KBS特派員「韓国青年は輸出戦士、日本青年は緊縮性向」

KBSの東京特派員が、「韓国人材を輸出戦士として使う日本企業」という記事を書きました。

「韓国の青年は優秀だ。日本人から聞いた」、「日本の青年たちは保守的で緊縮な方向性になる」、「韓国青年たちは活発に働いて日本企業の輸出戦士になる。日本の青年たちは仕事を避けるために昇進すら嫌がる」、「日本企業は半導体輸出が大したこと無いからダメだ」、そんな内容です。

https://news.v.daum.net/v/20180924091309921

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この「日本の青年は消極的だ」というのも、韓国では定説になっています。同じ類のものとして「日本人はスーツ一着を生涯着る」「日本の女は夫の言うことにはなんでも従う」などがあります。

「若い日本人は現状に満足するだけ」という主張は、「日本は成長が止まっている」「日本から学ぶことはもうない」など、比較的新しく出来た反日思案と相性がいい側面もあります。

例えば、韓国側のスポーツ関連者たちは、いま韓国がもっとも見習うべきことは日本のアマチュアスポーツ活性化(部活活動なども含めて)だとしながらも、関連した内容、または甲子園大会のような青少年たちのビッグイベントを大きく取り上げることはそうありません。取り上げたところで、あまり『受け』がよくありません。それは、「日本の青年たちは消極的だ」とするレッテルと内容が矛盾するからです。この前、アジア競技大会で韓国が日本に順位が下だったとき、一部の韓国の知識人(?)たちが異常なまでに怒っていたのも、そういう裏があります。

 

もう少し視野を広げてみると、この記事は「あるもの」に似た矛盾を含めています。韓国が植民地近代化論(併合のおかげで発展できたという主張を韓国ではこう言います)を否定するときに真っ先に持ち出す根拠が、これです。『韓民族は優秀だから』。

でも、その『根拠』には致命的な矛盾があります。「じゃ、なんで併合されるほど国力が弱かったの?」という矛盾です。

 

この記事にも同じ矛盾があります。

まさに「ブーム」とも言えるほど、韓国では韓国人青年の日本企業就職が騒がしくなっています。この記事のそういう流れによるものでしょう。

そこで、「じゃ、そもそもなんで日本で就職しようとするのだろう」という矛盾です。なのになんで日本を見下す論調になっているのでしょうか。

余談ですが、記事には写真が4枚載っていますが、なぜか2枚が谷中銀座のものです。何か意味があるのでしょうか。ひょっとして、「日本で撮った写真」を適当に並べたものではないでしょうね・・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

122+

77 Replies to “KBS特派員「韓国青年は輸出戦士、日本青年は緊縮性向」”

  1. 例の縮み志向で教授になった李御寧の焼き直しだな。
    大阪城や、姫路城も知らずに盆栽だけ取り上げてての結論。
    如何にも韓国人らしい「断章取義」(古田弘司教授)。

コメントは受け付けていません。