金正恩氏、「年内に」ソウルを訪問すると約束

そろそろ最後にしたいところですが、また首脳会談ネタです。

年内に(多分11~12月)金正恩氏がソウルを訪問し、また首脳会談をやることになりました。

ただ、「文在寅大統領が要請した」という記事もあるし、「周辺が全員反対したのに、金正恩氏が独自に決めた」という記事もあります。

どちらにせよ、「警護面で問題が発生する恐れがある」という指摘が早くも出ています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・「文大統領は19日、平壌百花園迎賓館での首脳会談の直後、「金委員長にソウル訪問を要請し、金委員長は、近いうちにソウルを訪問することにした」とし「特別な事情がなければ、『今年中に』という意味」と明らかにした。金委員長も「文大統領に近いうちにソウルを訪問することを約束した」と確認した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180919165829986

 

<ムン・ジョンイン、大統領統一外交安保特別補佐官は19日、金正恩北朝鮮国務委員長のソウル訪問の約束と関連して、「完全に金委員長の独自の判断だった」と語った。ムン特報はこの日の午後、平壌高麗ホテルプレスセンターのブリーフィングで、「周辺では金委員長のソウル訪問を全員反対したが、防ぐことができなかった」としながらこのように明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20180919183707186?d=y

 

7日、「(年内に)後戻りできないようにする」と文大統領が話したことがありますが・・「年内に」への執着が半端ないことだけはわかる気もします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

116+

“金正恩氏、「年内に」ソウルを訪問すると約束” への30件の返信

  1. 訪問した金正恩に北朝鮮の国旗と統一旗とやらを振って大歓迎するソウル市民。
    …、の映像が世界に配信されるわけだな。胸熱。
    天安門の朴槿恵どころじゃねえなあ。
    「主権を放棄した韓国」「民衆は赤化を支持」
    新聞見るのが楽しそうだな()

  2. 国内で長いこと引きこもっていたのに、今年に入って急にフットワークが軽くなりましたね。
    中共幹部の間では金正恩氏は金豚恩(キントンウン)と呼ばれているそうです。
    その心は 「あんなにデブなのに呼べばすぐさま飛んで来る」

    ※上記すべて冗談です。失礼いたしました。

  3. 北の王様が本当に韓国に訪問したら、何がそうさせたと不気味と興味の案件です。
    「行こう」の発言だけ見れば、周りの戸惑いや制止もひっくるめて、ムンさん(韓国)への粘着力の有る圧力(+カード化)ってだけで済むんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。