挺対協「慰安婦をノーベル平和賞に推薦したのに、日本のせいで受賞できなかった」

「日本軍性奴隷問題の解決のための正義を記憶する連帯(旧・挺対協)のユン・ミヒャン理事長がノーベル平和賞の関連して声明を出しました。

どうやら、キム・ボクトンという(自称)慰安婦被害者を推薦したようでして。

ですが、記事によると「国際社会での日本の壁にぶつかって金氏が受賞者になれなかったと説明した」、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ユン理事長は「(平和賞2人と)キム・ボクトンまで三人が受賞者になれたら、その意味が世界の女性の人権運動史に与える力がものすごいものになれたはず」、「しかし、最終的には、(ノーベル賞委員会は)コンゴとイラクは選択したが、日本は隠した」と述べた。金さんの受賞挫折に「日本の壁」があったことを意味する。ユン氏は「国際社会で『日本』の壁は本当にひどい」と吐露した。続いて「戦時性暴力の被害者の人権運動に最も大きな貢献をした方は、日本軍慰安婦被害者だ」、・・>

https://news.v.daum.net/v/20181007165308493

 

記事には、こんな内容があります。

<・・キム・ボクトン氏は、2015年の戦時性暴力被害者を支援するために5,000万ウォンを、当時韓国挺身隊問題対策協議会が運営するナビ(蝶)基金に寄付した。ナビ基金は、コンゴ民主共和国とベトナムの性暴行被害者を支援するためにも使われた。以後、金おばあさんの名前を冠した「キム・ボクトン平和賞」も制定された・・>

なぜこの文章が記事に書いてあったのでしょうか。「日本のせいだ」にするにも、必要無かったのでは?な気がしますが。

ひょっとして、「お金をやったから、こちらがもっと偉いんだぞ」と言いたかったのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

144+

“挺対協「慰安婦をノーベル平和賞に推薦したのに、日本のせいで受賞できなかった」” への95件の返信

  1. ノーベル平和賞は、金大中と北朝鮮に意図的に利用されて北の核開発を推進してしまったという大失態を犯しています。
    もう一回、韓国や北朝鮮に利用されたら終わりでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。