韓国専門家「(慰安婦合意の)10億円を『死んだ金』にしよう」

韓国の世論は「よし、財団は解体出来た質疑は10億円だ」ということになっています。これは、文大統領の発言ともずいぶん差がある展開にも見えますが・・とにかく、そういう展開になっています。

10億円をどうするのかについていろいろ記事が出ていて主張も出てますが、地上波放送局SBSに「死金化(死んだお金にしてしまう)」という話が出ています。

部分引用しますと、<・・一部の専門家は、いわゆる「死んだお金」戦略を提示します。10億円を政府基金などでそのまま保存して、慰安婦問題が未解決であることを象徴するお金にしようという提案です・・>、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国に帰化した保坂祐二教授は、インタビューでこう話しています。

「被害者の同意が全くなかったと、さらに強調し、それだけこの慰安婦問題は被害者中心の解決で行かなければならない(というメッセージを国際社会に与えることができます)」。

https://news.v.daum.net/v/20180927210906051

 

記事は「もし10億円を日本に返しても、日本が受け入れるはずもなく、日本は『韓国は政府同士の約束すら破る国だ』と国際世論戦に出るでしょう」としています。

 

「10億円出せば韓国が財団運用して慰安婦問題は不可逆的に終わり」と言っておいて「この10億円は慰安婦問題が終わってないという証拠だ」とするわけですが・・この時点でおかしいと思わないのでしょうか。10億円に向かって「◯ね」と言ってるだけの戦略にも見えます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

107+

“韓国専門家「(慰安婦合意の)10億円を『死んだ金』にしよう」” への68件の返信

  1. そのウリナラ思考的戦略に対して世界各国に撒き散らされた在外ウリナラ同胞(在外僑胞)や華僑に国連人権理事会ら反日勢力・反日工作員、及び反日工作協力者らの賛同は得られるでしょうけれども、中朝韓の反日特亜三国を除けば190余の国連加盟国の多くから賛同を得ることは極めて難しく、ほぼ不可能に近いでしょう。
    北朝鮮は判らぬものの、恐らくあの元祖反日国でお馴染みの中国ですら国家間合意(二国間合意)を反故にする事を容認しないでしょうね。
    何やかんや難癖つければ合意を反故にする事を認めればTHAADでの中南三不合意をも反故にしてもいいと南朝鮮が増長しかねない。
    中国からすれば南朝鮮の分際で増長するのであれば常套手段の報復的懲罰措置で強硬に強権対処すればいい程度に考えていて日本相手なら慰安婦合意反故も黙認するのかもしれませんけどね。

  2. へぇー 俺は遠の昔に挺身狂の連中がポッケナイナイしちまったもんだと思っていたが、まだ残ってんだ。
    帳簿上は10億計上。現物は誰かの懐に・・・うっしっし。笑

    ところでだ、これは南朝鮮政府内部のあぶり出しでもあるな。
    誰が銭に手ぇ付けたか犯人捜しの目的もあるんだろう。
    恐らくは、公に聞こえてこないところで噂になっているんだろうと思う。
    南朝鮮にしてみれば笑いが止まらないのは確かだろう。
    日本を恐喝すれば湯水の如く銭が手に入る。
    理由などは何でもよい。ただ脅せばOKだ。
    いっそうのこと戦争を仕掛けるぞと、脅してみたらどうだ?
    一発で折れるぞ。小枝を折るが如く折れること間違いなし。

  3. 現に、合意によって日本が支払った10億円が韓国の手中にある。日本側の合意履行は終了しました。
    その10億円は、自称慰安婦のために韓国側が運用する。
    しかし、お大事な慰安婦のためには遣う意志がない。
    この先未来永劫、日本にタカるためのシンボルにしたい。
    というふうに理解せよとのことでしょうか?

    そうですねぇ。お困りなら追加でいかほどでも用立てさせていただきます。m(__)m

    なんていうわけないでしょう。脳天気にもほどがある。
    韓国人としては、受け入れられないと思いますが、もうこれ以上韓国にコストをかけても利益が望めないんですよ。日米ともにね。損切りしてしまわないといけなくなったんです。
    それは、韓国人の味方を背中から刺す不実なおこないと底なしの愚かさのせいですよ。

    1. >匿名さん

      >いやいや賭けてもいいけど数年後に蓋開けたら消えてるよ

      私はすでに消えている。に掛けます!

      使い道は、何人かの慰安婦はまずお金を受け取っています。
      で、世間から非難されて、そのお金を返した人もいます。
      でも、全員が返したわけではありません。

      そして財団の運営費そのものに使われています。
      何人いるのかはわかりませんが、韓国の高官のお給料は
      日本よりずっと高額です。
      韓国大統領の給料は安倍総理より高く、韓国の中央銀行の人の
      年収は、日銀総裁よりずっと高いのです。
      かの国の財閥系の役人は年収2000万円超えがざら。
      日本より遥かに貧富の差が激しい国なので、
      財団の人のお給料も年収2000万円超えでもおかしくはない。
      20人もいれば、1年間で4億円の消費。
      2年半で消える。で、人件費に使い果たしてお金がなくなったから
      財団解体したんだと思っています。

      1. >私はすでに消えている。に掛けます!

        『すでに火葬したニダ!!』

        ※「すでに死んでいる」で北斗の拳を思い出しました。

  4. そもそもその財団のための10億円の拠出は、「慰安婦合意」を有効ならしめるために必要とされる措置の一部で、日本側の履行すべき具体的措置の肝となる部分です。
    日本がそれを履行した時点で、日本については「慰安婦合意」で課せられた責務はすべて果たされています。
    つまり、韓国側が10億円を受領した時点で、日本については「慰安婦合意」が不可逆的に有効な国際的合意となっているわけで、韓国には、国内的に何をどうしようとそれを覆すことはできません。

    合意の事実上破棄はあり得ません。「慰安婦合意」を亡きものにしたいのなら、盛大に血を流す覚悟で、破棄を宣言すべきでしょう。終戦宣言を取り付けるよりも簡単なことだと思うのですが。

  5. どうせすぐに経済危機対策に使っちゃうよ。目的地限定の金を合意違反してね。
    腹ぺこの猫に焼き魚の番をさせてるようなものじゃん。日本政府も意地悪なものだねぇ。

  6. もしかしてイルボンから貰った金?

    慰安婦被害者が大阪を訪問 台風被害の朝鮮学校に義援金寄付
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/09/28/0400000000AJP20180928000600882.HTML
    >正義連によると、金さんは台風により朝鮮学校の窓ガラスが割れ、壁や屋根が破損するなどの被害を受けたことをニュースで知り、日本政府が朝鮮学校への補助を打ち切ったため自らが支援を行わねばならないとして1000万ウォン(約100万円)を寄付することを決めた。これを聞いた吉さんも300万ウォンの寄付を申し出たという。

  7. わざわざあのホサカのインタビューを載せるってところがあざといですね。もっとも底は砂漠の水たまりより浅いですが。シンシアリーさんがおっしゃるとおりの反日ビジネス部イアンフ課の専門家がさっそくご登場ですが、まぁすべて他国の国内での問題ですので無関係ですね。
    千年ずっと10億を前に出し抜かれないかお互い監視し合っているのがお似合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。