じゃぱんらいふ~目の疲れ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

重い話ばかりだし、明日もどうせ重い話になるでしょうし、じゃぱんらいふエントリーを一つ書いてみます。最後にドール写真が1枚ありますのでご了解ください。

次の本のテーマが決まって、どんな話にしようかといろいろ考えているところですが、いつもより目が疲れるのを感じました。韓国にいたときみたいに銭湯や温泉に行ってくるだけで目が真っ赤になったりすることはありませんが、それでもやはり疲れるときは疲れます。

本格的に原稿執筆を始めるとこの数倍は疲れるので、いまのうちに眼科に行って相談でも受けてみようかな・・と、近くの眼科に行ってきました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

驚いたのは、メガネを新調するようにと言われなかったことです。

実は、これ、日本に来て2回目です。前はメガネ屋さんに入って「しばらくメガネを変えていませんが」と相談したら、視力検査の後に「レンズはいまのままで大丈夫です。単にレンズが目に合わなくなっているのではないか心配なだけなら、新調する必要はありません」と言われたことがあります。

韓国でも1年に1回は視力検査を受けましたが、その度に「眼鏡は新調しましょう」と言われました。「レンズだけ変える」に応じてくれる店が無かったので(韓国にもあると聞きますが、私が訪れる店ではダメでした)、新調もしていません。これ、日本で買った眼鏡で、結構気に入っています。

 

眼科の先生曰く、メガネやレンズは今のままでも十分で、むしろ少し度数を下げてもいいぐらいで、目の疲れへの対策として「近くのものを見るときには、メガネを外したほうが、目の負担が少なくなる。パソコンなら、メガネ無しでいける」とのことでして。目薬の処方箋はいただきました。

※これは、「私」の場合です。いくつかの視力検査のあとに出た診断結果ですので、私以外の人にも適用できるものではありません。ご注意ください※

それから時間が経ち、いまは結構回復しています。

 

他には、レナと出かけたり、近くの温泉を探してみたり、いつもどおりのシンシアリーのいつもどおりのじゃぱんらいふです。

明日は多分荒れるでしょうが、明後日(ハロウィン)にはまた去年みたいなレナスレでも書けたら、と思います。

この写真は、秋葉原の某所で撮りました。

それではそれでは、また(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

138+

“じゃぱんらいふ~目の疲れ” への44件の返信

  1. 「むしろ度数を下げても…」とか「近くは眼鏡を外して…」とか、やんわりと「老眼始まりましたよ」って言われてる気がしますね。そういうお年頃なのでは?

  2. >近くの温泉を探してみたり
    一人でも気兼ねなく行ける日帰りで無い温泉なら、
    関東圏ですが霧積温泉とか良いですよ。

  3. シンシアリー様、

    小生は、高校から裸眼視力が0.1でしたが、米国留学中、 
    40代で米国でフラップ・レーシック手術を受け、
    今では、運転免許証に規制はなく、裸眼視力1.2です。
    でも、40代後半から老眼になり細かい文字を見る老眼鏡が必要ですが、眼鏡から解放されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。