人との距離が要因のひとつになります。大規模酪農や都市化あたりです。自然宿主といる限りはウィルスは共存できるので変異の必要もないのですが移動の機会が増えるとその分だけ免疫等と戦って変わっていかなくてはなりません。

    さて、現代社会の有り様がもたらす感染症との戦いが絶対善なら人畜の移動と集合の抑制と野生生物との隔離が手っ取り早い訳なんですが、なんでやらないんでしょうね。

    ついでに哺乳類の存続に寄与するウィルスがいたりします。人内在性レトロウイルスです。本来なら異物である父親由来の形質をこのウィルスがつくるたんぱく質が母親の免疫から守るので排除される事無く身籠れるのです。ウィルスとの戦い?まだわかってない事も多いのに何をかいわんや、と思うのですよ。

    個人的な絶対善。
    飯が旨い。すべてのかわいい。読むものが途切れずここにある事。
    晩御飯は五目寿司。しいたけ万歳。

    1. >人畜の移動と集合の抑制と野生生物との隔離が手っ取り早い訳なんですが、なんでやらないんでしょうね。

      単に個人的利益の問題でしょう。

      1. >七誌さん
        個人の利益にも劣る優先順位でしかないモノは絶対善ではありえないと結論づけて宜しいか。とゆーわけでやっぱりそんなものねーですですね。

        1. 疫病との闘い自体は人類の共通善ですよ。

          問題は、人間は善よりも自分の利益を優先することがあるってだけでね。あなたはそれを故意にごちゃ混ぜにして絶対善などないと嘯いてるだけ。これもパヨクの特徴だが。

          1. >匿名さん
            「絶対」の意味をどこまで置いているかですね。
            あとさらっと疫病とか範囲広げるのは話がとっ散らかるので止めて欲しいかも。

            比べるまでもなく絶したものであるなら他に優先されたりしてはならないし、また人類普遍の価値であるなら誰もが異論を差し挟む余地も無く優先することに問題はないはずでしょう。

            何よりも共通善なんて生易しいものじゃなくて「人類発祥以来の普遍の絶対善」の有無のお話ですよ。
            だから、そんなものは無い。

          2. にゃなさん、その匿名さん七誌さん。
            まあどうでもよさげだけど

    2. 日本の周辺国では、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ、豚コレラなどの日本で発生のない家畜伝染病が発生しています。
      「韓国」の事です。農水省のページから
      更新日:平成30年8月31日
      担当:消費・安全局動物衛生課

  7. もし、在日コリアンの発言力を弱めたいのであれば、他の在日外国人の数を増やせばよい。
    日本国内に於いて在日コリアンに一定の発言力があるのは、それは彼らが日本において最もマジョリティなマイノリティだからに他ならない。
    例えばアメリカに於いて黒人の発言力がヒスパニックやアジア系より強いのは、彼らが少数派における多数派だから。
    そして、近年ヒスパニックの数が増えるにつれて、それに比例して黒人の発言力が弱まっているように感じる。
    これは欧州でも同じで、少し前まではユダヤ系の発言力が極めて強かったのに対して、今ではイスラム系の難民や移民、そしてその子孫が急増したこともあって彼らの発言力は次第に弱くなってる。

    1. >他の在日外国人の数を増やせばよい。

      他の外国人の数を増やしたら、朝鮮人と共同して外国人追放に反対し、日本人の権利を制限するようになるでしょう。あなたは何もわかっていません。

      日本に受け入れられるのは、「日本人になりに来る」ごく少数の先進国の人々のみです。

      1. 日本人である自分も外国人追放には反対ですが?
        ただ、どこの国からの外国人を受け入れるかは慎重に見極める必要があるでしょう。

        >日本に受け入れられるのは、「日本人になりに来る」ごく少数の先進国の人々のみです。

        それは、あなたが単に外国人差別主義者なだけですね。

        もはや全く移民などを受け入れずに国を運営していくのはどうせ無理でしょ。日本に限らず。

        1. >全く移民などを受け入れずに国を運営していくのはどうせ無理でしょ

          その考え自体が間違い。
          移民だよりで国を運営するなら、日本を乗っ取られ日本がなくなっても構わないということだ。

          全く移民などを受け入れるなとは、わたしも言ってはいない。
          反日朝鮮人は追い出せと言っているだけの話でね。

          1. >全く移民などを受け入れずに国を運営していくのはどうせ無理でしょ

            いいえ。移民を受け入れないでいいモデルの構築をしていけばいいのです。一朝一夕にはいきませんが、たぶんそれができるのは先進国では日本になるのではないかと思います。
            国の人口が減ってても経済は成長できるのです。

            目先の経済活動の向上の目的だけに移民を受け入れてしまうと、後々大きな負の遺産となり、修正が効かなくなることがあります。現在の欧州の国々です。
            どういうことかというと、犯罪率の上昇などによる治安の悪化による恒久的なコスト・社会不安の増大、文化の衝突・破壊、人種、民族宗教の摩擦による国の活力の停滞、やがては移民による移民のための国づくりへと舵取りがされていくこと、ついでに絶え間なく続くテロ、など負の側面が多くあるように思えます。

            受け入れたはずの家の主人が、やがては少数派として肩身の狭い思いをして家、国を乗っ取られるようなことはあってはならないのです。

            (´ーдー)言葉と文化の違い、その文化が相手を否定するような文化であった場合、争いの火種を国に抱え込むだけです。寛容さと不寛容さの戦いは、不寛容が寛容を排除します。

          2. >みかげさん

            >不寛容が寛容を排除します。

            私的には最後のこの部分は少し印象が違う。寛容と不寛容は交互に繰り返すと思うのです。今は行きすぎた寛容が、不寛容に戻るフェーズなのかと思っています。

            「いい人」って思われたくて、色々尽くしてみたけど、上手くいかなくて問題ばかり膨れあがって、「こんなのやってられるかぁ!」って我が儘に振る舞ってみたけど、良心の呵責というか、自省の念というかで、またちょっと「いい人」に戻ってみようかと思って…の繰り返し。

            平たく言うとこんな感じw

          3. また来たよさん
            >寛容と不寛容は交互に繰り返す

            あー、それ同じ文化、民族や宗教内の場合で、それらが異なるキリスト教圏の人々とイスラム教圏の人々が合わさった場合では働かない動き、もしくは働きにくい動きのような気がするのです。
            働いたとしても相当年月が経ってから、というかまだそうした動き、あんましさそうなのです。

            いや、でも確かに、振り子みたいな心の動き、時代と社会に確実にありますね。(´ーдー)むむ!

          4. あ!イスラムの「非寛容側」ではなく、ドイツの「寛容側」が非寛容になってきていますね。
            移民もうお腹一杯って。

            ただ非寛容と非寛容になると・・・弾きあいで互いに追い出すだけだから、どこかで寛容になりつつ、社会のバランスを一定に保つのですかね。

      2. ちなみに、無差別的な外国人追放には反対って意味ね。
        下で受験生さんが書いてるような特別永住者の永住権を世代で区切るって考えは良いと思う。

  8. 朝鮮人の目的は何かといえばね、日本人に「~ができない」と勘違いさせ、「~ができない」と思い込まさせることが目的なのですよ。

    たとえば「永住権のある韓国人は、追い出すことができない」とね。

    日本の法は、すべて日本人が決めるんです、世界市民が決めるのが、日本の法ではない。
    アメリカが、日本人を追い出せるように、韓国が日本人を国外追放できるように、日本は在日を追い出せるんです。

    朝鮮人の目的は「~できない」と日本人に勘違いさせ、最終的には「日本人は韓国人に逆らうことができない」「日本は韓国と断交できない」と日本人に誤りを正しいと思い込ませることが目的なんですよ。

    それでこそ、朝鮮が日本の上に立てるのです。
    そのための、教育機関の支配であり、マスコミの支配であり、戦争時の日本人は絶対悪であるという自虐教育なのですよ。

    だからね、日本人は「~できない」という日本人は、朝鮮人の手先なんですよ、他の国は「断交できる」のに、日本だけは「断交できない」これを主張する人は、朝鮮人の手先なんです。

    なぜなら、日本だけがそうできないと主張する人々なのですから。

    1. あえて、私に反論しない形で反論する卑怯さよw

      「できない」
      なんて言ってないし。

      で、私の主張は、故三宅久之さんと同じ、
      「在日を世代で切る」
      ですし。

      そうすべきだ、と提案してる。
      実際、「永住権を付与した者から剥奪するのは難しい」わけで、とは言え、人は必ず死にます。貴方も私もね。

      だから(何世が適当かは議論があるだろうが)世代で切る、は有効なんです。

      日本国籍が嫌ならお国に帰ればいいし、日本国籍がいいなら帰化申請すればいい。

      それだけです。
      「在日」の反対はあるだろうが、これはそれ程難しくない。
      「日本国民」の賛同は得られると思います。

      1. なんだったら

        「2030年1月1日以降の誕生者は」

        と、時間できってもいいかもしれない。
        この方が問答無用でいいかもねw

        1. なんだったら、

          「七誌さんは賛成か、反対か」

          であって、
          「できるか、できないか」
          ではないのだw

  9. >出入国管理及び難民認定法第7条第1項第2号による別表第二の「永住者」、日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(以下「入管特例法」)第3~5条に定められた「特別永住者」がこれに該当する。入管特例法上の永住者はサンフランシスコ平和条約発効時に日本に在留していた在日朝鮮人・在日台湾人およびその子孫で日本国内で出生したものに与えられる。

    (ウィキペディア より)

    行政上、(多分、特にこういう永住資格に関して)一旦与えた権利を取り上げるのは難しい。
    許認可業務なら「要件違反」で取り消しも簡単だろうが。

    なので、故三宅さんも番組(「そこまで言って〜」)で言っていたが、
    「世代なりで永住権を切るべきだ(例えば無条件付与は4世まで、とし、以降は帰化申請か本国へ帰還させる)」
    と思う。

    このままでは未来永劫、「在日」という人々が存在することになる。

    お互いが反目しあい、不幸の根が残ることになる。

    1. いつも思うのは、さっさとバンバンと日本海で撃ち合えばいいと思う。
      (アメリカが3点同盟させてるので、竹島すら苦虫噛んで我慢したんだからさ)
      国籍ってのは、区分訳じゃないもの。
      太平洋戦争の時に普通に日本人は隔離されたのだから、ある意味で当たり前。
      そこいくと、日本とはなんとも生温くファジーな国かw
      犯罪を犯した者はすべからく「永住許可」なんてものは剥奪するものよ

    2. 在日帰還は法律以前の行政上の問題です。

      いわゆる在日の帰国希望は皆無だろうし、韓国政府も受け入れを拒否しています。

      日韓基本条約では一世に永住許可を追加として二世にも永住許可を与えました。現在、在日三世は一時的に滞在させてやっているだけ。

      今、日本政府にできることは在日三世は帰国せよ!ですが、本人も韓国政府も拒否しています。なので、日本政府は奴らを帰国させたいが何も出来ません。
      韓国政府は受け入れは絶対反対という立場で逃げ回っているそうです。

      日韓基本条約は25年ごとに改定する事になっていますが、韓国側が一度も協議に応じていないので、日韓基本条約は事実上効力を失っているのも事実です。
      さて、どうしたものやら。

      もうそうなっています。

      >このままでは未来永劫、「在日」という人々が存在することになる。

      1. 正直、そんな詳しくない。

        日韓基本条約 付随協定(ウィキペディア)

        >「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(入管特例法)」が制定され、1991年11月1日に対象を韓国籍者に限定しない「特別永住者」制度が施行された。協定永住及びそれら類似の永住者の在留の資格は法令の一斉適用によりこの「特別永住者」に一本化され、入管特例法の施行に合わせて入管特別法も廃止となり(入管特例法附則第6条)、協定永住制度はその役割を終えた。

        引用終わり

        「協定」永住制度の「協定」は、日韓基本条約の付随協定(在日韓国人の法的地位協定)を指すと思うが、「入管特例法の施行に合わせて役割は終えた」とある通り、法律なので国会で改廃は可能でしょう。

        問題は韓国が受け入れない、ということならば、「帰化申請」するしかないし、それを拒否するなら、韓国が拒否するのと同様に日本が入国拒否も可能なわけで。
        不法入国者という扱いになるだけでしょう。
        (つまり、他国籍の取得か、現実的には帰化申請しかない)

        未来永劫「在日」という存在が決定したわけでもない(法改正が可能)、と思うが。

      2. >在日帰還は法律以前の行政上の問題です。

        この表現がよくわからない。
        なんらかの権利を付与したり、特に剥奪する場合、当然として法的根拠が必要であろう(仮に裁量行為だとしても、裁量を与える根拠が)。

        「在日帰還」という、人の自由(人権)を左右することに関して、
        「法律以前の行政の問題」
        という表現の意味がよくわからない。
        行政と法律は切っても切れない仲であり、

        >法治主義(ほうちしゅぎ)とは、「国家のあらゆる社会活動は、法に従わなければならない」という原則をいう。したがって、行政における法治主義(法治行政の原理(ほうちぎょうせいのげんり))は、行政活動は、その担当者の恣意や行政部外者からの圧迫(暴行や脅迫等を含む)によってではなく、客観的な法に従って行わなければならないという一種の規範的要請を意味する[4]。

        とある通り(ウィキペディア)。

        1. >特に剥奪する場合、当然として法的根拠が必要

          この部分は、いわゆる「侵害留保説」ってやつね。

          >なんらかの権利を付与したり、特に剥奪する場合、当然として法的根拠が必要

          となると、「全部留保説」だったか。

          どっちにしろ、「法的根拠が必要」ということで、

          「法律以前に行政上の問題」
          というのは、違和感がある。

          1. わたしも詳しくありません。
            ネットで調べただけなので間違いがあってもわかりません。

            >在日帰還は法律以前の行政上の問題です。

            私の舌足らずでした。
            三宅さんの発言は、世代で区切る新法を作れとわたしは読んだので、現行法で対応可能です、という意味でした。

            ○彼らの多くは日本に居座った密入国者だそうです。現行法で対応可能だと思います。但し実現は不可能でしょう。

            ○外交問題だと思います。
            韓国政府をテーブルにつかせ、在日帰国交渉をするのが筋ではないかと思います。

            韓国が消滅したら在日韓国籍の人たちは無国籍になります。これは在日一世のように永住許可を与えるのか?これは悪夢です。

            日本社会に根をおろしている三世をロヒンギャみたいに追い出すことは不可能です。日本に韓国(朝鮮?)籍のまま居座っているのが現状です。
            受け入れ国のない在日三世全員を国外退去命令しても入管は処理しきれません。
            じゃあ難民キャンプに収納するのも現実的でありません。ああ困った困った、ということです。

            日本は日本人だけのものではないと居座る彼らです。

            三宅さんの発言の区切れば済む、という単純な問題じゃないと思います。現状はこうではありませんか?みたいなコメントです。

          2. >三宅さんの発言は、世代で区切る新法を作れとわたしは読んだので、現行法で対応可能です、という意味でした。

            現行法では、ウィキペディアから引用したように
            「サンフランシスコ講和条約発効時に〜(中略)〜その子孫に及ぶ」
            (要約)
            で、特に世代や時期を切っていない。
            つまり現行法では際限なく「在日」が存在する可能性がある、ということです。
            なので現行法の改正が必要という考えです。

            *三宅さんの発言は、TV番組の限られた時間での発言ですので、全てを網羅しておらず、三宅さんなりに要点を話しただけ、と捉えます。
            せいぜい、理念と目的を話した程度でしょう。

            >○彼らの多くは日本に居座った密入国者だそうです。現行法で対応可能だと思います。但し実現は不可能でしょう。

            当初は「密入国」だとしても、「時効(的考え)」で、既得権を彼らは持っています。
            時効とは、「時間の経過で、現状を優先しましょう」という考えです。
            もちろん、永住許可を持っていなければ、関連法に従って「不法滞在→強制退去」でいいでしょう。
            しかし多くの「在日」は、永住許可を持っていると思われます(前の仕事で現物の永住許可証を見たことがあります)。

            この権利を剥奪するのは難しいので、これから生まれる世代には認めない(帰化申請か帰国)とするわけです。

            これらの話は、「在日という存在をなくす」ということです。
            「人を追い出す」という観点ではありません。
            でも、「帰国もいや、帰化申請もいや」では「在日」はなくなりません。

            難民がどうした、は、付随的なことで、現実的な問題だから対処はしなければなりませんが、
            最悪、暫定的に「強制帰化」でも良いかもしれません(母国がなくなったならね)。
            その後、財産形成などして、アメリカへ帰化してももちろん構いません。

            繰り返しますが、
            目的は「在日」という存在をなくすことです。

            *スマホで書いて、推敲、コピペなどしてたら変になってしまい、辻褄が合ってるか確認したつもりですが、変なところがあるかもわかりません。
            気がついたら後で訂正するかも。
            (画面が小さいのでね)

          3. <参考>
            ウィキ:日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定

            少し考えが変りました。参考を読むと日本政府は親韓みたいですね。

            三宅方式(世代で区切る)は、入管特別法廃止、入管特例法へ移行という日本政府の考えに逆行するものなので実現性は乏しいと思います。1991年の入管特例法は在日の存在を認める法改正です。

            帰国も帰化もしないから在日が存在するわけです。送還は韓国政府が拒否するので不可能とすれば、日本国籍取得しかありません。
            日本生まれの重国籍なので、一定の年齢に達すれば本人の意思で選択の流れになると思います。

            現実的な解決法の一つとしてできそうなことは、特別永住者を廃止して永住者に一本化する。

            ✗韓国籍を選択ー>特別永住者
            韓国籍を選択ー>永住者

            法にはその背景には理念(考え)があります。
            入管特例法の理念は在日の存在、日本人との共存を認めているように思えるので、未来永劫、在日は特別永住者として居座り続けることになります。ただし現在の嫌韓ムードが続けば、特別永住者を廃止し法的に一般外国人並みに扱うことの支持は得られると思います。

            >受験生
            >2018年9月22日 15:02
            の返信です。

            以上

          4. <追加>
            両親が外国籍だと該当しないようです。

            >日本生まれの重国籍なので、一定の年齢に達すれば本人の意思で選択の流れになると思います。

          5. ザックリ読んで、種さんとは「物の見方」がだいぶ違う、と思いました。

            「行政の継続性」は大事なことですが、一回決まったことを変える、ということは普通にあります。
            (「行政の継続性」のとらえ方が違います)

            「日本政府は、親韓」
            というのもナンセンス。
            当初は当時蔓延していた歴史観に左右されることもあるでしょう。

            >三宅方式(世代で区切る)は、入管特別法廃止、入管特例法へ移行という日本政府の考えに逆行するものなので実現性は乏しいと思います。1991年の入管特例法は在日の存在を認める法改正です。

            それまで認めていたのを、ある時期から認めない、とすることが、難しいとは思えません(在日の反対はあるでしょうが)。
            法的には、「まだ生まれていない人の人権」は関係ありません(胎児にもなっていない人、という意味~確か民法と刑法では「人」と認められる時期~出生と胎児~に違いがありますが)。

            「ある人にそれまで与えていた権利をはく奪する」
            とも違います。
            その辺の法的考え方は、理解されてますか?

            「行政の継続性=決まった方針は変えられない」ではありません。

            >帰国も帰化もしないから在日が存在するわけです。

            だからそれを将来的になくそう、ということですw

            >送還は韓国政府が拒否するので不可能とすれば、日本国籍取得しかありません。

            「韓国政府が拒否する」と決まっているのですか?
            仮定の話ですよね?(私が上↑で書いたのも、種さんの思い込み?に合わせてのことです)
            「在日として成功している人が、相当の財産とともに帰国する」
            となれば、帰国(移住)を許可することもあるでしょう。
            現在、「一律禁止」をしているのですか?(私は知らない)

            >日本生まれの重国籍なので、一定の年齢に達すれば本人の意思で選択の流れになると思います

            いや、「二重国籍」ではありません。誤解していますね。
            一旦、日本国籍を離れ(敗戦時)、元の国籍(韓国など)に戻って、
            >入管特例法上の永住者はサンフランシスコ平和条約発効時に日本に在留していた在日朝鮮人・在日台湾人およびその子孫で日本国内で出生したものに(「特別」永住許可を)与えられる

            のであって、
            日本は、戸籍を「属地主義」ではとらえていません。あくまで「属人(血族)主義」です。

            *ここでいう「日本国内で出生」は、「許可を与えるための条件=制限」であって「属地主義」とは違います。
            アメリカは「属地主義」ですが。

            >現実的な解決法の一つとしてできそうなことは、特別永住者を廃止して永住者に一本化する。

            長くなるんでこの辺にしておきますが、
            それができるならそれでもいいですね。

            あくまで目的は
            「在日(特別永住者)」という存在をなくすこと
            ですから。

          6. >三宅方式(世代で区切る)

            三宅さんは故人ですし、「上」でも書いたように、簡単に理念と目的を語った、に過ぎません。

            私はそれを見て影響され、共感したのであって、
            必ずしも「世代で区切ること」に固執しているわけでもないし。
            だから「三宅案(方式)」というのがあるわけじゃないw

            要は、三宅さんは生前、「世代で区切るなどしてでも、在日という存在をなくさない限り、未来永劫「在日」という存在があり続ける」
            という主張です。

            何回も書いているようにw
            「在日(特別永住者)をなくす」ことが目的なだけ。
            それには法改正も必要でしょう、ということです。
            手段に固執するものではないのです。

            また、当然、私は「立法の専門家」でもないし、関連法などとのすり合わせも必要でしょう。
            素人なりに「実現可能性がそれなりにある」という感触です。

            その編の理解(把握)が、種さんと違うようだ。

          7. 今回は私の在日に対する考えではありません。
            「こうすべき」ではなく「こうなっている」という話です。

            現実は在日容認の流れなので困ったものだ。
            その理由は、

            A1入管法を改悪した。(三世に永住許可を与えてしまった)
            A2韓国政府は在日の受け入れを拒否している。
            A3在日は帰国も帰化も望まない。

            これに対する受験生さんの意見は以下のようです。
            B1将来の在日には特別永住を許可しない。
            B2入国拒否をして不法滞在者扱いにする。
            B3特別永住を認めないので、帰国か帰化を選ばざるを得ない。

            Aのように現実は在日をなくす方向に向かっていないという現状把握をしています。

          8. >今回は私の在日に対する考えではありません。
            「こうすべき」ではなく「こうなっている」という話です。

            じゃぁ、ハナから議論になりませんがなw

            受「こうすべき」

            種「こうなってる」

            平行線でしょうにw

          9. それと、

            「二重国籍」「行政の連続性」
            については誤解されてるまま(訂正されていない)。

            ベースがおかしいのです。
            ベース(前提)が違えば、これまた「平行線」ですねw

          10. >受験生
            >2018年9月21日 20:55

            で、私の主張は、故三宅久之さんと同じ、
            「在日を世代で切る」
            ですし。

            そうすべきだ、と提案してる。

            日本国籍が嫌ならお国に帰ればいいし、日本国籍がいいなら帰化申請すればいい。

            この考えは、入管法改正で否定されました。
            三世も特別永住者になりました。という現実があります。
            在日は帰化も帰国もしない現実を無視しています。

            >受験生
            >2018年9月23日 12:50

            現状はこうなので、「在日は世代できる」<ー入管法改正で否定された。
            より、特別永住者をなくし永住者で一本化が現実出来ではないかと提案しました。

            >受験生
            >2018年9月23日 12:55
            重国籍については訂正済み

            最近の韓国は頭痛の種
            2018年9月23日 09:50
            <追加>
            両親が外国籍だと該当しないようです。

            >日本生まれの重国籍なので、一定の年齢に達すれば本人の意思で選択の流れになると思います。

            「行政の連続性」について
            わたしのコメントの何を指して言っているのか書いていませんね。
            わたしのコメントの何処に、「行政の継続性」って書いていますか?。
            受験生さんの思い込みか感想にすぎない。
            それに何の訂正が必要なのか。
            なんでわたしが受験生さんの感想を訂正するのか、意味不明です。

            >受験生
            >2018年9月23日 10:58

            行政の継続性」は大事なことですが、一回決まったことを変える、ということは普通にあります。
            (「行政の継続性」のとらえ方が違います

            受験生さんの在日をなくすには世代で切る。
            これは入管法改正で否定されたも同然。
            世の中在日を無くす方向性に向かっていない。という現実提示をしました。

            それにたいする私の意見は、特別永住者をなくし、永住者に一本化する。
            これが現実的ではないかという提案です。

          11. だから平行線だと言っているw
            全然わかっていないですなぁw

            「行政の連続性」
            >三宅方式(世代で区切る)は、入管特別法廃止、入管特例法へ移行という日本政府の考えに逆行するものなので実現性は乏しいと思います。1991年の入管特例法は在日の存在を認める法改正です。

            >入管法改正で否定された。

            一回決められたことは変えられない、という主旨に読むのが普通でしょうw
            それを「『行政の連続性』とは意味が違う」、と言っているのですよw

            現行法では「そうかもしれない」が、必要なら法改正すればいい、と言ってるじゃないですかw
            一回決めた法律が、その後の事情で変えることはあり得る、と言っているのですw
            「行政の連続性とは、一回決めたことは永遠に変わらない、ということではない」
            ので、「行政の連続性」を誤解している、と言っている。

            ある意味「専門用語」ですわ。専門用語を使えば主旨が伝わるでしょ?言い換えてるわけw

            「二重国籍」
            [追加]記載は気付かなかった、申し訳ない。

            >現状はこうなので、「在日は世代できる」<ー入管法改正で否定された。
            より、特別永住者をなくし永住者で一本化が現実出来ではないかと提案しました。

            提案は提案で、いいですよw
            そして、それで可能なら良いんじゃないですか、と答えてるしw

            そのあと、あなたが、
            「こうなってる」という話をしている、というから(いいですか、あなたが言っているのですよw)
            では、平行線ですね、となるわけ。
            理解されてます??

            それと、
            「韓国は、いわゆる在日の帰国(ここでは単なる一時帰国ではなく、永住、定住を意味すると思いますが)は、拒否している」のですか?一律拒否?
            そういう主旨を書かれていると思うが。↓

            >いわゆる在日の帰国希望は皆無だろうし、韓国政府も受け入れを拒否しています。

            その根拠やソースってあります?
            私はその事実を知らないのです。

          12. 韓国政府の「在日受け入れ拒否」はわかりました。
            複だのブログ?などで書いてますね。
            (検索方法が良くなかったようで)

            ただ、保坂某教授の韓国への帰化(日本人→韓国人)という例があるので、
            在日だって個別に帰化申請すれば受け入れられる可能性があるのだろうと思います。
            「一律拒否」となれば、相互主義的観点から、日本側の対応を見直す必要もあるでしょう。

          13. 訂正

            >複だのブログ?などで書いてますね。

            「複数のブログ?など」

          14. いいですか、
            私は目的として
            「将来的に在日という存在をなくすべきだ」
            と言っている。
            これは、韓国が交渉の席に着かない、在日の帰国(移住)を拒否している、なら、日本の国内問題なので法改正するなりしてなくしていくべきではないか、という提言だ。
            (きっかけは「三宅さんの5,6年前の発言」ですわ)

            それを、
            種さんは、現行法では無理、といい、その後、永住資格に一本化が現実的、と変えた。
            (いいですよね?あってますよね?)

            まず、意見を変えるなら、最初から『永住資格に一本化』としてくれないと、こちらは迷惑するわけよw
            (意見を変えるのは仕方がないとしても、相手している方とすれば迷惑、というのもわかるでしょう?)

            で、
            「在日をなくす」ということ(目的)は一緒なわけでしょう?
            手段にこだわっていない、と何度も書いてるw

            それを、
            「現行法は否定している」
            「私は、こうなっている、という話をしている」
            「行政の連続性なんて言葉は使っていない」
            など、

            本質とは違うところの話ばかりだw
            では、議論できませんね、と言っているの。

          15. 受験生さんは、入管法の改正にある考えという私の話を行政の連続性にすり替えています。あなたがそう解釈するのは勝手ですが、それを訂正しろというのはお門違いです。

            入管法の改正にある考えは、在日容認でしょう。そう書いてますけど。
            受験生さんのいう「在日という存在をなくす」という考えはこの入管法改正にないとみるのが妥当でしょう。
            「在日の存在をなくす」には三世の特別永住者を認めなければ良かったのです。

            >一回決められたことは変えられない、という主旨に読むのが普通でしょうw
            というのは、わたしの↓をろくに読んでいないということです。

            最近の韓国は頭痛の種
            2018年9月23日 09:44

            法にはその背景には理念(考え)があります。
            入管特例法の理念は在日の存在、日本人との共存を認めているように思えるので、未来永劫、在日は特別永住者として居座り続けることになります。ただし現在の嫌韓ムードが続けば、特別永住者を廃止し法的に一般外国人並みに扱うことの支持は得られると思います。

            この「行政の連続性」を不連続にするには、先に「在日の存在をなくす」考えがあって、それから法改正でしょ。日本政府の方針は「在日の存在をなくす」ですか?。
            ならば大いに結構なことです。

            >いわゆる在日の帰国希望は皆無だろうし、韓国政府も受け入れを拒否しています。

            その根拠やソースってあります?
            私はその事実を知らないのです。

            皆無だろうしというのは推測ね。
            推測にソースがありますか?
            推測と事実は違います。

            在日は帰国したら差別されるだろうね。
            日本のほうが暮らしやすいから、
            帰国希望者なんていないんじゃない?。
            居たとしたもとっくに寄稿しているわ。
            そりゃそうだ。

            その根拠やソースってあります?
            何のことやら。

            >受験生
            >2018年9月23日 14:16

            注意
            これは追加のコメントを読む前の返信です。
            追加のコメントについては後ほど返信する予定です。

          16. >受験生さんは、入管法の改正にある考えという私の話を行政の連続性にすり替えています。あなたがそう解釈するのは勝手ですが、それを訂正しろというのはお門違いです。

            いや、だからそのことを「行政の連続性」と、言い換えているのwその説明もしてるし、行政法も過去それなりに勉強してるわけよw
            「すり替え」
            じゃないしw
            分からない人だなぁw

            あなたは「行政法」を勉強したことがありますか?
            法を基礎法学から勉強したことがありますか?

            したことがあれば「行政の連続性」という語句や『言い換え』を素直に理解するはずなのですよ!

            ちなみに、
            「侵害留保説」「全部留保説」などとわざと書いたのは、
            行政法を勉強してますよ、と暗に知らしめるため。

        2. >受験生
          >2018年9月23日 15:37

          マウンティングには興味ありません。

          これは受験生さんがこいつ気に食わないと言って議論ルームに誘って叩き潰そうとしたら、逆にITかなんかの専門用語の説明をされて逆に潰されたことの応用でしょ。

          本筋を外れたそういう枝葉末節にこだわるのは、マウンティングですよね。

          話がそれたついでに、

          プロと専門家の違い

          あるプロジェクトで専門家どうしが協力することになりました。
          専門用語は他の専門家にはちんぷんかんぷんです。
          それでは仕事になりません。

          専門家どうしは専門用語で話すとつうじやすい。
          しかし、違う分野の専門家同士、専門用語で話しても通じません。
          プロは、専門用語を一般にわかる言葉で説明できる人を言います。
          そうでないとプロジェクトは完成しません。

          仮に受験生さんが何らかの専門家としましょう。仮に。
          一般用語を専門用語に置き換える必要はありますか?。
          「行政の連続性」はなんちゃらでは、話が進みません。
          つまり、本題を避けて専門語を持ち出すのは会話する意思がない。
          そういうことですね。

          1. 医者は患者に専門用語連発で説明しますか?。
            おれは医者だ。専門用語などわからないだろ。
            とマウンティグされてもね。

            そんなアホ医者いるか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。