テ・ヨンホ氏「すでに国際連合軍司令部の解体が始まっています」

国際連合軍司令部。韓国では「UN司(ユエンサ)」と言います。朝鮮戦争が起きた直後、国連安全保障理事会の「対・北朝鮮への軍事制裁と統合司令部設置」決議に基づいて作られた軍事機構のことです。司令官は駐韓米軍司令官が兼職します。

すでにそのUN司令部の解体が始まっている、との主張がありました。元イギリス駐在北朝鮮公使、テ・ヨンホ氏です。「3階書記室の暗号」など北朝鮮体制を批判する本を出し、北朝鮮から集中的に非難されたことが記憶に新しいですね。

文化日報の記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<テ・ヨンホ、元英国駐在北朝鮮公使は14日、南北の軍縮と終戦宣言の推進について、「7月31日の南北長官級会談の後、国連軍司令部の解体過程がすでに始まっている」と憂慮した。テヨンホ元公使は「国連司令部の存続問題と朝鮮半島の非核化の概念を曖昧に残したまま終戦宣言を採択した後、国連がそのまま存在する場合、北朝鮮は、米国と韓国が終戦宣言を履行していないと圧迫するだろう」、「それは新しい対決と不和の種になるだろう」と警告した。

テヨンホ元公使はこの日、文化日報との電話通話(※ソース記事が文化日報です)で「南北平和体制構築の過程で終戦宣言採択後の国連解体は必ず通過しなければならない関門」とし、「時点と条件が問題だが、大多数の国民は、韓国と北朝鮮当局が国連解体過程をすでに開始し、米国も黙認している事実をよく知らないでいる」と話した。

テ元公使は「このような事実と政府の意図を事前に国民に教え、国民が国連の『多国籍防御機能』がこれからは無くなるので、私たちが自らを守る安保構造を用意しなければならないことを知ることができるよう、公論化の過程を経なければならない」、「ある日突然国連解体の決定を発表すると、かなりの混乱が生じるだろう」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20180914120033322?d=y

 

「非核化を曖昧にしたまま、邪魔になる要素を一つ一つ潰しておく」という見方には同意します。しかし、この件が口論されたとして、韓国民が真剣に受け止めるのでしょうか。大して賛成も反対もせず、「それがどうした。早く景気をよくしろ」ぐらいの反応しか見せないのでは?な気がします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“テ・ヨンホ氏「すでに国際連合軍司令部の解体が始まっています」” への24件の返信

  1. 味方のはずの日米を裏切る韓国。ならば、日米は韓国を敵と認識して対応する。
    敵側についた韓国は、小遣い銭目あてで確実に味方を裏切って日米にいい顔を見せる。
    であるなら、韓国を味方にするために高額なコストを負担するよりも、敵側に追いやったほうが、はるかに安い負担で好きに韓国を使える。
    ついでに、韓国を抱え込んだ敵陣営に高額な負担を押しつける事ができる。
    と、考えますがいかがでしょう。

  2. トランプ暴露本『Fear』についての解説記事から抜粋。
    3ページ目には、日本についても言及アリ。
    安倍首相は、おそらく相当気を使いながらやっているのだろうなと思います。

    早く日本語訳でないかな。

    https://www.newsweekjapan.jp/watanabe/2018/09/fear_2.php
    米韓自由貿易協定(KORUS)に関する冒頭のシーンを読むと、私たちが毎日危険な崖っぷちに立っていることがわかり、背筋が寒くなる。

    1950年代から存在するKORUSは、経済面だけでなく、軍事協力や秘密情報機関の活動の点でアメリカにとって重要なものだ。2万8500人ものアメリカ軍人が韓国に駐屯するのは、韓国のためではなく、アメリカのためである。そんなことは、ふつうのアメリカ人でも知っている。

    それなのに、トランプ大統領は韓国への貿易赤字が年180億ドル、米軍を韓国に駐屯させる費用が35億ドルもあることに怒り、協定を停止することを独断で決意した。

  3. 確か 国連軍の司令部は、日本にあるはずです。
    (横田だったか? 正確には覚えていませんが、どこかの、在日米軍基地の中です。) 国連軍参加各国、英国・フィリピン等の連絡武官も、一様まだ日本のにある司令部にいることになっています。
    少なくても、国旗は掲揚されています。

     それなのに、国連軍の最高指揮官が、駐韓米軍司令官ですか?
    テ・ヨンホさんは、朝鮮戦争の平和条約締結を阻止したいために、物語をつくっているのではないでしょうか。

    1. 上記に、間違いがありました。

      誤 一様、日本のにある司令部
      性 一様、日本にある司令部

      失礼しました。

      1. >誤 一様、日本のにある司令部
        >性 一様、日本にある司令部

        >失礼しました。

        もちつけ!
        「正」、「一応」か?

    2. ↓で説明されています。

      朝鮮国連軍と我が国の関係について
      #https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/fa/page23_001541.html

    3. 横田基地にあるのは、国連軍「後方」司令部であり、
      「朝鮮国連軍司令部」はソウルにあるようです。

      ソウルの組織に対して、何らかの無力化措置が行われており、それを米国が見て見ぬ振りをしている、ということを、テ・ヨンホ氏は述べているものかと思います。

  4. >>「国連軍指令部の解体を開始」
    >>「米国は黙認」

    これがもし事実なら、朝鮮半島における軍事境界線の無意義化は、6月12日時点の予想より遥かに速いペースで進んでいることになりますね。

    はぁ、「米国は黙認」ですか。米国内における、トランプ大統領と実務派(ポンペオ氏やマティス氏ら)との綱引きの現状が、ここに透けて見えているのでしょうか?

    38度線を守る意志が、最大の当事者である南朝鮮政府にはなく、むしろ軍事境界線を無くしてしまいたいと考えているのだから、米国としては、ここにお金をつぎこんでも、ザルに水を溜めるのと同じと考えたかも知れませんね。

    国連軍指令部が完全に解体されれば、日本の防衛戦略も大きく変えなくてはなりません。これまでは、曲がりなりにも38度線が存在することを前提にしてきたのだから。

    南朝鮮がこのまま北朝鮮との統一に成功してしまうなら、シンシアリー氏がおっしゃる通り、日本は、核ミサイル攻撃を「南朝鮮」から受ける可能性が高まることになります。本当に、危険な動きです。

  5. トランプになってすぐに、在韓米軍撤退の話は出まくってるよね?南北云々じゃなくて、シーレーンの後退というのはずーっと前から言われてるもの。
    そして、例えば「知事選挙で誰がなろうと」在日米軍基地なしには、沖縄は存在できないんですけど、その辺が野党の脳味噌がよく分からない。
    南朝鮮半島は状況次第で砲撃の1つや2つ、なんとも思ってないのですから。(危機感なんて長らく皆無だし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。