京城(併合時代のソウル)ブーム?

ムリキュアの総集編放送(共同声明)にはまだ時間がかかりそうで、別のエントリーを一つ書きます。

オーマイニュースの記事によると、韓国で「京城」が人気ワードになっているそうです。京城は、併合時代のソウル(漢陽、ハニャン)のことです。

韓国にいようと日本にいようと、そういう話題には「鈍い」シンシアリーですので、「そうなのか?」と思って検索してみたら、「モダンなファッション」「変化する時代の風景」などのイメージが「受けて」いるとかなんとか。

ですが、愛国心が発動したのか、オーマイニュースが「どうして京城のイメージが日本的なものばかりなのか」という記事を載せました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・京城は朝鮮だ。日本じゃない

・最近の韓国であふれている「京城」という言葉を見ていると、「倭色」という、古くて民族偏向的な言葉を持ち出さずにはいられない

・(併合時代当時)日本人たちはユニークな文化を体験するために京城にグループ旅行にきていた。朝鮮の最大の都市、京城は朝鮮の遺産と新しい文物が融合して近代化した朝鮮文化の土地だ。日本の物理的植民地だったものの、文化の植民地ではなかった

・来年は日帝治下で数多くの人が立ち上がり非暴力で抵抗していた3.1運動が100周年を迎える年である。このような歴史的な瞬間に、京城と日本を同一視する観点が自然に染み込むと、物理的に、精神的に日本を克服するために力を尽くしてきた過去数十年の歳月があまりにも空しいではないか

https://news.v.daum.net/v/20180917135100297

 

韓国がよく持ち出す「根拠」に、こういうのがあります。「~に違いない」。

この記事の主張にも、同じ問題があります。「京城は朝鮮文化だ。日本文化ではない」とするなら、そこにあった「朝鮮ならではの文化」には何があったのか、新しい文化が入ってくる前にはそこにどんなものがあったのか。記事に、そういう内容は一切ありません。

朝鮮独自の文化があって、それは決して日本のそれではなく、大勢の日本人がその文化に憧れてやってきた・・に違いない。それが「根拠」なのでしょうか。

京城は日本でしたから、そこになにがあったとしても、「日本の文化」です。あの時は朝鮮半島全体が日本でしたから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

123+

89 Replies to “京城(併合時代のソウル)ブーム?”

  1. そのまんま日本の都市部の流行を移植したイメージしか湧きませんが……
    まあ今もあんま変わらないか

  2. 考えてみると当時の京城は日本と比較しても有数の大都市だったんでしょうね。大阪レベル?
    併合時代の京城史の本があったらちょっと読みたいですね

  3. 「韓国では推理小説が生まれない」という大切が有りました。しかし、以前の京城ブームの時、それが出現したことが、話題になりました。
    論理的整合性を追っていく形式に、西洋的な京城が背景にマッチしたのでしょうか。
    残念ながら、その後の推理小説の発展の話は聞きません。

コメントは受け付けていません。