伝える知恵

米国、アリゾナであったことです。恐縮ですが、ソースを忘れましたので詳しい時期は不明ですが、「感じ」からして最近のことではなく、結構前のことだと思います。

化石化した木(の破片とか)が多いことで有名な、アリゾナ州の「化石の森」国立公園。しかし、化石をこっそり持ち帰る人が多くて、大変困っていました。公園側は、警告というかお願いというか、いろいろ表札を作りましたが、期待したほどの効果はありませんでした。

アリゾナ大学も研究チームを作り、この被害を調査するために国立公園に派遣しました。ですが、そのチーム員の一人が、公園を訪れた二人組の客の妙な会話を耳にしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「私たちも一つずつ、どう?」。

その客が立っていた場所は、他でもない警告表札の前でした。その表札にはこう書いてありました。「あまりにも多くの石化した木が無くなっています。皆さんが小さな化石1つを持ち出しても、毎年14トンが無くなります」。

大学研究チームは、これはもしやと思い、公園の各エリア別に、3種類の表札を用意しました。

 

エリア1には、「大勢の人たちが化石を持ち出しています。自然を守るためにもやめてください」。

エリア2には、「自然を守るために化石を持ち出さないでください」。

エリア3には、「持ち出さないで」な内容は何も書いていません。

結果、もっとも多くの化石が無くなったのは、エリア1でした。もっとも効果がよかった(無くなった化石が少ない)のは、エリア2。

 

この実験は、「社会問題を告発するにも知恵が必要だ」という主張とともに、たまに取り上げられます。

適用の幅を無理やり広げてみると、テレビニュースである事件を取り上げる時、「こんなことがあってはいけない」という趣旨を伝えるべきであり、

ニュースの刺激または商業性を重視して「こんなことが蔓延している」という方向性にやりすぎると、

逆に「『こんなこと』はみんなやっているのか」という認識を与え、むしろ「こんなこと」が社会的に増えてしまう恐れがあるというのです。

 

社会告発(のつもり)のマスコミのニュースなどを耳にして、視聴者が「またか」「いつもこうだ」と思うようになると、そのニュースはすでに逆効果を出している恐れがある・・という意見もあります。

ただ、問題なのは、マスコミの方向性(特に政治的なもの)、そしてニュースの商業性(視聴者は、1つの破壊的な出来事を扱うニュースにもっとも興味を示すが、大勢の人たちがやっているという趣旨のニュースにも強い興味を示す)のため、どうしても「~が蔓延している」というふうにニュースが広がってしまう点です。

ニュース番組などで「両側の意見を伝えるべき」とするのも、同じ側面があります。一方の意見だけを伝えると、「みんな、ああ考えているのか」という間違った認識を与えてしまう恐れがあるからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

126+

44 Replies to “伝える知恵”

  1. コレ、日本のTVは意図的にやってると思います>皆がやってるなら自分もと思わせる誘導
    例えば、自殺が増えた、集団自殺が流行ってると言って詳しい手法を放送したり
    援交が流行ってる皆気軽にやってると誘導したり
    芸能人が麻薬で逮捕された時に「主婦や若い女性の間に麻薬が広がってる」と眉をひそめるフリをしながら「気持ち良くて止められないんです」と経験者のインタビューを流したり。(その時、極左の人がその芸能人をやたら擁護してるのを現実で見てたので、どういうルートのお話であるか、なぜTVで麻薬の宣伝をしてるのか察しがつきました)
    本当に問題だと思ってるなら当然「それに伴うリスク」に興味が向くはずなのに、そこには一切触れずボーダーライン上の人の背中を押す番組作りばかりしてるのは意図があると見做さざるを得ないです

コメントは受け付けていません。