韓国、来月1日から北朝鮮偵察を制限・・米軍側は反発

朝鮮日報、13日の記事です。韓国が、予定通り来月1日から北朝鮮に対する空中偵察を制限するとのことです。

朝鮮日報は「米軍側は完全には同意していないと聞いている」としながら、次のように書いています。

<・・南北軍事合意により、軍事境界線の南北に10〜40㎞以内が飛行禁止区域に設定された。このエリアでの空中偵察を禁止することにしたのだ。北朝鮮は休戦線付近に100万人を超える兵力と1100門の長射程砲など火力のほとんどを配置している。このような北朝鮮軍の挑発の兆候を事前に捕捉するために、私たちの軍は無人偵察機を導入したが、それらほとんどの検出距離が10〜20㎞であるため、事実上使えなくなってしまった。従来のRF-16偵察機などの探知距離も制限を受けることになった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それらの情報がなければ、精密打撃兵器システムも意味がない。侵略を防ぎ、平和を守るためには、まずなにより北朝鮮軍の動向をリアルタイムに把握しなければならない。これが難しくなったのだ。軍は「韓米協調の下、遠距離偵察資産、高高度の有・無人偵察機、人工衛星などを運用して北朝鮮を監視しており、問題ない」という言葉だけを繰り返す。じゃ、今まで軍は何のために必要もない偵察のために膨大な税金で偵察機を買ってきたのだろうか。

米軍が運用するU-2など偵察機と偵察衛星は北朝鮮の後方地域の核施設などの監視が主な任務である。韓国軍が軍団級以下部隊に、独自の無人機の導入を推進してきたのも、そのためであった。たとえ米軍の偵察資産を前方地域の監視に投入するとしても、24時間、韓半島上空に浮かんでいるのは不可能である。前・後方偵察能力の両方が弱体化するしかない。

米軍偵察資産の支援を円滑に受けることができるかも疑問だ。トランプ大統領は駐韓米軍撤収を簡単に話しだす人である。米軍は、飛行禁止区域の拡大に今まで完全に同意しているわけではないという。もし韓米同盟の亀裂があったら、韓国軍は「目」なしに戦うことができるのか。 「まさか」そんなことはないだろうとでも思っているのだろうか>。

https://news.v.daum.net/v/20181013030919233

 

記事の題「米軍同意無しに、20日後には北朝鮮への偵察を制限」のとおり、同盟国の同意も無しにこういうのをやるのは、さすがに驚きです。

それに、米軍側は完全に「無視された」立場になります。軍事合意は南北首脳会談で決めたことですが、普通は「その前に」米軍側と話し合って、やるのかやらないのか、やるならどのぐらいのレベルでやるのか、そんなのを決めてから会談の議題にすべきだったのでしょう。完全に米軍を「無視」した形になります。

 

現在、スマホなどモバイル機器に限ってのことですが、ツイートからのリンクで本ブログを表示したとき、コメントできないなど妙な表示になる不具合が発生しています。本ブログからはなにも設定を変えていないし、PCからは問題ないので、対処に困っております。「シンシアリーのブログ」をクリックするなどでいったんブログの扉ページに戻ると、普通の表示になります。迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

116+

“韓国、来月1日から北朝鮮偵察を制限・・米軍側は反発” への38件の返信

  1. 在日米軍が日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対して事前審査を義務づける新指針を導入したとのニュースがありましたが、米国の同盟国である韓国がこうした規制の対象となるのは異例だそうです。
    これは、韓国を信頼していないと言うメッセージなのかと思います。(個人的感想)

  2. この件は,南か北のどちらが言い出したのだろう? 文タンが苦し紛れに提案したのか,北側の発案だとしたら黒電話の失策だ.

    非武装地帯を拡げるのは和平に資するととれる.だが それを確認する手段を退けるのは不信感を大きくする.この処置は終戦から遠ざかる方向なのだ.もちろん 米にとっても面白くない.

    南北は平和を演出したいのだから,攻撃に用いる装備を下げるだけでいい.近々に北が攻撃する気が無いなら,北の重火器を下げたのをUNCに確認させた方が効果的だ.

    米に「偵察機を嫌ったのは攻める気があるからだ」と言われたらどうするのかな,たぶん 康長官が謝るんだろなぁ w

コメントは受け付けていません。