文大統領が韓国社会に葛藤を起こしたのではない。韓国社会の葛藤が文氏を大統領にしたのだ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

朝鮮日報のキム・デジュン顧問が、韓国社会について、こう書きました。

「大統領が多様性を容認せず、国民を一列に並ばせる国は危険だ。極限の対立、葛藤と呪いは多様性ではない。今、私たちが経験している葛藤は、単なる見解の違い、または正しいか間違っているかの問題、または支持するか反対するか、そんな次元のものではない。この国の対立には相手を容認しない独善、経験のない無知と無能、過去への復讐そして権力執着が複合的に絡み合っているようだ」。

呪いという表現も気になるし、どことなく本ブログの主張と似ている(年齢的に、本ブログが顧問に似ているのでしょうか)気もしますが・・一つ、どうしても同意できない部分もあります。

まず、記事の最後の部分を引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・大統領の役割は葛藤と対立を衝突に導くことなく、お互いに妥協して調整するようにすることにある。ところが、今の対立構図の片側に大統領が座長のように居座っている。大統領は「ろうそく」を話し、積弊清算を強調し、過去の「間違った」を全て正せと命令(?)して回る。

文大統領は、自分の国政の優先順位が「平和」にあり、その平和のために北朝鮮を助けようとする。そのためには何よりも、私たち国民の参加が必要で、私たちの社会を団結と疎通に導かなければならない。それでも彼は、北朝鮮に向けては「オールイン(※賭博などで、持ち金を全部かけること)」しながらも、何事にも大韓民国社会が真っ二つになっていることには傍観している。北朝鮮を支援するなら私たちの経済力が強くなければならのに、私たちの経済は、国民の葛藤の中で支離滅裂の状態だ。自分の国政目標を自ら崩しているのだ。

ド・ゴールは「愛国者は自国民への愛を優先するのに対し、民族主義者は他国の人への憎しみを優先する」と言った。文大統領と彼の手下たちは愛国者なのか、民族主義者なのか。大韓民国国民への愛が重要か、または米国や日本への憎しみが優先なのか。文大統領が民族主義者かどうかはわからないが、愛国者であることを願う>

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/11/05/2018110504058.html

 

保守派新聞とされる朝鮮日報の顧問としては、書くべきことを書いたのかもしれません。「自分の国政目標を自ら崩しているのだ」など、同意できる部分もあります。

でも、もっとも核心な部分に、どうしても同意できません。なぜなら、「韓国社会の現状は、文大統領のせいではありません。文大統領がそうしたのではなく、そんな社会が文氏を大統領にしたのです」。

韓国は、もともと、そんな社会でした。前の大統領も前の前の大統領もそんな流れから大統領になりました。韓国人の葛藤・・というか、韓国人が信じる主義主張は、結局は「誰かへの嫌悪」です。

愛国と「日本への憎しみ」が同じ意味になってしまったのも、もう随分前からです。

反共政策や、自国民への愛を出したところで、果たして韓国民が統合されるのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

146+

90 Replies to “文大統領が韓国社会に葛藤を起こしたのではない。韓国社会の葛藤が文氏を大統領にしたのだ”

  1. 韓国社会の葛藤というより、二元論の対立ですよね。

    学校のテストと違って、現実社会は、
    どちらが正しいか?の○×でできてはいません。

    どちらも間違いだったり、どちらも正しい。も当然ある。
    けど、韓国社会は、自分が間違いなら相手が正しく
    相手が正しいなら、自分はまちがい。
    と、オセロゲームのように白黒をひっくりかえしていきます。

    そもそもこんな考えの時点で、民主主義なんか
    運営できるはずがありません。

    民主主義は勝ち負けの世界ではなく、
    みんなの同意を得る運営方式です。

    おれは気に食わないけど
    みんなが決めたんならしかたがない。従うよ。
    これが前提にあう。それが人の意見を聞かず、
    自分の意見だけを聞け!と、押し付け合う社会では
    本当の意味の民主主義なんかうまくいくわけがない。

    民主主義に似た、衆愚政治です。
    衆愚政治の世界では、優れた政治家が出現できるわけではなく
    国民を感情的に煽る政治家が選ばれる。

    その扇情的な政治家がムンだったということに過ぎません。

    多少なりとも知恵のある人なら韓国で大統領にはなりたくないかと、私は個人的には「パンプキン」は嫌いです。

    あの抜け目のなさそうな嫌らしい性格が。
    あの手前勝手で身びいきで、およそ公明正大で、清廉潔白とは呼べなさそうな性格が嫌いです。

    それでも、韓国人がムンではなく、パンプキンを大統領に選んでいれば、日米との対立も生まずに、経済ももっとよくなっていただろうと思いますよ。
    ムンよりはバカじゃないですからね。

    1. 李氏朝鮮も大韓帝国も専制国家でした。
      日本併合期も、1931年からようやく地方議会と制限選挙が開始。朝鮮半島在住の人々が国政選挙に参加できたのは終戦直前です。独立後も軍政が長く続きました。
      つまり韓国人は民主政治に必要な土台を一切持っていません。彼らが民主政治をすることになったのは、アメリカがそう強制したからです。自分で選んだのではないのだから、うまくいくわけがありません。

  2. 「誰かへの嫌悪」ですか,言葉の印象に違和感があるかなぁ・・

    嫌悪にも憎むという意味は含まれるのですが,ただひたすらに嫌う イメージ.悪しきでも汚物でも何しろ近づいて欲しくない,私の目の届かぬ影響のない所へ行ってほしい.追いかけて鞭打つなんてしない,関わりを持ちたくない.

    シンシアリー氏が指摘する嫌悪は,朝鮮語的な恨(ハン)あるいはその解消などを含んでいるように思う.離れるだけでは解けない,劣等に貶め跪くまで追いかけてくる.そんな怨念まで内包しているような・・

    こうゆうのは個々の読書歴等によって違うので,一意見です.
    個人的には「誰かへの憎悪」の方が近いと思ふ.

     
     > 社会が文氏を大統領にした
     > 果たして韓国民が統合されるの…か

    について同意です.あえて突っ込むとすれば文タンの愛する国は統一朝鮮.隣人愛では無い,純粋に同胞への愛でもあるだろう.

    余談だが,率直に言ってド・ゴールは勘弁してほしい.フランスにとって偉大な人物だと思うが,背丈と同じくらい尊大で大口.
    一緒に仕事したい人物ではないなぁ

  3. 金大中とは違うキム・デジュン大記者様ですか
    まあ三金の覇権争いで敵を追い落とすネタ「あいつは親日だー!」って ネガティブキャンペーンをやってましたね
    やり過ぎて収拾が着かなくなったのが、今の90年代以降の流れなのかもしれませんな~

    中国の天安門事件と韓国の経済危機等で、政権に向けられる反意を故意に日本に向けさせるというガス抜き政策をしていた事が問題なのであって、それすら知らない日本人がいる事が一番の問題ですね

  4. 見る限り、韓国社会が真っ二つに割れているようには見えない
    韓国社会はバラバラに見えて、蛇腹のように繋がっている

  5. 関係ないかもしれませんが、日本がWTOに韓国を提訴しましたね。
    造船会社への公的支援めぐり、だそうです。

    朝鮮半島出身労働者の裁判結果は日本の逆鱗に触れてしまったようですね。

    こうなると日本は怖いですよ。徹底的にやりますよ日本は、日本人は!

  6.  近頃ふと思うのですが、韓国人とは、
    その時に自分が気分がよくなれる「嘘」を、ただ言っている」だけ、
    のような気がしています。
     「嘘」なので、もちろん実現はしませんが、
    その時には、都合よく忘れて、
    また別の「嘘」を言って気分をよくする。
    即ち 現実逃避をしているだけではないでしょうか。

  7. 民主主義において、現政権が生まれる遠因は必ず前政権にあります。

    私はトランプ政権を生んだのはオバマ政権だと思います。
    特に第二期の選挙で勝つために、オバマ政権が不法移民やその家族へばら撒いた甘言が、教会を中心とした白人社会の我慢の限界を超えたのだと思います。
    さらに言えば、ブッシュ政権後の米国の混乱期に、とりあえずは現状を落ち着かせるためのヒラリーではなく、夢見がちなオバマを選んだことが、トランプ政権誕生の遠因になっていると思います。

    日本では民主党政権の惨状が盤石な安倍政権樹立へとつながりました。

    韓国では、狂気といえる前政権批判の繰り返しが、民主主義という枠組み超えた政権樹立を可能にしていると思います。次の大統領ははたして「公正な」選挙で選ばれるのでしょうか?

    1. さっきも書いたんですけど、「前政権悪口選手権大会」の優勝者が大統領になるだけだと思います。

    2. 民主主義(システムとしての民主制)において、あまり意識されませんが重要なことがあります。
      選挙で負けて権力を失った前政権に対して失政の罪を問わない、元権力者の生命や財産を保証する、というものです。
      (汚職などの犯罪の場合は罪に問いますが、それですら手心を加えます。)

      これが無いと権力者は保身のために権力の独占(終身独裁や一族や一党による権力の独占)を図るしかありません。独占に失敗した場合は報復の連鎖になります。

      民主制は、選挙で権力者を選びます。票というただの数のみが基準です。だから罪を問わずにすみます。
      共産主義などの「正しい」者を選ぶシステムだとそうはいきません。失政は「正しくない」ことの証明になり「俺が正しい」と騙した罪を問われます。だから、そういうシステムの権力者は言論を弾圧して「正しくない」という口を封じ独裁者となってゆくのです。

      韓国人は「正しい」者を大統領に選ぼうとします。だから「正しくない」とされたクネは罪に問われました。
      韓国の「民主主義」を割とよく説明できていると思うのですがどうでしょう。

      1. よく説明できてはいないね。
        王政であろうが、幕府であろうが、前の権力者を吊す政権は必ず自らも吊るされるのですよ。

        だからそれは民主主義の説明でない。

        1. 批判が的外れ。

          「韓国の民主主義」の説明でしょ。
          韓国人が民主主義と自称しているものは、前政権を罪人と扱うことが前提だから民主主義の原則を満たしていないという話。

      2. 選挙で徳治主義の君主を選ぼうとしている、とも言えるでしょうか。それでいて悪口大会の優勝者を選んでるようにしか見えませんけれどね。「正解」や「勝ち馬」に乗るのと同様に「正しい」を選びたいんでしょうね。

        徳を備えた大統領を選べないのは韓国に天命がないからだとか言ったら煽りになるのかな。

    3. 韓国の掲示板で
      「パククネは無実だ!万が一、罪があるとしたらブン政権を作ったこと。」
      と書かれていて、なるほどなーっとw(クネを引きずり降ろしたのもブン政権を作ったのも韓国国民ですけどね)

      大統領選にパン君が出馬してたら、どーなったでしょうかね。
      メディアのパン君叩きが無かったら、ひょっとしたら、今頃は大統領だったかも
      少なくとも、今の保守系野党の体たらくは無かったでしょうね。

      ま、後の祭りですな。
      あの時は、自分も国連を有名無実化させたパン君の無能ぶりじゃ政治家は無理だと言ってましたけどねw。

      1. パン君がUN事務総長になった時から思っていますが、パン君は北が崩壊してしまった時に一時的に国連統治領にする時の神輿です。
        権威主義者の朝鮮人を統治し(本音ではどもかく表向きは即時統一を唱える)韓国人を納得させるためには元UN事務総長の肩書きは大きく、日米中露が担げる人物は他にはいません。

        国連統治が上手く行けば、統一朝鮮の初代大統領(事実上連邦制になるしかないので名誉職)にもなれるでしょう。
        本人もそのつもりで韓国最後の大統領なんかになるつもりは最初から無かったので無責任な引き方をしたと見ているのですがどうでしょうか。

        1. 面白い視点ですね。
          なんで韓国なんぞの人間を国連事務総長にしたんだと思いましたが、
          (国連事務総長は発展途上国出身者のポスト)
          そういう思惑があったとすれば納得がいきます。

  8. 誰かへの嫌悪で団結している……でもそれで本当に団結できるものでしょうか?
    「アイツが嫌い」「俺も」「私も」でまとまっているように見えても、一皮剥けばバラバラなんてことは、別に韓国に限ったことじゃないですよね。

    「アベ政治を許さない」のプラカードを持っている人も、じゃあなんだったら許せるのかを聞けば、千差万別でしょうね。あ、「アベじゃない政治」と異口同音で答える可能性もあるかw

    1. >>「アベじゃない政治」と異口同音で答える可能性もあるかw

      面白い。でも結局行動はバラバラなんでしょうね。
      身に危険が及ぶような非常事態に人々が右往左往してパニックに陥ってる時、その行動はバラバラなのに意外に考えてることは同じだったりするそうです。
      「ここ以外の場所に逃げなきゃ!」

    2. 「アベ政治を許さない」を訳すと、「安倍はうまく政治をしていることが許せない」だと思います (笑)
      安倍さんは左派陣営が主張しそうな政策もうまく取り入れて政権運営をしていて、左派が自分たちの独自政策を主張できない状況が続いています
      それを誤魔化すために国会ではスキャンダル追及するばかりだったり、「アベ政治を許さない」と言って全否定するしか手がなくなっているんです

      1. だって、自民党の政治方針って中道左派なんですよ。
        左派が主張する政策を中道左派が実行できないわけがありません。
        色眼鏡抜きで中道左派と極左が勝負したら、
        国の経済が末期状況でないかぎり必ず中道左派が勝ちます。

  9. 大統領が「半万年の歴史の国」
    日帝36年(普通の人は35年足らずでも36年でも些細なことですが)
    「海苔巻き」を「キムパブ」(これくらいなら)
    「朝鮮半島」を「韓半島」、「朝鮮人」を「韓民族」、「日本海」を「東海」
    日韓併合を否定して、1919年建国

    一つ一つなら子供じみた主張であって、仲間内で言い合ってる間はどーでもよかったんだとも思います。
    それが国家レベルで70年にも渡ってやり続けると、そりゃ「葛藤」は大きくなるんじゃないでしょうか?
    ボタンの掛け違い程度ではなく、最初から下着が裏側なんです。
    真っ裸になるしか、普通の国にはならないんじゃないでしょうかね。

    1. そういうの、何百年も前からやっています。
      「小中華思想」に比べれば可愛いもの。

  10. 保守紙大手のレベルの低さが韓国を歪めていたことも反省すべき。
    感情論より正論を大事にしてれば味方だってもっと多かったはず。
    右派の中身が空っぽであった責任も含めて今の韓国があります。

    愛国者より民族主義者を選んだのは韓国の総意であり、
    南北統一の大義の前では愛国など積弊の悪に過ぎません。

    1. 韓国の支配層、政治家、マスコミ、学者、財界人。これらはほぼ旧両班の血を受け継いでいる。当然日韓併合で奪われた特権への執着と怨念はすさまじい。農奴解放、裁判権の喪失、文字の独占権の喪失はその一例。この怨念が解放後も生き続けている。
      他方、併合で恩恵を受けた勢力は、社会的勢力になるには、日本の統治機関が短すぎた。二世代くらいでは難しい。
      結局韓国人は与えられた条件の下で、生きていくしかないだろう。
      日本としては最小限のかかわりで済ますことがベスト。

コメントは受け付けていません。